49日法要に向けて家族がするべき準備と当日の段取りまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

もちろん、霊園で法要を行う場合にも事前に連絡が必要で、故人の宗教と宗派、参列者の人数など伝えます。

霊園によっては、故人の宗教に合った僧侶の手配や会食や引き出物の用意までしてくれるところもあるので、事前に相談してみるといいでしょう。

法要に招く人をリストアップして連絡する

法要を行う日時と会場が決まったら、次に行うのが招待する参列者の範囲を定め、リストアップして招待することです。

法要の参列者の範囲については、基本的にお葬式に参列してくれた人には法要案内状を送るのがマナーです。

ただし、昨今では家族葬や密葬の様に、近親者だけでの葬式も増えてきていることから、お葬式に参加していない方の招待に戸惑う方も増えているようです。

その時は、その人と故人との関係性を考慮して招待するか否かを判断されるのがいいでしょう。

近親者とごく親しい関係者だけで法要を行う場合には、わざわざ封書で法要案内状を出さなくとも、電話などで招待をしても問題ありません。
なお、法要の後で参列者で会食を行う場合には、参列者の数を正確に把握する必要があるので、案内状に返信用の封筒を同封しておくと出欠可否が明確に分かるため、スムーズな準備ができるでしょう。

後返し引き出物の準備

|後返しについて

本来、香典のお返しである「香典返し」は忌明けの挨拶の時に挨拶状を添えて返礼するものですが、最近では葬儀の当日に行う「即日返し」が一般的になっているようです。

ただし、高額の香典を頂いた場合に、当日の香典返しでは不十分と感じたら、49日法要の際に改めてお礼の品を送ることがあります。

これを「後返し」と言います。

神式忌明けとされる50日祭に、キリスト教では故人の死後1ヶ月を迎える召天記念日に香典(キリスト教では御花料)を頂いた方にお返しするのが一般的です。

|引き出物について

忌明けの法要では参列者の方から「御仏前」を頂くことがあり、遺族はそのお返しに引き出物を用意しておくのが一般的です。

引き出物として渡す品物としては、菓子やタオル、海苔やカタログギフトなど帰りに荷物とならないものを選ぶといいでしょう。

位牌仏壇の準備

|位牌について

忌明け法要の時までに本位牌を用意します。

これは葬儀の時に使う位牌が簡易的な白木位牌であり、49日の忌明けの際に故人が成仏した証として正式な本位牌に取り替えるためです。

一般的に、本位牌は仏壇•仏具店で購入しますが、俗名や戒名などを刻印することからその制作には1〜2週間前後かかります。

法要間近になって慌てないようにするためにも、できるだけはやく本位牌の準備をしておくと安心です。なお、忌明け法要当日には、故人の魂が白木位牌から本位牌に移ると言われており、不要になった白木位牌はそのままお炊き上げしてもらいます。

ちなみに、この故人の魂を本位牌に入魂することを「開眼供養」とも呼びます。

|仏壇について

本位牌は一般的に仏壇に祀ります。

仏壇を持っていない場合は用意する必要がありますが、仏壇は宗教や宗派によってその様式や飾り方の配置などが異なるため、購入する前に仏壇屋や葬儀社に相談しておくとよいでしょう。

家に仏壇がある場合はそのまま本位牌だけを用意して法要に望んで問題ありません。

会食(お斎)の手配

法要後の会食は「お斎」とも呼ばれ、参列者にお礼の気持ちを込めて振る舞われるもので、故人を偲びながら会食します。

法要の会場で会食する場合もあれば、雰囲気を変えてレストランや料亭に移動して会食する場合もあります。

法要後の会食においては、鯛や伊勢エビなどのおめでたい縁起物の食材を避けるため、事前に法要で利用する旨を伝えておくといいでしょう。

また、都合により会食が開けない場合は、参列者に料理の折り詰めやお酒の小瓶などを引き出物としてお渡しするのがよいでしょう。

お布施の用意

前もって僧侶に渡す「お布施」を用意しておきましょう。「お布施」とは、葬儀や法要の際に僧侶に渡す謝礼のことです。

法要の際のお布施の金額については明確な決まりはありませんが、一般的に3〜5万円程度が平均的な相場とされます。

お布施として包む金額で悩んだ時は、僧侶に直接聞いても問題ありませんが、大体は「お気持ちで…」と言われるのでこの平均的な相場を念頭においておくといいでしょう。

お布施を渡すタイミングについては、法要の際に僧侶が読経を終えて帰る際に、お礼とともに渡すのがマナーです。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket