訃報の挨拶はどうする?出す時・受けた時の3ケースを文例で徹底解説

不幸は突然に訪れます。

それを伝えるのが訃報なのですが、実際にどう伝えたらよいのかは悩んでしまいます。

 

一方で訃報を受けた側は遺族に「お悔み」の挨拶をします。

この挨拶もとっさにはなかなかうまく言えないものです。

 

また、お悔やみの挨拶を受けた遺族は、どのような返事をすれば良いのか意外に言葉に窮してしまうものです。

そこで、訃報に関する挨拶として以下の3つのケースに分けて文例を交えて詳しく説明します。

 

訃報の伝え方

訃報を受けての挨拶(お悔みの挨拶)

お悔やみを受けた場合の返礼の挨拶

 

訃報にまつわる挨拶には気を付けるべきマナーもあります。

一緒に説明しますので是非参考にしていただければと思います。

 

— この記事の目次 —

1. 最初に訃報についておさらいしましょう

2. 訃報の具体的な内容はこうなっています

3. 訃報を受けたらどんな挨拶をするべきか

4. お悔やみの具体的な文例を紹介

5. お悔やみを受けたら遺族はどう挨拶したら良いの?

6. 弔問での挨拶を具体的な文例で説明

7. お通夜、葬儀・告別式での挨拶を紹介

8. まとめ

続きを読む

お悔やみ・お香典はこれを読めば大丈夫!相場や書き方、渡し方は?

訃報の知らせを受けたときに、考えなければならないことの一つとしてお悔やみ、つまりお香典をどうするのかといったことがあります。

お香典について迷いやすいポイントは、金額をいくらにするか・お香典袋のマナー・渡し方やそのときのお悔やみの言葉などです。

また、葬儀後に訃報を聞いたときは、お香典の送り方や、送る場合に気をつけなければならないことを知っておく必要があるでしょう。

他にも、お香典を辞退していたときどうするかなどは、家族葬が多くなってきた昨今では持っておきたい知識です。

 

この記事は、こうしたお香典(お悔やみ)についての知識をまとめてあり、これ一つですべて分かるようになっています。

お香典に関する疑問を解消するのに、お役立ていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.お悔やみ・お香典の意味や由来は?

2.お香典の相場はいくら?

3.香典袋はどんな風に使い分ける?

4.お香典の書き方やお札の入れ方などのマナーは?

5.お香典の渡し方や渡すタイミングは?

6.どうしても参列できない!お香典を送るには?

7.お香典を辞退していたらどうすればよい?

8.まとめ

続きを読む

お通夜の受付に関するマナーは意外に多い!3つの立場から総まとめ

人が亡くなるとお葬式をするのですが、最初の儀式は「お通夜」になります。

そして参列者が最初に行くところが受付となります。

その受付では、具体的に何をどうしたらマナーに適った立ち居振る舞いになるのでしょうか?

受付を頼む人も頼まれる人も、あるいは受付をする参列者も、マナーについてはあまり自信がないものです。

 

そこで、お通夜の受付について、以下の3つの立場から受付にまつわるマナーについて詳しく説明します。

受付を頼む喪主や遺族側の立場

受付を頼まれた人の立場

参列して受付をする人の立場

 

近年、お通夜の内容も時代と共に変化しています。

お通夜における受付でのマナーについて是非参考にして下さい。

 

— この記事の目次 —

1. そもそもお通夜の受付とは?

2. お通夜の受付を頼む喪主や遺族側の立場のマナーとは

3.  お通夜の受付を頼む場合の悩み事はこうしましょう

4. お通夜の受付を頼まれた人が知っておくべきマナーとは

5. お通夜の受付を頼まれた人が心配になることは

6. お通夜に参列して受付をする人の守るべきマナーとは

7. お通夜の受付で香典をわたす時のマナーはこれ

8. まとめ

続きを読む

喪服の3大疑問を解決|喪服とは?自分が着るべき喪服は?買う借りる

急な不幸があると喪服に頭を悩ませることになります。

不幸と言っても身内の不幸の時もあれば、友人の不幸であったり、ご近所の方が亡くなられた場合もあります。

様々なケースで一体どんな喪服を着たらよいのでしょうか?

 

ここでは喪服について以下の3つの疑問についてについて詳しく説明します。

そもそも喪服とは何か、どんな種類があるのか

様々なケースで選ぶべき喪服とは

喪服とは買っておくべきなのか、レンタルした方が良いのか

特に喪服の購入vsレンタルについての費用対効果分析は必見です!

 

— この記事の目次 —

1. そもそも喪服とは何?

2. 喪服には3つの種類があるのはご存知?

3. お通夜で着るべき喪服とは

4. 葬儀・告別式で着るべき喪服とは?

5. 喪服のマナーって何?

6. 喪服を買う場合はいくらかかるかわかりますか?

7. 喪服をレンタルするといくらかかる?

8. 喪服は買うべきか借りるべきか、それが問題

9.まとめ

続きを読む

花環は弔事と慶事どちらでも贈られる!基礎知識とマナーを徹底解明!

街を歩いていると、お店の開店祝いや、リニューアルオープンなどお祝い事の花環を見かけることがありますが、葬儀場などの前を通った時に、お祝い事とは色合いの異なる花環を見かけませんか?

 

花環は、弔事と慶事、どちらでも贈られるものです。

ここでは、どういう時に花環を贈るのか、花環の相場や設置方法、花環を贈る時にはどうしたらいいのか、花環をいただいたらお礼はどうするのかなど、基本的なマナーをお伝えします。

 

花環を贈りたい!と思えるような機会は滅多にないかもしれませんが、滅多にないからこそ、慌てずスマートに贈れるよう、参考にしていただければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.花環の基本を教えて!

2.弔事の花環ってどういうもの?

3.慶事の花環ってどういうもの?

4.花環を贈りたい!その時気を付ける5つのポイントとは?

5.花環の設置の仕方を教えて!

6.花環をいただいた場合、お礼はどうする?

7.まとめ

続きを読む

葬儀会館ティアの評判は?費用やサービス内容など徹底分析!

葬儀会館ティアは名古屋を本拠とした葬儀社です。

1997年に創業してから10年目には年間4,000件の葬儀を請け負い、20年ほど経ったいまでは年間13,000件に達しています。

名古屋を中心に関東・関西に進出しており、会館数はフランチャイズも含め約100店にもなります(2018年8月現在)。

 

ティアはなぜ短期間にこんなに成長していったのでしょうか。

この記事では、葬儀会館ティアの評判や、ティアがどういった企業なのか、その理念や費用・サービス内容を分析し、解説いたします。

こちらの記事を、葬儀会館を選ぶときの参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀の常識を覆した「葬儀会館ティア」とは?

2.特典満載なティアの会って?

3.ティアの葬儀費用はどう見ればよいの?

4.中部エリアの葬儀費用は?

5.関西エリアの葬儀費用は?

6.関東エリアの葬儀費用は?

7.東京エリア・社葬・大型葬のプランは?

8.ティアの口コミ・評判や全体的な評価は?

9.まとめ

続きを読む

通夜・葬式の順番は?日程やタイムスケジュールなど詳しく解説します

お葬式に参列するというのは、ほとんどの方が生きているうちに、何度か経験することですね。

しかしそうしょっちゅうではありませんので、順番やマナーなどが分からない方は多いのではないでしょうか。

 

この記事ではそんな方のために、お葬式での日程やタイムスケジュール、通夜・葬儀・告別式・火葬の順番などについてまとめてみました。

また、供花の並べ方や席順、お焼香順、お骨上げの順番についても解説しています。

お葬式の順番の基本について、この記事をご活用いただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.通夜や告別式ってなに?

2.臨終後の流れを見てみよう

3.お葬式の日程・タイムスケジュールはこうなっている

4.お葬式の儀式の順番は、いろいろあるって本当?

5.お葬式後にやるべきことの順番は?

6.お葬式の参列の流れは?

7.お葬式での供花・席・焼香の順番は?

8.まとめ

続きを読む

喪服のマナー最新保存版!葬儀の服装や身だしなみはこれで完璧!

冠婚葬祭のマナーにはさまざまな要素があり、迷うことが多いですよね。

中でも喪服のマナーは、悲しんでいる遺族に失礼にならないことや、親戚の目などに気を使うものです。

 

この記事では、そんな喪服のマナーについて詳しくお伝えしていきます。

遺族や親族・一般参列者での違いや、通夜・葬儀・法事での喪服の選び方、小物類や身だしなみ、着物やレンタルの喪服など細部にわたって解説して参ります。

喪服のマナーに迷った際に、この記事をご活用いただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.礼服・ブラックフォーマル・喪服とは?

2.男性の喪服のマナーは?

3.女性の喪服のマナーは?

4.妊娠・授乳中・子供の喪服って?

5.夏・冬の葬儀の服装は?

6.その他の小物のマナーは?

7.喪服のレンタルの仕方は?

8.まとめ

続きを読む

お通夜の服装のマナー|喪主・遺族・参列者の3つの立場で総チェック

お通夜では『故人への哀悼の意』を表すことが何より大事です。

そうした観点から、亡くなってすぐにおこなわれるお通夜では地味な平服で良いという話もありました。

 

しかし時代とともにお通夜の形態も変化しています。

それにともなって、お通夜の服装に対する考え方やマナーも変わってきています。

取り急ぎお通夜に平服で駆け付けたら、他の人は全て喪服で気まずい思いをしてしまうことにもなりかねません。

 

お通夜での服装はどうあるべきなのでしょうか?

ここでは喪主、遺族、参列者別に3つの立場から、現在に通じるマナーにかなったお通夜の服装について説明します。

 

— この記事の目次 —

1. 最初にお通夜についておさらいしましょう!

2. 喪服についても再確認しておきましょう

3. お通夜で気を付けたい喪主の服装のマナー

4. お通夜で遺族の服装のマナーをチェック

5. お通夜の参列者の服装はどうしたらいい?

6. お通夜の服装で気になる疑問はこうすれば良い

7. お通夜に参列する際に気を付けるべきマナーとは

8. まとめ

続きを読む

供花をいただいたらお返しはどうする?誰もが悩む6大疑問に答える

供花とはお葬式で故人の供養のために飾る花です。

供花は葬儀に参列しない人からも、参列する人からもおくられる可能性があります。

そこで気になるのは、お返しをどうしたらよいかです。

 

故人の供養のためとはいえ、供花をいただいたら、遺族としては何らかのお礼をしないと失礼なような気がします。

一方で、供花だけいただいた場合はお礼状をおくればそれで良いという話も耳にします。

 

そこでお葬式に供花をいただいた場合のお返しについて、お礼状やお返しの品物の相場やおくる時期など6つの項目で詳しく説明します。

 

— この記事の目次 —

1. そもそも供花とは?

2. お葬式に参列せずに供花だけを送られた場合はどうしたらいい?

3. 香典と供花をいただいた場合のお返しはどうする?

4. 供花のお礼状を出す方法は?

5. 供花のお返しには何を選べば良い?

6. 供花のお返しにのしを付ける?付けない?

7. 職場から供花をもらったらどうする?

8. まとめ

続きを読む