火葬の料金を徹底調査!費用を抑えるための3つの必読ポイントとは?

火葬をするにあたり、やることはわかっていても料金が一体いくらかかるのかは想像できない人がほとんどです。

現在の日本では、人が亡くなったら火葬しないと弔うことができませんから火葬することは必須となっています。

お金がないからやめておくということはできません。

 

そこで火葬に関する料金について徹底調査します。

そして火葬の料金をなるべく低く抑えるための3つのポイントについて説明します。

 

もう一つ、お葬式に関する費用を抑えるという観点から直葬についても説明します。

さらに大切なペットを火葬する際に必要となる料金についても紹介します。

 

— この記事の目次 —

1.火葬についておさらいします

2.火葬の料金は何で違う?

3.火葬の料金の相場を徹底調査

4.火葬の料金を抑えるポイント①

5.火葬の料金を抑えるポイント②

6.火葬の料金を抑えるポイント③

7.ペットの火葬の料金の相場を調査

8.まとめ

続きを読む

南多摩斎場のガイド完全版!バスその他のアクセス、宿泊・食事は?

南多摩斎場は八王子市と町田市の境にあり、日野市、多摩市、稲城市にも近い公営斎場です。

南多摩斎場を利用するときにまず気になるのはアクセス、それに通夜ぶるまいや精進落とし、宿泊や安置設備などではないでしょうか。

そこで、南多摩斎場を利用するときに迷うことがないよう、あらゆる情報を集めて記事にいたしました。

 

基本情報としての施設の説明からどういった費用がかかるのかや、利用するときの注意点、葬儀の流れなどもお伝えします。

また、南多摩斎場が混雑しているときに、代用できる火葬場や式場もご紹介していますので、活用していただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.南多摩斎場の施設は?

2.南多摩斎場での宿泊や食事、霊安室の利用の仕方は?

3.南多摩斎場へのアクセスは?

4.南多摩斎場の口コミは?

5.南多摩斎場での葬儀の流れは?v

6.南多摩斎場は混んでいる?

7.南多摩斎場の式場が使えなかったら?

8.まとめ

続きを読む

火葬場の最新事情!手配方法から設備・マナーまで7大ポイント大公開

火葬場が混雑していて順番待ちになっているという話や報道を聞いたことがありませんか?

現在の日本では故人を弔うためには火葬をしなければなりません。

それなのに火葬ができなければ一大事です。

 

そこで火葬場について理解したうえで、「いつどうやって予約するのか」「火葬場で何をしなければいけないのか」「火葬場が混雑していたらどうするか」について説明します。

それに加えて火葬場についての知っておくべきポイントと、最近増加の一途を辿っている直葬、および多くの人が関心を持っているペットの火葬についても説明します。

 

これら合計7つのことを知ると火葬場についての基本知識はカンペキになります!

 

— この記事の目次 —

1.まずは火葬場について徹底解説します

2.火葬場は日本全国どこでも同じ?

3.火葬場は何時どうやって予約するものなの?

4.火葬場でやること全てを説明します

5.火葬場が混んでいるらしいけど、予約できなかったらどうする?

6.火葬場でお葬式ができるって本当の話?

7.ペットの火葬はどうしたらいい?

8.まとめ

続きを読む

枕飾りって何?気になる意味と7つのチェックポイントを解説

人が亡くなると、布団に寝かして安置します。

その際、亡くなった人の近くに枕飾りという祭壇のようなものを置きます。

 

訃報を受けて弔問に伺うと、その枕飾りの前に通されます。

枕飾りで線香をあげたりするので、やはり枕飾りについて基本的なことは知っておかないと戸惑ってしまいます。

 

そもそも枕飾りというものがどういうものなのか分かっている人は多くありません。

枕飾りは宗派によって違ったりしますし、仏教の儀式における位置付けも時代とともに変化しています。

 

そこで、枕飾りについて具体的な内容や意味についてまとめて説明します。

一度わかってしまえば、いざという時にまごつくことはありません。

 

— この記事の目次 —

1.枕飾りとは一体何のこと?

2.枕飾りはいつからいつまでやるのか

3.枕飾りについて徹底調査

4.枕飾りは宗派によって違うってホント?

5.枕飾りのマナーってあるの?

6.枕飾りで線香と焼香には大切な意味があった!

7.仏教以外では枕飾りをどうしているの?

8.まとめ

続きを読む

大阪の火葬場を使いこなす!押さえるべき5つのポイントは?

遺族の立場になると、短い期間でさまざまなことを決定しなければなりません。

しかしその場になって情報を集めるのは、時間的にも精神的にも難しいものです。

特に葬儀社選びや式場選びは、葬儀の質を大きく左右すると言っても過言ではないですが、これらが一番分かりにくいのです。

 

この記事では、特に人気の高い、大阪市の式場併設の市営火葬場について詳しく解説いたします。

大阪市の市営火葬場はさまざまなルールがありますので、これから伝えるポイントを押さえて、しっかり使いこなしましょう。

また、大阪府全体の火葬場情報やお勧めの葬儀社、ペットの火葬情報、大阪のトピックなどについてもご案内いたしますね!

 

— この記事の目次 —

1.大阪市の市営火葬場一覧!

2.大阪市立斎場以外の火葬場情報!

3.大阪府のお勧め葬儀社厳選3社ご紹介!

4.大阪・関西でお勧めのペット火葬場・霊園は?

5.大阪と東京、葬儀の習慣の違いは?

6.大阪の火葬場やお墓の歴史を知ろう

7.大阪の葬儀・火葬場ニュース!

8.まとめ

続きを読む

お布施の金額相場・渡し方は?葬儀・法要のお布施の疑問をずばり解決

葬儀・法要では、読経など供養をしてくれる僧侶にお布施を渡します。

しかしそもそもお布施とはどういったお金なのかご存知でしょうか。

 

読経していただいたことへの対価と考えている人が多いですが、そうではありません。

お布施には決まった金額がなく、僧侶から「お気持ちで結構です」と言われる場合もあり、いくらを包んだらよいのか迷ってしまいますよね。

 

お布施に定価はないものの、相場はあります。

相場はお寺の考え方や戒名のランクなどによって異なります。

 

ここでは、お布施の相場や渡し方についての疑問を徹底解説します。

相場を知った上で、お布施を安く抑えるサービスについてもご紹介します。

 

お布施の相場を知っておくことで、お寺とのトラブルが避けられますし、気持ちよく葬儀・法要を執り行うことができるようになります。

お布施の金額で悩んでしまわないためにも、このページを読んでお布施の相場金額を覚えていただきたいと思います。

 

— この記事の目次 —

1.知らなかった!お布施の本来の意味とは?

2.お布施だけじゃない!通夜、葬儀で必要なお礼とは?

3.お寺に渡す戒名料の相場とは?

4.法事法要におけるお布施の相場

5.お布施の書き方・包み方

6.お布施の渡し方作法3つのポイント

7.お布施を安く抑えるためには?

8.まとめ

続きを読む

火葬時間と待ち時間の過ごし方は?火葬における7つのポイント

日本では、亡くなると火葬することが一般的です。

しかし、火葬にどのくらいの時間がかかるのか、待ち時間はどのようにして過ごすのか、火葬場や火葬の基本的な流れなどについては、あまり知らない人が多いのではないでしょうか。

いざ葬儀を行うことになった場合に、火葬場でどのように過ごしていいのかわからず困ってしまうこともあるでしょう。

 

ここでは、大人や子供の火葬時間、待ち時間の過ごし方について詳しくご説明します。

また、火葬のマナーや基本的な流れ、火葬場についても合わせてご紹介します。

火葬時間や待ち時間の過ごし方など、基本的な内容を知っておくことで、落ち着いて故人を見送ることができるようになります。

 

火葬に立ち会う場合も、マナーを守って遺族や故人に失礼のないようにしたいものです。

火葬時間を始めとする7つのポイントを理解し、大切な故人を心を込めて見送っていただきたいと思います。

 

— この記事の目次 —

1.火葬の手続きにはこんなものがある

2.火葬時間はどのくらいかかるもの?火葬時間にまつわる4つの疑問

3.火葬の待ち時間はどう過ごす?

4.火葬の基本的な流れ5ステップをご紹介!

5.出棺・火葬に立ち会うときに気をつけるべきマナー3つ

6.骨上げとは?

7.火葬場について知っておくべき3つのこと

8.まとめ

続きを読む

香典返しの時期や相場、挨拶状やのしの書き方まで、悩み事一挙解決!

大切な人が亡くなっても、ご遺族にゆっくりする時間はありませんよね。

あっという間にお通夜やお葬式などが行われ、慌ただしく時間が過ぎていきます。

 

それでも、故人に最後の挨拶をしたいと葬儀に参列してくださった人たちへ、ご遺族は感謝の気持ちで「香典返し」を送ります。

感謝の気持ちを伝える「香典返し」ですが、マナーを知らないままだと、参列してくださった人たちへとても失礼なことになりかねません。

 

香典返しを送る時期や相場、香典返しに添える挨拶状やのしの書き方、香典返しを受け取ったらどうしたらいいのかなど、多くの人が悩むことをここで解決していきましょう!

 

香典返しを準備する立場になることは滅多にありませんが、滅多にないからこそ、この機会にマナーを知って、いざと言うときに備えてみてはいかがでしょうか。

 

— この記事の目次 —

1.香典返しの基本的なことが知りたい

2.香典返しの挨拶状ってどんな風に書けばいい?

3.香典返しを受け取ったらやるべきことは?

4.香典返しを辞退する方法

5.香典返しを送る時期は決まってる?

6.香典返しの品物や相場はどれくらい?

7.香典返しの熨斗(のし)の書き方が知りたい

8.まとめ

続きを読む

葬儀の日程はどうやって決める?必要な日数や決め方の基準を解説!

葬儀の日程を決める立場になることは、人生に何度くらいあるのでしょう?

葬儀の日程を決めるのは、喪主や、その親族という立場になった時だけですから、機会は滅多にありません。

だからこそ、日程をどういう風に決めたらいいのかわかりませんよね。

 

葬儀の日程を決めるには、自分たちの都合はもちろんですが、それ以上に、火葬場の空き状況や僧侶の都合などが大事になってきます。

ご臨終のあと、ほんの数時間で葬儀について様々なことを話し合って決めていかねばなりません。

 

事前に決め方の基準を知っていれば、話し合いの時間が短くなって、その分、故人と最後の時間を過ごすことができると思いませんか?

また、訃報を知った友人知人の立場から、葬儀の日程をどう確認すればいいかも書いていますので、参考にしてください。

 

— この記事の目次 —

1.一般的な葬儀の日程の決め方は?

2.葬儀のカタチで日程が変わってくる

3.葬儀の日程を決める時の5つのポイントとは?

4.葬儀の日程を決める時、六曜が関係してくる

5.葬儀の日程の聞き方にマナーはある?

6.葬儀がすぐにできないときは?

7.まとめ

続きを読む

合同葬を行う意味とは?社会人として知っておきたいメリットとマナー

企業に就職すると企業の社長や役員などといった重要なポストについている方が亡くなったときに社葬や合同葬に参列する機会もあるでしょう。

上司や取引先の方がいる中でマナー違反をしてしまうことは社会人として避けたいですよね。

 

そして、遺族は当事者となります。

個人で行う葬儀であれば好きに執り行えますが、合同葬では内容など会社と遺族双方が納得する必要がありますし、大規模になる分労力を使います。

 

それなのに、遺族は知識がないことで自分たちの意見が言えずに会社側に言われるがまま決まってしまったなどということはあってはいけないことです。

大切な家族とお別れをする機会ですから、必要最低限の知識は持ち合わせておきましょう。

 

— この記事の目次 —

1.合同葬で執り行う葬儀とその意味

2.合同葬の流れ

3.気になる合同葬の4つのメリットとは?

4.合同葬にはデメリットも!

5.一般葬とは大きく違う!気になる合同葬の費用とは

6.知らないと恥ずかしい合同葬のマナー

7.知っておきたい合同葬のお役立ち知識

8.まだまだある!合同葬の細かい疑問4選

まとめ

続きを読む