葬儀の見積もりを取る前に知るべきこと!追加料金不要ってホント?

葬儀の費用に関して、多くの人が不満を感じていると言います。

その不満は、見積もりより高い金額を要求された、事前の説明がなかった、などの理由によることが多いですね。

葬儀の見積もりは複雑に見え、葬儀社によっても形式がバラバラで分かりにくいため、そういったことが起こってしまうのです。

 

しかし葬儀の流れとそこでかかる費用をつかめば、見積もりの比較・検討はそれほど難しいことではありません。

この記事では葬儀の見積もりを正しく見る方法をお伝えいたします。

「追加料金不要」のカラクリや、高いオプションにだまされない知識を身に着けましょう。

 

— この記事の目次 —

1.見積もりを取る前にすること

2.葬儀は現地集合・現地解散のツアー

3.移動にかかる費用はいくら?

4.良い見積書ってどんなもの?

5. 費用を分けて考えよう

6.実際にチェック・比較してみよう

7.10万円の湯灌は必要?不要?

8.まとめ

続きを読む

初七日から四十九日までの遺族の心構え、流れや基本がよくわかる!

近しい人を亡くして、慌ただしい中でお通夜、葬儀・告別式を済ませ、無事に終わったのでほっと一息・・・というわけにもいきません。

葬儀のあとにも、初七日、四十九日などの法要があるのです。

 

これは、故人が極楽浄土へ行けるように、成仏できるようにと願って行うもので、ご遺族は初七日、四十九日法要までに位牌やお仏壇の手配などさまざまな準備を進めなければなりません。

 

宗教や宗派によって多少異なりますが、ここでは仏教を中心に、初七日や四十九日の一般的な流れをご紹介しています。

葬儀が終わって一段落と思っていたら短期間で次の法要が待っていた!どうしたらいいんだろう?と慌てなくてもいいように、参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.初七日、四十九日とはどういうもの?

2.遺族の心得、準備はなにが必要?

3.初七日、四十九日の流れが知りたい!

4.初七日、四十九日の香典はどうしたらいい?

5.お布施について知りたい!

6.初七日、四十九日法要の服装が知りたい!

7.まとめ

続きを読む

告別式に参列する時のマナーは大丈夫?参列する前に確認しよう!

「告別式に参列するときのマナーは完璧よ!」と胸を張って言える人はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

告別式に参列することは頻繁にはありませんので、「自分のマナーは多分大丈夫だ」と思っている人の方が多いのではないでしょうか?

 

ここでは、告別式がどのような流れで進んでいくのか、その中で参列者はどうすればマナー違反をせずに参列できるのかをお伝えします。

多くの人が悩む焼香の仕方や服装のマナーについても書いていますので、告別式に参列する前に改めてマナーを見直したり、参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.告別式に参列するまでの流れとマナーが知りたい!

2.告別式の基本的な流れとマナー~受付から弔辞まで~

3.告別式の基本的な流れとマナー~焼香~

4.告別式の基本的な流れとマナー~閉式から出棺まで~

5.告別式の基本的な流れとマナー~火葬から精進落としまで~

6.告別式に参列できない、してもいいのか悩んだ時は?

7.告別式に参列するときの服装、持ち物は?

8.まとめ

続きを読む

お通夜の食事の不安を解決!マナーやメニュー、挨拶は?参加すべき?

お通夜や葬儀・告別式については、誰もが不安や疑問を感じるものです。

それは主宰する喪家(そうか)側、参列者側のどちらにも言えることですね。

 

お通夜の食事に関して言えば、喪家側では「メニューや相場、頼む量をどうするのか」「参列者全員に呼びかけるのか、呼ぶ人を決める場合はだれを呼ぶのか」「挨拶やお酌はどうするのか」「お通夜の食事自体を用意しないのは失礼なのか」といった疑問・不安があることでしょう。

参列者側では「参加してよいのか」「辞退してよいのか」「退席するタイミングはどうしたらよいのか」といったところが疑問点になるかと思います。

 

この記事では、それらの疑問を一挙に解消していこうと思います。

また、火葬後の食事(精進落とし)についても解説していますので、参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.お通夜の食事ってどんなもの?

2.通夜ぶるまいは行うべき?

3.お通夜の食事のメニューや相場は?

4.お通夜の食事のマナーは?

5.通夜返礼品って何?

6.お通夜の食事には出席する?しない?

7.精進落としとは?

8.まとめ

続きを読む

安城市総合斎苑(愛知県)の地図・アクセス、料金など詳しくご紹介!

愛知県内で葬儀場を探そうとしたとき、公営のものでかつ火葬場併設の葬儀場はそれほど多くないことをご存知でしょうか?

安城市総合斎苑は公営の総合斎場で、少人数の火葬式や家族葬から100名規模の大型葬まで対応できる斎場です。

 

いざ葬儀を行う必要のあるときに、葬儀場についての情報を持っていないと、どうやって探せばいいかわからず途方に暮れてしまいます。

できれば経済的な価格で、通夜から火葬までの一連の葬儀を同じ場所で行うことができるような便利なところがいいと考える人が多いのではないでしょうか。

 

この記事では、愛知県安城市にあります安城市総合斎苑の場所やアクセス方法、料金、利用のメリットなどを詳しくご紹介します。

これを読めば、安城市総合斎苑がどのような葬儀場かご理解いただけるとともに、葬儀場選びの有用な情報になるでしょう。

 

大切な家族が亡くなったときには、限られた時間の中で葬儀場を決めなければなりません。

納得できる葬儀場を選ぶためにも、事前に情報を知っておくことは大変メリットがあります。

今回の記事が、安城市周辺にお住まいの方の、葬儀場選びの選択肢の一つとして活用していただけると思います。

 

— この記事の目次 —

1.安城市総合斎苑の基本情報

2.安城市総合斎苑 利用の3つのメリット

3.安城市総合斎苑の地図、交通アクセス

4.安城市総合斎苑の休苑日・葬儀の流れ

5.設備の利用料金はどのくらいかかる?

6.100名規模の大型葬まで対応!金額目安は?

7.ペットの火葬も受付!

8.まとめ

続きを読む

尾張北部聖苑(愛知県犬山市)の特徴とは?アクセス方法・料金など

葬儀は費用がかかるというイメージはありませんか?

尾張北部聖苑は、愛知県犬山市にある公営斎場です。

公営斎場は、民営の斎場に比べて経済的な価格で利用できるのが特徴です。

 

葬儀を執り行うにあたり、葬儀場選びは重要です。

アクセスがよく、十分な設備のあるところを選びたいけれど、費用がかかってしまうことが気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、尾張北部聖苑の詳細情報、利用のメリット、アクセス方法、利用料金などを詳しくご紹介します。

これを読めば、尾張北部聖苑の特徴をご理解いただけるとともに、葬儀場選びの貴重な情報になるでしょう。

 

葬儀が高額になると躊躇してしまうものです。

清潔感があり設備が整っていながらも、経済的な葬儀が行えるような葬儀場を選びたいものです。

愛知県の犬山市近辺で葬儀場をお探しの場合には、選択肢の一つとして活用していただけると思います。

 

— この記事の目次 —

1.尾張北部聖苑の基本データ

2.尾張北部聖苑 利用のメリット3つ

3.尾張北部聖苑への交通アクセス

4.安心価格!の利用料金

5.尾張北部聖苑であげる葬儀の金額目安は?

6.利用における注意点3つ

7.ペットの火葬にも対応!

8.まとめ

続きを読む

香典の表書き徹底解説!香典袋の選び方から書き方まで5つのポイント

突然の訃報に際して、喪服を出してきたり、数珠を探したり、色々と準備することが出てきますが、中でも香典の用意は色々と注意が必要です。

頻繁にお葬式に行く方は少ないと思いますので、お葬式に参列するたびに、香典の書き方はどうだったかなと迷う方も多いのではないでしょうか。

 

そして、参列するお葬式の宗教によっても香典の表書きの書き方が違ってきたりすることはご存知でしょうか?

今回は香典の表書きについて、香典袋の用意から、各宗教ごとの書き方や連名の場合など、香典について特に香典袋の表書きをメインに5つのポイントに分けて詳しく解説していきます。

 

香典にまつわるルールをしっかりと知ることで、突然のお葬式にも慌てずに参列の用意をして頂ければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.香典とは一体何?

2.もう迷わない!香典袋と筆記具の選び方

3.一番多い仏教の場合の香典の表書き

4.仏教以外の香典の表書き

5.香典の表書きの名前の書き方

6.葬儀後に香典を渡したい場合

7.まとめ

お悔やみ申し上げます」の使い方、返し方は?お悔やみの言葉まとめ

弔事に使われる言葉はちょっと特殊で、使い方が分からない場合がありますが、遺族に失礼があってはいけませんから気を使うものです。

弔問で受付やご遺族に挨拶するとき、弔電を送るとき、お悔やみのメールをいただいた場合などシーンにもよりますし、亡くなられたときの状況でも言葉遣いは変化します。

 

この記事では、お悔やみの言葉の一つである「お悔やみ申し上げます」をはじめとして、「ご愁傷様です」「ご冥福をお祈りします」「哀悼の意を表します」などの意味や正しい使い方、返し方をお伝えします。

また、使ってはいけない言葉についてもまとめてありますので、弔事の際のご参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.「お悔やみ申し上げます」の使い方とは

2.「ご愁傷様です」の使い方とは

3.「ご冥福をお祈りします」の使い方とは

4.使ってはいけない言葉や場面は?

5.亡くなられたシーン別、お悔やみの言葉の使い方は?

6.「お悔やみ申し上げます」をメールやラインで使う場合は?

7.弔電で「お悔やみ申し上げます」を使う場合は?

8.まとめ

続きを読む

葬祭場とは?葬祭場を上手に活用する情報全部お伝えします!

葬祭場とは何でしょうか。

葬祭場は葬儀を行うことを専門とした施設のことです。

葬祭場はいくつかの種類に分けられ、それぞれの特徴からメリット・デメリットがあります。

設備や料金などに違いがあるため、どういった葬儀をしたいかによって適した葬祭場は変わってくるのです。

 

この記事では、葬祭場の情報をまとめ、上手に活用できるようにお伝えしていきます。

納得のいく葬儀のための、葬祭場選びの一助にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.葬祭場とは何でしょう?

2.葬祭場の設備は?

3.公営の葬祭場の特徴は?

4.民営の葬祭場の特徴は?

5.葬祭場以外で葬儀ができる場所は?

6.葬祭場を選ぶときのポイントは?

7.葬祭場は迷惑施設?

8.まとめ

続きを読む

弔問客への対応で遺族側が気を付けるべき13のポイントを大公開!

遺族側としては、弔問に来ていただいた弔問客への対応にはとても神経を使います。

失礼があってはいけませんが、かといって過剰な対応で弔問客に負担を感じさせてもいけません。

 

また、弔問客にどのような挨拶をすればよいのかも気になります。

そこで遺族側として弔問客に対する対応で気を付けること7点とマナー3点、挨拶例をまとめて説明します。

 

あわせて弔問客として伺う際のマナー3点と3つのケースにおける服装についても説明します。

これで弔問客に対応する際も、弔問客として伺う際も安心して対応ができます。

 

— この記事の目次 —

1. そもそも弔問客とはどういう客か?

2. 弔問客への対応で気を付けるべきこと

3. 弔問客への挨拶はどうするか?

4. 弔問客への対応は何が必要か?

5. 弔問客への対応で必要なマナー3点

6. 弔問客として伺う際に気を付けたいマナー3点

7. 弔問客として伺う3つのケースでの服装はどうする?

8. まとめ

続きを読む