49日法要に向けて家族がするべき準備と当日の段取りまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

百箇日の具体的な法要としては、現在では省略されるか、七七日忌(49日法要)で一緒に執り行われることが一般的ですが、遺品整理や形見分けなど、身辺の整理とともに気持ちの整理をつける上でも重要な節目といえるのではないでしょうか。

このように、初七日忌から百箇日までの法要のことを総体として「追悼法要」と呼びます。

追悼法要は、死後一年未満に行われる法要一般を指し、故人の死を偲び、その死を悲しむ法要という意味合いが色濃くます。これに対して「年忌法要」というは、死後満一年を迎える“一周忌”から“三十三回忌”までの法要を指します。

年忌法要は、以下の通り行われるのが一般的です。

① 一周忌(満1年目)

  • 遺族や親族、友人や知人などが参列。僧侶による読経の後、会食(お斎)をするのが一般的。

② 三回忌(満2年目)

  • 一周忌と同様に、遺族や親族、友人や知人などが参列。僧侶による読経のあと会食(お斎)をするのが一般的。

③ 七回忌(満6年目)

  • 七回忌は遺族や親族だけで法要を執り行うのが一般的です。原則として、七回忌以降は、法要の規模を縮小していきます。

④ 十三回忌(満12年目)

  • 一般的に、遺族だけで法要を行います。

⑤ 十七回忌(満16年目)

  • 一般的に、遺族だけで法要を行います。

⑥ 二十三回忌(満22年目)

  • 一般的に、遺族だけで法要を行いますが、省略する場合もあります。

⑦ 二十七回忌(満26年目)

  • 一般的に、遺族だけで法要を行いますが、省略する場合もあります。

⑧ 三十三回忌(満32年目)

  •  一般的に、遺族だけで法要を行います。なお、三十三回忌は「弔い上げ」とも呼ばれ、仏教では、死者は33年目にはどんな人でも無罪となり、極楽浄土に行くことができると考えられています。仏壇から戒名を記した位牌を片付け、以降は「○○家先祖の霊」の位牌を祀ります。

2.49日法要の準備と当日の流れについて

画像:(http://allabout.co.jp/gm/gc/456689/)

画像:(http://allabout.co.jp/gm/gc/456689/)

さて、法要の言葉の意味とその種類についてはこれまでご紹介してきた通りとなります。

それでは、様々ある法要の中で最も盛大に執り行われ、参列する機会の多い49日法要では、故人の家族は事前にどのような準備をし、当日はどのように法要を採り行えばいいのでしょうか。

ここからは49日法要にむけて家族が執り行うべき準備と当日の流れについて詳しくご紹介してまいります。

2-1.法要前の準備について

お葬式が終わった後は、法要の準備をできるだけ早めに行う必要があります。

49日法要に向けた準備といっても何をすればいいかよく分からないという方も多いでしょう。

続いては、法要を執り行う前に家族がなすべき準備で大切なポイントをまとめたので一つずつご紹介してまいります。

法要の日程を決める

まず始めに法要を行う日程を決めますが、法要の日程については菩提寺の僧侶と相談して決めるのが無難です。

菩提寺とは先祖代々のお墓があるお寺のことで、法要では僧侶を招いて読経を上げてもらうことが通例となるので、故人の家族だけで決めずに菩提寺の僧侶と一緒に決めましょう。

また、故人の死後49日目にあたる日が平日の場合は、参列者が集まりやすいように、それよりも前の週末に行うことが一般的です。

したがって、49日法要といっても必ずしも厳密に故人の死後49日目でなくとも問題はありません。

ただし、お寺も週末は法要などが集中することから、直前になってバタバタせずにできるだけ早いタイミングで法要の日程を決めるようにしましょう。

法要の会場を決める

法要の日程を決める際には同時に法要の会場を決めておきます。

法要の会場としては主に自宅や菩提寺、霊園などが一般的となっております。

最近では、自宅や菩提寺などで執り行う伝統的な法要スタイルに加え、セレモニーホールやホテルなどで法要をする方も増えてきています。

ただし、ホテルで法要を行う場合には、焼香が禁止されている施設もあるので注意が必要です。

会場によっては週末大変混み合う可能性もあるので、日程と同じようにできるだけ早く会場をおさえておくことが大事です。

|菩提寺で法要を行う場合

49日法要を菩提寺で行う予定の場合には、少なくとも1ヶ月前までに法要を行いたい胸をお伝えするようにしましょう。

この時菩提寺の僧侶に伝える内容としては、法要の日時や参列者の人数、故人の名前を伝えることが一般的です。菩提寺が無い場合には、葬儀社や仏壇屋などに紹介してもらうことができます。

また、菩提寺に卒塔婆供養を依頼する場合にも事前に申し伝えをするようにしましょう。

|霊園で法要を行う場合

現代では菩提寺を持たない方も増えてきているので、菩提寺ではなく霊園で法要を行うケースも増えてきています。

霊園で法要を行う場合には、霊園内に法要室や会食室などで行うスタイルが一般的です。

霊園で法要を行うメリットは、檀家制度に基づく菩提寺での法要とは異なり、多くの霊園で国籍や宗教の制約がなく、比較的自由に法要を行える点です。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket