安城市総合斎苑(愛知県)の地図・アクセス、料金など詳しくご紹介!

愛知県内で葬儀場を探そうとしたとき、公営のものでかつ火葬場併設の葬儀場はそれほど多くないことをご存知でしょうか?

安城市総合斎苑は公営の総合斎場で、少人数の火葬式や家族葬から100名規模の大型葬まで対応できる斎場です。

 

いざ葬儀を行う必要のあるときに、葬儀場についての情報を持っていないと、どうやって探せばいいかわからず途方に暮れてしまいます。

できれば経済的な価格で、通夜から火葬までの一連の葬儀を同じ場所で行うことができるような便利なところがいいと考える人が多いのではないでしょうか。

 

この記事では、愛知県安城市にあります安城市総合斎苑の場所やアクセス方法、料金、利用のメリットなどを詳しくご紹介します。

これを読めば、安城市総合斎苑がどのような葬儀場かご理解いただけるとともに、葬儀場選びの有用な情報になるでしょう。

 

大切な家族が亡くなったときには、限られた時間の中で葬儀場を決めなければなりません。

納得できる葬儀場を選ぶためにも、事前に情報を知っておくことは大変メリットがあります。

今回の記事が、安城市周辺にお住まいの方の、葬儀場選びの選択肢の一つとして活用していただけると思います。

 

— この記事の目次 —

1.安城市総合斎苑の基本情報

2.安城市総合斎苑 利用の3つのメリット

3.安城市総合斎苑の地図、交通アクセス

4.安城市総合斎苑の休苑日・葬儀の流れ

5.設備の利用料金はどのくらいかかる?

6.100名規模の大型葬まで対応!金額目安は?

7.ペットの火葬も受付!

8.まとめ

続きを読む

尾張北部聖苑(愛知県犬山市)の特徴とは?アクセス方法・料金など

葬儀は費用がかかるというイメージはありませんか?

尾張北部聖苑は、愛知県犬山市にある公営斎場です。

公営斎場は、民営の斎場に比べて経済的な価格で利用できるのが特徴です。

 

葬儀を執り行うにあたり、葬儀場選びは重要です。

アクセスがよく、十分な設備のあるところを選びたいけれど、費用がかかってしまうことが気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、尾張北部聖苑の詳細情報、利用のメリット、アクセス方法、利用料金などを詳しくご紹介します。

これを読めば、尾張北部聖苑の特徴をご理解いただけるとともに、葬儀場選びの貴重な情報になるでしょう。

 

葬儀が高額になると躊躇してしまうものです。

清潔感があり設備が整っていながらも、経済的な葬儀が行えるような葬儀場を選びたいものです。

愛知県の犬山市近辺で葬儀場をお探しの場合には、選択肢の一つとして活用していただけると思います。

 

— この記事の目次 —

1.尾張北部聖苑の基本データ

2.尾張北部聖苑 利用のメリット3つ

3.尾張北部聖苑への交通アクセス

4.安心価格!の利用料金

5.尾張北部聖苑であげる葬儀の金額目安は?

6.利用における注意点3つ

7.ペットの火葬にも対応!

8.まとめ

続きを読む

香典の表書き徹底解説!香典袋の選び方から書き方まで5つのポイント

突然の訃報に際して、喪服を出してきたり、数珠を探したり、色々と準備することが出てきますが、中でも香典の用意は色々と注意が必要です。

頻繁にお葬式に行く方は少ないと思いますので、お葬式に参列するたびに、香典の書き方はどうだったかなと迷う方も多いのではないでしょうか。

 

そして、参列するお葬式の宗教によっても香典の表書きの書き方が違ってきたりすることはご存知でしょうか?

今回は香典の表書きについて、香典袋の用意から、各宗教ごとの書き方や連名の場合など、香典について特に香典袋の表書きをメインに5つのポイントに分けて詳しく解説していきます。

 

香典にまつわるルールをしっかりと知ることで、突然のお葬式にも慌てずに参列の用意をして頂ければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.香典とは一体何?

2.もう迷わない!香典袋と筆記具の選び方

3.一番多い仏教の場合の香典の表書き

4.仏教以外の香典の表書き

5.香典の表書きの名前の書き方

6.葬儀後に香典を渡したい場合

7.まとめ

お悔やみ申し上げます」の使い方、返し方は?お悔やみの言葉まとめ

弔事に使われる言葉はちょっと特殊で、使い方が分からない場合がありますが、遺族に失礼があってはいけませんから気を使うものです。

弔問で受付やご遺族に挨拶するとき、弔電を送るとき、お悔やみのメールをいただいた場合などシーンにもよりますし、亡くなられたときの状況でも言葉遣いは変化します。

 

この記事では、お悔やみの言葉の一つである「お悔やみ申し上げます」をはじめとして、「ご愁傷様です」「ご冥福をお祈りします」「哀悼の意を表します」などの意味や正しい使い方、返し方をお伝えします。

また、使ってはいけない言葉についてもまとめてありますので、弔事の際のご参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.「お悔やみ申し上げます」の使い方とは

2.「ご愁傷様です」の使い方とは

3.「ご冥福をお祈りします」の使い方とは

4.使ってはいけない言葉や場面は?

5.亡くなられたシーン別、お悔やみの言葉の使い方は?

6.「お悔やみ申し上げます」をメールやラインで使う場合は?

7.弔電で「お悔やみ申し上げます」を使う場合は?

8.まとめ

続きを読む

葬祭場とは?葬祭場を上手に活用する情報全部お伝えします!

葬祭場とは何でしょうか。

葬祭場は葬儀を行うことを専門とした施設のことです。

葬祭場はいくつかの種類に分けられ、それぞれの特徴からメリット・デメリットがあります。

設備や料金などに違いがあるため、どういった葬儀をしたいかによって適した葬祭場は変わってくるのです。

 

この記事では、葬祭場の情報をまとめ、上手に活用できるようにお伝えしていきます。

納得のいく葬儀のための、葬祭場選びの一助にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.葬祭場とは何でしょう?

2.葬祭場の設備は?

3.公営の葬祭場の特徴は?

4.民営の葬祭場の特徴は?

5.葬祭場以外で葬儀ができる場所は?

6.葬祭場を選ぶときのポイントは?

7.葬祭場は迷惑施設?

8.まとめ

続きを読む

弔問客への対応で遺族側が気を付けるべき13のポイントを大公開!

遺族側としては、弔問に来ていただいた弔問客への対応にはとても神経を使います。

失礼があってはいけませんが、かといって過剰な対応で弔問客に負担を感じさせてもいけません。

 

また、弔問客にどのような挨拶をすればよいのかも気になります。

そこで遺族側として弔問客に対する対応で気を付けること7点とマナー3点、挨拶例をまとめて説明します。

 

あわせて弔問客として伺う際のマナー3点と3つのケースにおける服装についても説明します。

これで弔問客に対応する際も、弔問客として伺う際も安心して対応ができます。

 

— この記事の目次 —

1. そもそも弔問客とはどういう客か?

2. 弔問客への対応で気を付けるべきこと

3. 弔問客への挨拶はどうするか?

4. 弔問客への対応は何が必要か?

5. 弔問客への対応で必要なマナー3点

6. 弔問客として伺う際に気を付けたいマナー3点

7. 弔問客として伺う3つのケースでの服装はどうする?

8. まとめ

続きを読む

喪主の挨拶でお悩みの方必見!注意点や挨拶例の紹介

大切な家族を失い心身ともに大変な状況であるお葬式ですが、お通夜や告別式など次々と執り行う中で、喪主として挨拶をするという重要な役割がでてきます。

 

タイトなスケジュールの中、挨拶文を考えて人前で話をするのは大変なことですので、喪主としての挨拶のコツを知っておきたいところだと思います。

そして、故人の供養や集まっていただいた参列者のためにも、無難に挨拶を済ませたいとか、出来れば感動的な喪主挨拶をしたいと考えることもあると思います。

 

今回はお葬式における喪主挨拶での注意点や挨拶例について詳しく紹介していきます。

喪主挨拶のコツを知り、喪主としての役割を全うすることで、より良いお葬式となるための知識を深めて頂ければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.喪主の挨拶は何回ある?

2.喪主挨拶での一般的なルール

3.喪主挨拶は何を話したらいい?

4.感動を呼ぶ挨拶の仕方

5.代理挨拶という場合も

6.人前で話すのが苦手ならどうする?

7.まとめ

続きを読む

葬儀の挨拶の不安解消!基本からシーンごとの文例まで一挙ご紹介!

葬儀で挨拶をする場面といえば、どういうものが思い浮かびますか?

 

参列する側であれば、受付や、ご遺族に対しての挨拶。

ご遺族側であれば、喪主の挨拶や弔問客に対する挨拶などがありますね。

 

ここでは、喪主としてどういうタイミングで誰に対して挨拶をするのか、参列者として失礼のない挨拶はどうするのかを説明し、文例もご紹介します。

 

葬儀の最中だけではなく、葬儀後に会社に出勤してどう挨拶をするのかについても触れていますので、参列してくださった方への感謝の気持ちを忘れずに伝えたいですね。

 

故人と最後のお別れをする葬儀で、何も伝えられなかった、気持ちを表すことができなかった・・・と後悔しないよう、参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.喪主の挨拶で気を付けることを知りたい!

2.喪主の挨拶は一度だけじゃない?

3.喪主の挨拶それぞれのポイントと文例

4.立場ごとの文例が知りたい!

5.僧侶への挨拶も必要なの?

6.葬儀に参列したときの挨拶

7.葬儀後、勤務先への挨拶はどうしたらいい?

8.まとめ

続きを読む

香典袋の書き方がわからない?基本的なマナーをお教えします!

訃報を受けたら、まず何をしますか?

日程の調整?喪服の準備?遠方だったら交通手段の確保?

 

悲しみの中、いろいろすることがありますが、ご葬儀に参列するときに忘れてはいけないもののひとつが香典です。

ご葬儀の宗教や宗派によって香典袋や表書きが異なったり、金額は独特の書き方があったり、薄墨で書いたり・・・。

 

ここでは、香典袋の書き方の基本をまとめてみました。

香典袋の書き方が正しければ、ご遺族への負担が減ることにも繋がりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.香典の基本が知りたい!

2.香典袋の選び方に決まりはあるの?

3.香典袋の上包み(上袋)の表書き、宗教ごとに違うから気を付けて!

4.香典袋の上包み(上袋)の表、名前の書き方

5.香典袋の中包み(中袋)の書き方

6.香典袋の中包み(中袋)が無い!?

7.まとめ

続きを読む

斎場と葬儀場はどう違うの?現代の斎場がすべてわかる6項目!

斎場って言葉を聞いたり見たりすることがありますが、火葬場や葬儀場と何がどう違うのでしょうか?

斎場を選んだ方が良かったり、悪かったりするものなのでしょうか?

そこで、斎場と火葬場や葬儀場との違いをハッキリさせて、メリットとデメリットを説明します。

 

また家族同様に大切にしてきたペットの斎場についても説明します。

お葬式は、時代により様々に変化しつつあります。

その変化の中心にある斎場を6項目の観点で総点検します。

これで斎場の今がわかります!

 

— この記事の目次 —

1. そもそも斎場ってどういう施設のこと?

2. 現在の斎場の施設はこうなっている!

3. 斎場で葬儀を行うとメリットがたくさん!

4. 斎場で葬儀を行うとどんなデメリットがあるの?

5. 斎場で葬儀をするとかかる費用の相場はどのくらい?

6. 斎場を選ぶ方法とチェックポイント3点

7. ペットにも斎場があるって本当?

8. まとめ

続きを読む