献花の相場を2つの立場から紹介。マナーについても詳しく解説します

キリスト教の葬儀や著名人のお別れの会などでは、参列者により焼香ではなく献花が行われます。

献花の風景はテレビなどで見かけますが、実際自分がやるとなるとどんな作法が正しいマナーであるのかよくわかりません。

 

そして献花の作法やマナーよりも、さらに気になるのが包むお金です。

献花をおこなう儀式に参列する際に、仏式の葬儀の香典に相当するお金が必要な気がします。

だとすれば、いくら包んでいけばよいのでしょうか?

 

そこで気になる献花の際の費用の相場を以下の2通りで詳しくご紹介します。

献花を用意する側でかかる費用の相場

献花をする場に参列する際に包むお金の相場

あわせて献花の意味や種類、マナーなどについても詳しく説明します。

 

— この記事の目次 —

1. 「献花」についておさらいをしましょう!

2. 献花はいつだれが手配するもの?

3. 献花の相場とは?

4. 意外と知らない献花のやり方とマナーとは

5. お花料の相場とは

6. お花料のマナーについて重要ポイントをまとめます!

7. キリスト教の葬儀以外での献花とは

8. まとめ

続きを読む

葬儀に花を手配する人は必読!4つの花の違いとマナーを総まとめ

葬儀では会場の入り口や会場内に花が飾られています。

また祭壇には親族や親戚一同と書かれた名札のついた花が両側におかれているのが一般的な飾り付けです。

 

こうした葬儀の花は、だれがいつおくるものなのでしょうか?

自分が葬儀に参列する際には、花をおくった方が良いのかどうかも心配になります。

 

葬儀に関係する花は「枕花」、「供花」、「花輪」、「献花」の4つに分類することができます。

これらの花についてしっかり知っておかないと、気が付かないままマナー違反をしてしまうことにもなりかねません。

 

そこで葬儀に手配する4つの花の違いをマナーも加えて詳しく説明します。

この記事を読んでいただければ適切な花の手配ができるようになります。

 

— この記事の目次 —

1. そもそも葬儀に花を手配するのはなぜ?

2. 「枕花」は葬儀の前に手配するもの

3. 葬儀に手配する花の主役が「供花」

4. 葬儀の花で一番目立つのが「花輪」

5. もう一つの葬儀に関係する花は「献花」

6. 葬儀に手配する花の名札のマナーとは

7. 葬儀に手配する花について知っておきたい3つのマナー

8. まとめ

続きを読む

お葬式の受付を頼まれた方必見!役割やマナーを詳細解説いたします

お葬式の受付を初めて頼まれた方は、「受付の仕事がどんなものか具体的に分からない」「服装がマナー違反にならないか心配」「言葉遣いや参列者への対応に自信がない」など、大きな不安を抱えることが多いです。

でも信頼されて任されたのですから、滞りなくこなしたいですよね。

 

この記事では、こうした「分からないからこその不安」を払拭するために、お葬式の流れや、お葬式で使われる言葉の意味、受付の仕事内容や服装・対応・言葉遣いのマナーなどについて、詳しく、丁寧に解説していきたいと思います。

また受付は誰がやるのか、お礼はどうするのかといった点についてもお伝えいたします。

お葬式の受付の心得として、またチェックリストとしてご活用いただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.お葬式の受付は誰がやるもの?

2.受付の仕事内容や当日の流れは?

3.記帳のときに注意するべきことは?

4.お香典の受け付け方は?

5.会葬御礼や当日返しの渡し方は?

6.お葬式の受付の服装マナーは?

7.その他に注意する点は?

8.まとめ

続きを読む

親戚の葬儀の香典にいくら包む?5つのケースで最新香典相場を紹介

葬儀に参列する際に必要なのが香典。

その香典について最も悩ましいのが、香典に包む金額をいくらにするのかです。

 

そもそも香典の金額には決まりがある訳ではありません。

故人や遺族との関係の深さなどから、個別に判断しなければなりません。

 

ただし故人が知人・友人の場合や近所の場合、または仕事関係であったら大体の目安はあります。

悩ましいのは故人が親戚の場合になります。

故人が親戚の場合には香典に包む金額の目安がわかり難いためです。

 

そこで故人が「祖父母」、「親」、「兄弟姉妹」、「叔父・叔母」、「それ以外の親戚」の5つのケースに分けて最新統計データから相場を紹介します。

その中からご自身に一番近いケースを参考にしていただけると幸いです。

 

— この記事の目次 —

1. 葬儀の香典についておさらいをしておきましょう

2. 祖父母の葬儀に香典はいくら包む?

3. 親の葬儀の香典の相場とは

4. 兄弟姉妹の葬儀の香典はいくらくらいが適切か

5. 叔父・叔母の葬儀の香典はいくらぐらい?

6. 上記以外の親戚の葬儀の香典はどうする?

7. おさえておきたい葬儀の香典のマナー

8. まとめ

続きを読む

葬儀のお礼は大丈夫?お礼の種類や相手・マナーなど基礎知識をご紹介 

葬儀に参列してくださった人へのお礼は、みなさんすぐに思い浮かびますよね?

会葬御礼や香典返しがそれに当たりますが、葬儀には、会葬御礼や香典返し以外にも「お礼」が必要なのをご存知ですか?

 

ここでは、シーン別にお礼のマナーや基礎知識をお教えしています。

葬儀を手伝ってくださった人へのお礼や、弔電、供花、供物をくださった人へのお礼、後日弔問にいらっしゃる人など、タイミングやお礼の内容がそれぞれ異なります。

 

それぞれ異なりますが、葬儀をする場合はどれも必要になってくるお礼ですので、忘れずに準備しておきたいものです。

お礼状の文例もいくつかご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀当日のお礼はどういうものがある?

2.葬儀当日のお礼にふさわしい品や金額相場は?

3.まだ続く!葬儀直後にお礼をするべき相手は?

4.御香典へのお礼はどうする?!

5.弔電へのお礼はどうする?

6.供花、供物へのお礼はどうする?

7.葬儀後、自宅に弔問に来た人へのお礼は?

8.まとめ

続きを読む

お葬式の生花の失敗しない注文方法は?マナーや相場など詳しく解説!

冠婚葬祭など行事には花がつきものですね。

花は場を華やかにするだけでなく、気持ちをなごませ、穏やかにしてくれます。

花には生花だけでなく、プリザーブドフラワーや造花、ドライフラワーなどがありますが、やはり故人の死を悼み、お葬式のお供えとしてふさわしいのは生花と言えるでしょう。

 

この記事ではそんなお葬式の生花についてご紹介していきます。

そしてその中でも、関わることの多い「供花」に焦点を当てて、供花を送る人・受け取る人双方のマナーについて解説いたします。

 

— この記事の目次 —

1.お葬式に送られる生花とは?

2.供花にはどんな花が使われる?

3.供花はどこに依頼する?

4.供花はいつまでに・誰宛に送るの?

5.供花の値段はいくら?

6.供花を置く順番やお返しはどうする?

7.お葬式の生花のその他の疑問にお答え!

8.まとめ

続きを読む

葬儀の作法はこれで完璧!服装や時間、お焼香などマナーの全てを解説

葬儀は人生で行われる行事としては大きなもので、さまざまなしきたり・作法があります。

こうしたしきたりや作法は、故人を悼み、遺族をいたわるために引き継がれてきた決まり事であり、とても大切なものです。

また、悲しみなどで感情的に不安定になりやすい葬儀においては、作法を知り、守ることは余計なトラブルを招かないためにも重要だと言えます。

 

この記事では、こうした葬儀の作法についての知識を、トータルで身に着けられるようにまとめてあります。

葬儀を営む際、また葬儀に参列する際にお役立ていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.作法の前にまず葬儀の流れを把握しましょう

2.葬儀での服装や持ち物の作法は?

3.お香典やお布施の相場はいくら?

4.受付係の決め方やマナー、受付での参列者の作法は?

5.お焼香のマナーや順番は?

6. 神式・キリスト教式での葬儀の流れやマナーは?

7.その他に気をつけるべき葬儀での作法は?

8.まとめ

続きを読む

訃報の挨拶はどうする?出す時・受けた時の3ケースを文例で徹底解説

不幸は突然に訪れます。

それを伝えるのが訃報なのですが、実際にどう伝えたらよいのかは悩んでしまいます。

 

一方で訃報を受けた側は遺族に「お悔み」の挨拶をします。

この挨拶もとっさにはなかなかうまく言えないものです。

 

また、お悔やみの挨拶を受けた遺族は、どのような返事をすれば良いのか意外に言葉に窮してしまうものです。

そこで、訃報に関する挨拶として以下の3つのケースに分けて文例を交えて詳しく説明します。

 

訃報の伝え方

訃報を受けての挨拶(お悔みの挨拶)

お悔やみを受けた場合の返礼の挨拶

 

訃報にまつわる挨拶には気を付けるべきマナーもあります。

一緒に説明しますので是非参考にしていただければと思います。

 

— この記事の目次 —

1. 最初に訃報についておさらいしましょう

2. 訃報の具体的な内容はこうなっています

3. 訃報を受けたらどんな挨拶をするべきか

4. お悔やみの具体的な文例を紹介

5. お悔やみを受けたら遺族はどう挨拶したら良いの?

6. 弔問での挨拶を具体的な文例で説明

7. お通夜、葬儀・告別式での挨拶を紹介

8. まとめ

続きを読む

お悔やみ・お香典はこれを読めば大丈夫!相場や書き方、渡し方は?

訃報の知らせを受けたときに、考えなければならないことの一つとしてお悔やみ、つまりお香典をどうするのかといったことがあります。

お香典について迷いやすいポイントは、金額をいくらにするか・お香典袋のマナー・渡し方やそのときのお悔やみの言葉などです。

また、葬儀後に訃報を聞いたときは、お香典の送り方や、送る場合に気をつけなければならないことを知っておく必要があるでしょう。

他にも、お香典を辞退していたときどうするかなどは、家族葬が多くなってきた昨今では持っておきたい知識です。

 

この記事は、こうしたお香典(お悔やみ)についての知識をまとめてあり、これ一つですべて分かるようになっています。

お香典に関する疑問を解消するのに、お役立ていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.お悔やみ・お香典の意味や由来は?

2.お香典の相場はいくら?

3.香典袋はどんな風に使い分ける?

4.お香典の書き方やお札の入れ方などのマナーは?

5.お香典の渡し方や渡すタイミングは?

6.どうしても参列できない!お香典を送るには?

7.お香典を辞退していたらどうすればよい?

8.まとめ

続きを読む

お通夜の受付に関するマナーは意外に多い!3つの立場から総まとめ

人が亡くなるとお葬式をするのですが、最初の儀式は「お通夜」になります。

そして参列者が最初に行くところが受付となります。

その受付では、具体的に何をどうしたらマナーに適った立ち居振る舞いになるのでしょうか?

受付を頼む人も頼まれる人も、あるいは受付をする参列者も、マナーについてはあまり自信がないものです。

 

そこで、お通夜の受付について、以下の3つの立場から受付にまつわるマナーについて詳しく説明します。

受付を頼む喪主や遺族側の立場

受付を頼まれた人の立場

参列して受付をする人の立場

 

近年、お通夜の内容も時代と共に変化しています。

お通夜における受付でのマナーについて是非参考にして下さい。

 

— この記事の目次 —

1. そもそもお通夜の受付とは?

2. お通夜の受付を頼む喪主や遺族側の立場のマナーとは

3.  お通夜の受付を頼む場合の悩み事はこうしましょう

4. お通夜の受付を頼まれた人が知っておくべきマナーとは

5. お通夜の受付を頼まれた人が心配になることは

6. お通夜に参列して受付をする人の守るべきマナーとは

7. お通夜の受付で香典をわたす時のマナーはこれ

8. まとめ

続きを読む