お通夜にはなぜ御霊前なの?理由と金額・書き方など7項目を総まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2. 気になるお通夜の御霊前に包む金額は?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

お通夜の御霊前で気になるのは、何といっても御霊前として包む金額です。

金額が少くなくて礼を欠いたり恥をかきたくはないですが、かといって必要以上に包むのも避けたいところです。

ここではお通夜の御霊前の目安について説明します。

 

2-1.お通夜の御霊前の相場はいくら?

お通夜の御霊前にいくら包むのかは、故人と参列者の関係によって様々ですから一概に言うことはできません。

また実際にいくら包んだのか、金額をオープンにしたりする性質のものではないので、お通夜の御霊前の目安はわかり難いものです。

 

一つの指標として使えるのは全日本冠婚葬祭互助協会が実施している「香典に関するアンケート(平成28年度)」です。

以下にそのアンケート結果から香典としていくら包んだかの最多回答額と平均額について概要を紹介します。

 

故人が祖父母の場合

最多回答額:10,000円、平均額:17,280円

故人が親の場合

最多回答額:100,000円、平均額:62,318円

故人が兄弟姉妹の場合

最多回答額:30,000円、平均額:39,518円

故人がおじ・おばの場合

最多回答額:10,000円、平均額:17,063円

故人が上記以外の親戚の場合

最多回答額:10,000円、平均額:12,583円

故人が職場関係の場合

最多回答額:5,000円、平均額:5,447円

故人が勤務先社員の家族の場合

最多回答額:5,000円、平均額:5,131円

故人が取引先関係の場

最多回答額:5,000円、平均額:6,897円

故人が友人・その家族の場合

最多回答額:5,000円、平均額:5,972円

故人が隣人・近所の場合

最多回答額:5,000円、平均額:4,810円

その他の場合

最多回答額:5,000円、平均額:6,274円

 

なお、この調査では前回の5年前の結果と大きな変化はありませんでした。

この結果は、金額が故人との関係別に明確にまとめられていますし、お通夜の御霊前の目安として考えても良さそうです。

 

2-2.お通夜に供花などおくった場合に御霊前の金額は少なくても良い?

一般的には、御霊前か供花などの供え物はどちらか片方で良いとされています。

故人との関係が深い場合などには、お通夜に御霊前を出し、さらに供花などの供え物も一緒におくる場合があります。

 

御霊前の金額に供え物の費用も含めてしまうと、御霊前に包む金額が相場と比較して少額になってしまう場合があります。

供花などの供え物を御霊前のどちらかにするか、お通夜の御霊前の金額にプラスして両方おくると考えることが無難です。

 

2-3.結局、お通夜の御霊前にいくら包んだらいいの?

だいたいの傾向としては、故人との関係が職場関係や勤務先社員の家族、友人、隣人等の場合、5,000円がお通夜の御霊前の金額の目安と言えます。

親族や取引先関係の場合は故人との関係により様々ですが、両親であれば10万円、その他の親族であれば1万円から3万円が目安と言えそうです。

 

なお、「四」や「九」は死や苦を連想させる数字として金額は避けるのが一般的です。

また、連名で少額ずつ出し合う場合は合計金額を5千円、1万円、2万円などのようにキリの良い金額にします。

例えば合計金額が2万3千円となった場合は2万円とか2万5千円、5万2千円となった場合は5万円とか5万5千円とするように調整しましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket