火葬時間と待ち時間の過ごし方は?火葬における7つのポイント

日本では、亡くなると火葬することが一般的です。

しかし、火葬にどのくらいの時間がかかるのか、待ち時間はどのようにして過ごすのか、火葬場や火葬の基本的な流れなどについては、あまり知らない人が多いのではないでしょうか。

いざ葬儀を行うことになった場合に、火葬場でどのように過ごしていいのかわからず困ってしまうこともあるでしょう。

 

ここでは、大人や子供の火葬時間、待ち時間の過ごし方について詳しくご説明します。

また、火葬のマナーや基本的な流れ、火葬場についても合わせてご紹介します。

火葬時間や待ち時間の過ごし方など、基本的な内容を知っておくことで、落ち着いて故人を見送ることができるようになります。

 

火葬に立ち会う場合も、マナーを守って遺族や故人に失礼のないようにしたいものです。

火葬時間を始めとする7つのポイントを理解し、大切な故人を心を込めて見送っていただきたいと思います。

 

— この記事の目次 —

1.火葬の手続きにはこんなものがある

2.火葬時間はどのくらいかかるもの?火葬時間にまつわる4つの疑問

3.火葬の待ち時間はどう過ごす?

4.火葬の基本的な流れ5ステップをご紹介!

5.出棺・火葬に立ち会うときに気をつけるべきマナー3つ

6.骨上げとは?

7.火葬場について知っておくべき3つのこと

8.まとめ

続きを読む

香典返しの時期や相場、挨拶状やのしの書き方まで、悩み事一挙解決!

大切な人が亡くなっても、ご遺族にゆっくりする時間はありませんよね。

あっという間にお通夜やお葬式などが行われ、慌ただしく時間が過ぎていきます。

 

それでも、故人に最後の挨拶をしたいと葬儀に参列してくださった人たちへ、ご遺族は感謝の気持ちで「香典返し」を送ります。

感謝の気持ちを伝える「香典返し」ですが、マナーを知らないままだと、参列してくださった人たちへとても失礼なことになりかねません。

 

香典返しを送る時期や相場、香典返しに添える挨拶状やのしの書き方、香典返しを受け取ったらどうしたらいいのかなど、多くの人が悩むことをここで解決していきましょう!

 

香典返しを準備する立場になることは滅多にありませんが、滅多にないからこそ、この機会にマナーを知って、いざと言うときに備えてみてはいかがでしょうか。

 

— この記事の目次 —

1.香典返しの基本的なことが知りたい

2.香典返しの挨拶状ってどんな風に書けばいい?

3.香典返しを受け取ったらやるべきことは?

4.香典返しを辞退する方法

5.香典返しを送る時期は決まってる?

6.香典返しの品物や相場はどれくらい?

7.香典返しの熨斗(のし)の書き方が知りたい

8.まとめ

続きを読む

葬儀の日程はどうやって決める?必要な日数や決め方の基準を解説!

葬儀の日程を決める立場になることは、人生に何度くらいあるのでしょう?

葬儀の日程を決めるのは、喪主や、その親族という立場になった時だけですから、機会は滅多にありません。

だからこそ、日程をどういう風に決めたらいいのかわかりませんよね。

 

葬儀の日程を決めるには、自分たちの都合はもちろんですが、それ以上に、火葬場の空き状況や僧侶の都合などが大事になってきます。

ご臨終のあと、ほんの数時間で葬儀について様々なことを話し合って決めていかねばなりません。

 

事前に決め方の基準を知っていれば、話し合いの時間が短くなって、その分、故人と最後の時間を過ごすことができると思いませんか?

また、訃報を知った友人知人の立場から、葬儀の日程をどう確認すればいいかも書いていますので、参考にしてください。

 

— この記事の目次 —

1.一般的な葬儀の日程の決め方は?

2.葬儀のカタチで日程が変わってくる

3.葬儀の日程を決める時の5つのポイントとは?

4.葬儀の日程を決める時、六曜が関係してくる

5.葬儀の日程の聞き方にマナーはある?

6.葬儀がすぐにできないときは?

7.まとめ

続きを読む

合同葬を行う意味とは?社会人として知っておきたいメリットとマナー

企業に就職すると企業の社長や役員などといった重要なポストについている方が亡くなったときに社葬や合同葬に参列する機会もあるでしょう。

上司や取引先の方がいる中でマナー違反をしてしまうことは社会人として避けたいですよね。

 

そして、遺族は当事者となります。

個人で行う葬儀であれば好きに執り行えますが、合同葬では内容など会社と遺族双方が納得する必要がありますし、大規模になる分労力を使います。

 

それなのに、遺族は知識がないことで自分たちの意見が言えずに会社側に言われるがまま決まってしまったなどということはあってはいけないことです。

大切な家族とお別れをする機会ですから、必要最低限の知識は持ち合わせておきましょう。

 

— この記事の目次 —

1.合同葬で執り行う葬儀とその意味

2.合同葬の流れ

3.気になる合同葬の4つのメリットとは?

4.合同葬にはデメリットも!

5.一般葬とは大きく違う!気になる合同葬の費用とは

6.知らないと恥ずかしい合同葬のマナー

7.知っておきたい合同葬のお役立ち知識

8.まだまだある!合同葬の細かい疑問4選

まとめ

続きを読む

お葬式マナーは大人のたしなみ!絶対に知っておくべきお葬式マナー7傑

亡くなった人を見送る大切な儀式として、古くより行われてきたお葬式。

 

葬儀の際には喪服を着用しなければいけない

香典袋に新札を入れてはいけない

遺族に忌み言葉を掛けてはいけない・・・

 

聞き馴染みのあるものから意外と知らないものまで、お葬式には数多くのマナーがありますが、どのくらいのお葬式マナーを知っていますか。

お葬式は、何度も経験するものでもないですし、知らないことも多く、いざというときに慌てる方も多いかもしれません。

 

ただ、あんなに厳かな場では、大人のたしなみとして、基本的なお葬式マナーを身に付け、スマートに振る舞いたいものですよね。

そこで、いざという時のために、お葬式のマナーについてまとめましたので、参考にしてください。

 

— この記事の目次 —

1.お葬式マナーの事始め!訃報を聞いてまずするべきこととは?

2.喪服の格って?今更人に聞けない!場に相応しい服装マナー

3.仏教のお葬式マナーとは?参列時に気を付けるべき3つのポイント

4.神式のお葬式マナーとは?3つのポイントでご紹介

5.カトリックかプロテスタントかでも大きく異なる!キリスト教のお葬式マナーとは?

6.どうしても参加できない!そんな時に知っておきたいお葬式マナー

7.知らないうちにやっているかも!気をつけるべきお葬式マナー

8.まとめ

続きを読む

葬式で喪主がすべきこととは?7つの重要ポイントを徹底解説!

人生においてそうそう経験することではありませんが、喪主を務めることになると、するべきことが数多くあります。

 

親しい人の死に直面し、バタバタとした中で、ただなんとなく葬式のスタイルや葬儀社を決めてしまったのでは、後々の大きな後悔に繋がりかねません。

でも、あまり経験がないからこそ、知らないことや不安もたくさんあるのではないでしょうか。

 

そんな不安を解消すべく、ここでは、喪主が果たす役割からすべきこと、葬儀の流れに至るまで喪主の大切なポイントを徹底的にご紹介します。

事前の情報収集にも、葬儀直前の確認にも、適した内容となっていますので、参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.葬式で喪主がすべきことの前に!葬儀の流れを知ろう

2.まず理解しておきたい!葬式で喪主がすべき重要なこととは?

3.是非知っておきたい!お葬式準備で喪主がすべきこと

4. 葬式で喪主が最も気を使うポイント!お通夜・お葬式で大切なこととは?

5.葬式のクライマックス!出棺~火葬では喪主も故人との最後のお別れを

6.まだまだ終わりではない!お葬式後に喪主がすべきこととは?

7.葬儀前の最終確認!葬儀で喪主がすべきことチェックリスト

8.まとめ

 

続きを読む

焼香のマナー!作法や順番、宗派の違いなど恥をかかない焼香の全て

葬儀や通夜で必ず行われる焼香ですが「焼香ってどうやるんだっけ?」「この宗派での焼香って何回?」などと悩まれることはありませんか?

 

焼香は葬儀や通夜などでしか行わないことですから、忘れてしまうことは多々あります。

また、宗派ごとに違う焼香の仕方をすべて覚えておくことなどできませんよね。

 

ここでは焼香の仕方や宗派による違いを説明します。

それに合わせて服装や焼香でのマナーを徹底的に詳しく説明します。

 

恥をかくことのないよう、また、故人を弔うためにも正しい焼香のマナーを身に付けましょう。

 

— この記事の目次 —

1. 焼香とは何か?意味や由来

2. 恥をかかないために、焼香の作法とマナー

3. 意外に大事な焼香の順番

4. シチュエーションごとに変わる焼香のやり方

5. 焼香時の細かいマナー

6. 焼香についてよくある質問

7. まとめ

続きを読む

友人葬はどんな葬儀??今から知っておきたいマナーと費用とは?

あまり耳にすることがない友人葬ですが、一般的な葬儀に参列するつもりでいるとその独特のルールに驚くことになります。

もともとは創価学会の方達だけが行っていた葬儀の形ですが、最近は創価学会でなくてもあえて友人葬を執り行う方がいて、将来的には今よりも一般的な葬儀と認知されるかもしれません。

 

特にご家族や親族、親しい友人など身近な人が創価学会である場合、友人葬に参列する機会もあるでしょうから基本的なことだけでも知っておいてもしもの時に備えましょう。

 

— この記事の目次 —

1.友人葬はどんな葬儀?

2.友人葬までの流れ

3.友人葬の流れ

4.友人葬は費用を抑えられる!

5.友人葬の3つのメリットとは?

6.忘れてはいけない!友人葬のデメリット

7.知っておくべき友人葬のマナー

8.友人葬でよく聞く4つの質問にお答えします!

まとめ

続きを読む

互助会とは?メリット・デメリットを考慮して賢く備えましょう!

互助会はご存知ですか?

昔は入会していることがわりと普通でしたが、最近は知らないという方や偏った知識を持っているがゆえに敬遠している方がたくさんいます。

冠婚葬祭行事を行う方が減っている傾向にありますので、この変化は当然かもしれませんね。

 

しかし、人によってはサービス内容を正しく知ることで互助会に入会するメリットを感じるかもしれません。もちろんデメリットもあります。

 

そこで、今回は互助会の仕組みからメリット・デメリット、有効な活用方法までご紹介しますので、自分にとって必要なサービスであるかぜひ一度検討してみてくださいね。

 

— この記事の目次 —

1.まずは基礎知識を!互助会とは

2.互助会の入会方法をご紹介

3.トラブル注意!互助会の解約方法

4.互助会を利用する4大メリットとは?

5.互助会を利用するときの3つのデメリット

6.知っておくべき互助会に関する3つのこと

7.よくある質問

まとめ

 

続きを読む

最近よく聞く直葬!後で困らないための8つの必要な知識を徹底解説!

直葬とは、葬儀や通夜をせず、火葬だけで済ませてしまう葬儀のことです。

直葬の場合、ご臨終後、直ぐにご遺体を火葬場に搬送して火葬してしまうのでしょうか?

遺されたご家族としては、すこし寂しい気分になるかもしれません。

 

しかし、そんなことはありませんのでご安心ください。

お亡くなりになった後は、24時間以上の安置が義務付けられており、そのまま火葬ということはありません。

きちんとお別れもできますし、お坊さんにお経をあげていただく事もできます。

 

高齢化・核家族化が進んだ現在、これまでのような葬儀が必要なくなってきているのも事実です。

それに、経済的に厳しいご家庭も少なくないのも現状です。

 

まだ良く理解をされていない方々のために、今回は「直葬」をキーワードにしてみました。

その意味から注意点まで、滞りなく故人をお送りするまでの全てをわかりやすく説明しています。

最後まで読んでいただければ、誤解も解け、直葬を正面から考えていただけるようになっているものと信じております。

 

— この記事の目次 —

1 直葬って最近よく聞くけどどういう意味?

2 直葬の場合の葬儀の流れはどうなりますか?

3 直葬をするメリットってなんですか?

4 直葬をするデメリットってなんですか?

5 直葬が増えている背景って何ですか?

6 直葬の際に起こりうるトラブルはどんなことですか?

7 直葬で守るべきマナーを教えて下さい

8 直葬を行う場合の注意点を教えて下さい

まとめ

 

続きを読む