通夜に参列した際の記帳マナーとは?書き方や代理参列の場合も解説!

通夜に参列すると、受付では必ず記帳します。

しかし、通夜や葬儀に参列する機会はそれほど多くありません。

 

夫婦や会社の一員として参列したときの、正しい記帳の仕方はご存知でしょうか。

また、上司や夫、友人などの代理で参列したときにどう記帳すればいいのか、戸惑うことも多いのではないでしょうか。

 

この記事では、通夜における記帳の仕方やマナーについてご説明します。

多くの人が迷う受付での香典の渡し方やお悔やみの言葉のかけ方など、受付の基本についても一緒にご紹介します。

 

これを読めば、記帳の基本的な方法から、代理参列の際の書き方についてもわかるようになります。

記帳のマナーについて、いざ参列する際に慌てないためにも、日頃から正しい知識を身に付けておきましょう。

参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.通夜における記帳の意味とは

2.受付・記帳の流れを知っておこう

3.記帳の仕方の基本を知っておこう!

4.代理で通夜に参列した場合の記帳マナーとは

5.受付で気をつけること3つ

6.香典の渡し方のポイント

7.通夜での気になる疑問点を解説!

8.まとめ

続きを読む

斎場・葬儀場・火葬場の違いと利用法を分かりやすく解説いたします!

急にお葬式を営まなければならなくなったとき、あるいは生前にお葬式の準備をするときに、まずネットで調べてみる方は多いのではないでしょうか。

そのときに、見慣れない言葉が並んでいて戸惑われる場合があると思います。

特に、葬儀や火葬を行う施設には斎場、葬儀式場、式場、葬儀場、葬祭場、火葬場、聖苑、セレモニーホールなどさまざまな名称があります。

 

これらにはどのような違いがあるのでしょうか?

この記事では、これらの違いを分かりやすくお伝えいたします。

また、この中の特に「斎場」について、施設や利用法、メリット・デメリットなどを詳しく解説していきます!

 

— この記事の目次 —

1.斎場とは一体どういうもの?

2.斎場の施設内容と特徴を見てみましょう

3.メリットの大きい公営斎場とは?

4.民営斎場とはどんなもの?

5.斎場はどうやって選ぶ?

6.斎場についてのその他の疑問にお答え!

7.海外の斎場にはどんなものがあるの?

8.まとめ

続きを読む

葬儀の花輪の手配や値段とマナー、3大疑問、代替手段を総まとめ

訃報を受けた際に、花輪をおくろうと思うと様々な疑問がたくさん浮かんできます。

葬儀に花輪をおくるにはどうすれば良いか

葬儀の花輪はいくらかかるのか

花輪は供花とは違うのか

花輪をおくれば香典に包む金額は少なくても良いか

などなどです。

 

ここでは葬儀の花輪について徹底的に説明します。

葬儀に花輪をおくる際に知っておくべきマナーについても説明します。

 

しかし、最近の葬儀では以前のような花輪は減ってきています。

そこで花輪にかわるものにはどんなものがあるかについても紹介します。

 

— この記事の目次 —

1. 葬儀の花輪についておさらい

2. 現在の葬儀の花輪の種類をチェック

3. 葬儀に花輪をおくるにはどうする?

4. 花輪と供花は同じか違うのか?

5. 最近の葬儀で花輪を見かけない理由とは

6. 葬儀の花輪は今後どうなる?

7. 葬儀の花輪について誰もが気になる疑問ビッグ3

8. まとめ

続きを読む

お葬式の時間はどのくらいかかる?気になる疑問と6つのマナーを紹介

一口にお葬式と言っても、お通夜であったり、葬儀・告別式、火葬や繰り上げ初七日法要であったりも含まれます。

一般にはこれらにかかる時間は個々のお葬式で違い、なかなか読み難いものです。

 

しかし参列者にとっては、行き帰りの時間や他の都合もありますので、おおよその時間は事前にイメージしておきたいと思います。

 

そこで一般的な仏式のお葬式の場合を例にして、所要時間と流れをタイムスケジュールにしてご紹介していきます。

また、遅刻したらどうすべきかや、途中退席できるかなどのお葬式の時間に関する必須のマナーも説明します。

 

— この記事の目次 —

1. お葬式の流れについておさらいしましょう

2. お葬式のお通夜にかかる時間をみてみましょう

3. お葬式の葬儀にかかる時間は意外にも短い?

4. お葬式の告別式にはどのくらい時間がかかる?

5. お葬式の火葬には決まった時間がかかります

6. お葬式の繰り上げ初七日法要にかかる時間が重要な理由とは?

7. 忘れてならないお葬式の精進落としにかかる時間とは

8. まとめ

続きを読む

四七日(よなのか・ししちにち)とは?知っておきたい法要の基礎知識

四七日法要をご存知でしょうか。臨終から四十九日の忌明け法要まで、仏式では7日ごとに法要を行います。

現在では遺族・親族のみなど、小規模で行われることが多くなりましたが、具体的に何を準備すればいいのか知っている人はあまり多くないのかもしれません。

招かれた場合にも、どんな服装で行けばよいのか、香典やお供え物はどうしたらいいのか、迷うことが多いのではないでしょうか。

 

この記事では、四七日法要を中心にして、臨終から忌明けまでの各種法要の基礎知識についてご説明します。

これを読めば、四七日法要に準備することや、香典やお供え物のマナーがわかり、故人をきちんと供養することができるようになります。

 

忌明けまでの大切な時期ですので、必要な知識を身に付けて故人をしっかりと供養しましょう。

参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.臨終から忌明けまでの法要についての基礎知識①

2.臨終から忌明けまでの法要についての基礎知識②

3.四七日法要では何をしたらいい?

4.四七日法要に招かれたときに気をつけること3つ

5.四七日法要に持参するお供え物を選ぶときのポイント3つ

6.四七日法要に贈りたいお供え花のマナー

7.四十九日法要に向けて、準備しておくといいこと3つ

8.まとめ

続きを読む

お葬式の費用はいくらかかる?内訳や安くする方法をご紹介!

お葬式の手配をすることは、人生の中でそれほど多く経験することはないでしょう。

お葬式の費用はわかりにくい上に、知識が不足しているために、トラブルになるケースも多いのが現実です。

 

大切な故人を見送るために後悔のないお葬式にしたいと考えている人は多いでしょう。

しかしお葬式にかかる金額は決して安いとはいえないものです。

いざ手配することになったときに、最も気になるのは、「費用が一体いくらかかるのか」ではないでしょうか。

 

この記事では、お葬式の費用に関する相場や内訳、安くするための方法などをご紹介します。

これを読めば、お葬式の費用一式について詳細の知識が身に付き、自分らしいプランを考えるための参考になると思います。

万が一に備えて事前に情報を集めてしっかり準備しておきましょう。

 

— この記事の目次 —

1.お葬式の費用の相場はいくら?

2.お葬式の費用は誰が支払うの?

3.お葬式費用についてのよくあるトラブルに巻き込まれないように注意!

4.お葬式費用の内訳3つを理解しておこう

5.葬儀費用の差は、ここで生まれる!

6.お葬式費用を安くする方法をご紹介!①

7.お葬式費用を安くする方法をご紹介!②

8.まとめ

続きを読む

葬儀の服装(女性編)/コートやブーツはOK?その他マナーもご紹介

お祝い事と違い、葬儀などの不祝儀は急に訪れるものです。

また、冠婚葬祭等のフォーマルな場はそうしょっちゅうあるものではなく、マナーなど分からないことも多いですね。

 

この記事では、急な弔事にも安心して対応・準備できるよう、通夜・葬儀の女性の服装について余すところなくお伝えします。

女性ならではの困りごとへの対処法も詳しく解説いたします!

葬儀の際の服装選びや、身だしなみチェックにお役立ていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀の服装の基本のキ!喪服ってどういうもの?

2.夏や冬の葬儀での女性の服装は?

3.葬儀の女性の服装、小物はどうする?

4.葬儀での身だしなみの正解はコレ!

5.妊娠中や子育て中の葬儀での服装は?

6.着物の喪服のマナーって?

7.喪服の選び方のポイントは?

8.まとめ

続きを読む

キリスト教の法事とは?流れと服装・香典など5項目を詳しく解説!

キリスト教の法事の招待状をいただいたことはありますか?

初めて招待状を受けたとしたら、キリスト教の法事に馴染みが無いのでビックリしてしまうとともに何をどう準備したらよいか戸惑ってしまいます。

香典は必要なのか、服装はどうしたら良いのか、など色々なことが気になります。

 

そもそもキリスト教の法事とは、一体どんなことをするのでしょうか?

キリスト教のカトリックとかプロテスタントとか教派で法事の内容も違ってくるのでしょうか?

そこで気になるキリスト教の法事について全容を詳しく解説します。

 

— この記事の目次 —

1. そもそもキリスト教とはどういう宗教なの?

2. キリスト教に法事はある?

3. キリスト教カトリックの法事の流れとは?

4. キリスト教プロテスタントの法事の流れとは?

5. キリスト教の法事で香典はどうしたらいい?

6. キリスト教の法事に行く時はどんな服装?

7. キリスト教の法事では謝礼はどうしたらいい?

8. まとめ

続きを読む

会社を身内のお葬式で休むときのマナー/忌引き休暇・連絡の仕方など

身近な親族や家族が亡くなったら、会社をお葬式に参列するために休むのが一般的です。

忌引き休暇の制度がある会社が多いですが、自分の会社にそういった制度があるかどうかはご存知でしょうか。

 

いざ休みを取らなければならない状況になったときに、何日休めるのか、またどうやって会社に報告して、どんな手続きを踏めばいいのかなど、わからないことが多いのではないでしょうか。

この記事では、忌引き休暇について詳細をご説明します。

また、会社への報告の仕方や、お休み明けに出社したときに気をつけるべきマナーなどについて解説します。

 

これを読めば、会社をお葬式で休む際に気をつけるべきことがわかり、会社の人にも配慮のある対応ができるようになります。

忌引き休暇を取るためには、会社の制度をしっかりと理解することが大切です。

上司や同僚など関係者の人たちに迷惑がかからないように、思いやりをもって行動したいものです。参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.会社をお葬式で休まなければならないとき、休みはとれるの?

2.忌引き休暇について知っておきたいポイント①

3.忌引き休暇について知っておきたいポイント②

4.会社を身内のお葬式で休むときに注意したいこと3つ

5.会社への正しい報告の仕方とは?

6.会社をお葬式でお休みしている間に気をつけること3つ

7.休み明けに出社したときのマナーとは

8.まとめ

続きを読む

葬式のマナー|服装・香典など恥をかかないための6大マナーを大公開

とても大切な儀式である「葬式」。

喪主や遺族として葬式を行う側になることも、参列者として伺う側になることもあります。

しかしいくら人生は長いとはいえ、葬式に関わることはそう何回もあるものではありません。

葬式では失礼になることのないように、あるいは恥をかくことのない様にしたいものです。

 

そのために必要なのが葬式についてのマナーです。

特に注意しておさえておくべき葬式のマナーには、以下の6点があります。

服装、香典、受付、挨拶、焼香、告別式についてのものです。

 

ここではその6点について、喪主や親族の立場と参列者の立場に分けて詳しく説明します。

これで葬式のマナーで失敗することはありませんので安心できます。

 

— この記事の目次 —

1. 知っているようで知らない「葬式」をおさらい

2. 葬式の服装のマナーを確認しましょう

3. 誰もが気になる葬式の香典のマナー

4. 葬式の受付で気を付けるべきマナーとは

5. 葬式で失敗しない挨拶のマナー

6. 実はいろいろある?葬式の焼香のマナー

7. 葬式の告別式で守るべきマナー

8. まとめ

続きを読む