香典袋の書き方がわからない?基本的なマナーをお教えします!

訃報を受けたら、まず何をしますか?

日程の調整?喪服の準備?遠方だったら交通手段の確保?

 

悲しみの中、いろいろすることがありますが、ご葬儀に参列するときに忘れてはいけないもののひとつが香典です。

ご葬儀の宗教や宗派によって香典袋や表書きが異なったり、金額は独特の書き方があったり、薄墨で書いたり・・・。

 

ここでは、香典袋の書き方の基本をまとめてみました。

香典袋の書き方が正しければ、ご遺族への負担が減ることにも繋がりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.香典の基本が知りたい!

2.香典袋の選び方に決まりはあるの?

3.香典袋の上包み(上袋)の表書き、宗教ごとに違うから気を付けて!

4.香典袋の上包み(上袋)の表、名前の書き方

5.香典袋の中包み(中袋)の書き方

6.香典袋の中包み(中袋)が無い!?

7.まとめ

続きを読む

斎場と葬儀場はどう違うの?現代の斎場がすべてわかる6項目!

斎場って言葉を聞いたり見たりすることがありますが、火葬場や葬儀場と何がどう違うのでしょうか?

斎場を選んだ方が良かったり、悪かったりするものなのでしょうか?

そこで、斎場と火葬場や葬儀場との違いをハッキリさせて、メリットとデメリットを説明します。

 

また家族同様に大切にしてきたペットの斎場についても説明します。

お葬式は、時代により様々に変化しつつあります。

その変化の中心にある斎場を6項目の観点で総点検します。

これで斎場の今がわかります!

 

— この記事の目次 —

1. そもそも斎場ってどういう施設のこと?

2. 現在の斎場の施設はこうなっている!

3. 斎場で葬儀を行うとメリットがたくさん!

4. 斎場で葬儀を行うとどんなデメリットがあるの?

5. 斎場で葬儀をするとかかる費用の相場はどのくらい?

6. 斎場を選ぶ方法とチェックポイント3点

7. ペットにも斎場があるって本当?

8. まとめ

続きを読む

危篤とは?危篤時の対応と連絡方法・お見舞いマナー完全マニュアル

身近な人の危篤の知らせは突然やってきます。

しかし、家族が危篤になったとき、事前の知識がなければ、気が動転してしまって、何をすればいいのかわからず慌ててしまうのではないでしょうか。

 

家族が危篤になったときに、まずやらなければならないことは何か?

また、親しい人の危篤の知らせを受けたときに、どう行動し、どのようなお見舞いの言葉をかけるのが適切か?

急な出来事だと困ってしまうものです。

 

この記事では、そもそも危篤とはどんな状態かを確認した上で、家族が危篤になった場合にするべきことや、危篤の知らせを受けたときのお見舞いマナーについても詳しくご説明します。

マナーを守ってやるべきことをきちんと把握しておけば、いざというときにも落ち着いて対応することができるようになります。

 

危篤の知らせは悲しいことですが、危篤状態にある人にとっても家族にとっても、大切な最期の時間になります。

最期のときを心を込めて見守ることができるよう、しっかりと知識を身に付けていただきたいと思います。

 

— この記事の目次 —

1.そもそも危篤とはどんな状態か?

2.家族が危篤になった場合に最初にするべきこと

3.家族が危篤になったときの連絡範囲と手段

4.注意すべき危篤の知らせ方3つのポイント

5.危篤の連絡を受けたときのお見舞いマナー4つ

6.これだけは気をつけよう!危篤の知らせを受けたときにかける言葉

7.危篤から臨終その後の流れ

8.まとめ

 

続きを読む

訃報メールの文例を6種!マナー違反にならないためのポイントとは?

人が亡くなり、訃報を出さねばならない時は突然来てしまいます。

電話にしろ電報や手紙にしろ、手間と時間がかかります。

メールでできるものならメール連絡をしたいところです。

 

でも、訃報をメールというのも失礼にあたるのではないでしょうか?

そこで、訃報を送る場合と、訃報を受けた際の返信をする場合に、メールでして良いかどうかとメールならではの注意点について説明します。

 

そして、これなら失礼にあたらないというメールの文例を6種類あげています。

いざという時には、是非この文例を参考にしてみてください。

 

— この記事の目次 —

1. そもそも訃報とは

2. 訃報を送るのにメールでいいの?

3. 訃報を送る際の書き方やマナーをおさえておきましょう

4. 訃報をメールで受けたらどうしますか?

5.訃報を受けた返事をメールでしていいの?

6. 訃報を送るメールの文例

7. 訃報を受けての返事のメールの文例

8. まとめ

続きを読む

供花の手配をする際に知っておくべきマナー・相場・基礎知識

葬儀について知らないことは多いものですが、特に供花について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

必ず用意しなければいけないもの、というわけではありませんが、供花は遠方で葬儀に出席できない場合や、香典が辞退されている葬儀において弔意を表すことのできる方法です。

 

しかし、いざ供花を手配しようとしたときに、その手配方法についてはほどんとわからないことが多いのではないでしょうか。

この記事では、供花の意味と、知っておくべきマナーや相場、手配する際の基礎知識について詳しくご紹介します。

これを読めば、必要な場面でも、どうやって供花を手配すればよいか、ご自身でしっかりと判断できるようになるでしょう。

 

供花とは深いお悔やみの気持ちを表し、故人の祭壇を華やかに彩ることができるものです。

この記事を読んでしっかりとした知識を身に付けていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.供花の意味と種類をご紹介!

2.供花の手配方法➀ 基本はこれ!

3.供花の手配方法➁ 自分でお花を選ぶ場合

4.知っておきたい!供花の相場

5.供花を手配する際のマナー4つ

6.宗教によって異なる供花

7.今さら聞けない!3つの疑問

8.まとめ

続きを読む

訃報を出すには?訃報を受けたら?誰もが悩む6つの疑問の答え

訃報について、実は読み方を知らない人が大勢います。

特に若い人なら目にすることも少ないですし、覚える機会もそうそう無いので無理もありません。

しかしながら訃報は、いつ自分が出す立場になるかもしれません、逆にいつ受けるかもしれません。

 

そうならないことが一番ではありますが、万一の時のために訃報を出す場合と受けた場合に何をどうしたら良いかを6つのポイントで説明します。

そして訃報を出す場合の文例と受けた場合の返事の文例を紹介します。

いざという時には参考にして、失礼の無いように対処しましょう。

 

— この記事の目次 —

1. 訃報とは何か

2. 訃報はいつ、どうやって出したらよいのか?

3. 訃報を出す場合のマナーとは

4. 訃報の文例

5. 訃報を受けた場合のマナー

6. 訃報の返事の文例

7. まだある訃報の数々

8. まとめ

続きを読む

喪主の正しい服装を男女別計8パターンで網羅。これで間に合う!

不幸は突然訪れます。

その際に喪主となったら不安や心配が先に立ち困惑してしまいます。

しかし、故人のためにも喪主として立派に見送ってあげなくてはなりません。

喪主の務めを果たすにあたり、最初に喪主としてふさわしい服装をすることから始めましょう。

 

でも、喪主としての正しい服装とは一体どういうものでしょうか?

和装が良いのでしょうか?それとも洋装で良いのでしょうか?

他にもマナーとか、身に付けるアクセサリーはどうするとか、頭に「はてなマーク」がたくさん浮かんできます。

 

そこで、喪主の正しい服装を男女別、通夜式と葬儀別に計8パターン全てを説明します。

これを参考にしていただければ、十分間に合いますのでご安心ください。

しっかり準備してお葬式に臨むことができるようになります。

 

— この記事の目次 —

1. そもそも喪主とはどういうもの?

2. 男性喪主の通夜までの服装ってどうする?

3. 女性喪主の通夜までの服装ってどうしたらいいの?

4. 男性喪主の通夜・葬儀での服装はこれで決まり!

5. 女性喪主の通夜・葬儀での服装はこれで完璧!

6. 服だけではない!喪主が身に付けるべきものとは?

7. 喪服をレンタルするという手段は良いか悪いか、どっち?

8. まとめ

続きを読む

セレモニーってなに!?大人だったら知って得するマナーとお金のこと

人は生きていく上で何度もセレモニーを経験しますよね。

時には主役になり、時には祝ったり送る側になることもあるでしょう。

 

しかし、そんなセレモニーに関する正しい知識やマナーを教えてくれる場はなかなかありませんし、いざという時に慌ててしまう方が多いのではないでしょうか。

 

「どのような服装で行けばいいの?」「お祝い金はいくら包めばいいの?」「どのような挨拶が適切なの?」「どのようなお作法を覚えなければいけないの?」こんな疑問を持っている方が多いはずです。

慣れない場になんの知識もなく出向くのはとても不安なことですよね。

 

そこで、今回はセレモニーに関する知識やマナーだけでなく、お金のことまで皆が知りたい情報をすべて取りまとめました。

その時が来たら、慶事も弔事もスマートにこなせる大人を目指してみませんか?

 

— この記事の目次 —

1.セレモニーってどんなこと?

2.セレモニーの常識!知っておきたいマナー

3.気になる!!セレモニーに関するお金のこと

4.知らないと恥ずかしいセレモニーに相応しい服装とは?

5.お作法をマスターしてセレモニー上級者になろう!

6.スマートに決めたいセレモニーに関する挨拶例

7.損をしないために知っておきたいセレモニー会場の選び方

まとめ

続きを読む

弔電の文例が知りたい!弔電の基本やマナー・送り方も一挙にご紹介!

訃報の知らせを受けたとき、すぐにでもかけつけたい!葬儀に参列したい!と思っていても、やむを得ない事情で都合がつかないことってありますよね。

お世話になった故人との最後のお別れの場である葬儀に参列できないのは、とても辛いことだと思います。

 

しかし、そういう場合でも、あなたの気持ちを伝える方法があります。

 

弔電は、葬儀に参列したくてもやむを得ない事情で参列できないあなたの気持ちを、故人のご遺族に伝えるものです。

ここでは、弔電とはどういうものなのか、弔電を送る方法、親戚、友人知人、会社関係など、それぞれの文例をご紹介します。

 

— この記事の目次 —

1.弔電の基本的なことを知りたい!

2.弔電を送る方法はなにがあるの?

3.弔電を送る時にやってはいけないこと

4.弔電の文字数ってどれくらいが良い?

5.弔電を送る時に悩むこと!

6.親戚、友人・知人が亡くなったときの文例が知りたい!

7.会社関係の人が亡くなったときの文例が知りたい!

8.まとめ

続きを読む

訃報のお知らせの基本から、ビジネスとプライベートで文例もご紹介!

近しい人が亡くなったとき、そのことを知らせたい人はいますか?

故人の親戚、友人知人はもちろんのこと、会社関係にお知らせをすることもあるでしょう。

 

そんなとき、「訃報のお知らせって、誰がどうすればいいんだろう?」と悩むことがあるかもしれません。

また、訃報のお知らせを受けたときに「返事の仕方がわからない!?」と慌ててしまうかもしれません。

 

ここでは、そもそも「訃報」とはどういうものなのか、誰が誰にするものなのか、知らせを受けたらどうしたらいいのかなど、文例とともにご紹介いたします。

お悔みには使ってはいけない言葉がありますので、今後の参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.そもそも訃報ってなんだろう?

2.訃報のお知らせをするためになにが必要?

3.訃報のお知らせをしたい!親戚・友人・知人など編

4.訃報のお知らせをしたい!会社関係編

5.訃報の文例が知りたい!

6.訃報をもらったらどうしよう?

7.返事の文例が知りたい!

8.まとめ

続きを読む