お通夜にはなぜ御霊前なの?理由と金額・書き方など7項目を総まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3. お通夜の御霊前の表書きのマナーとは

出典元:https://www.ac-illust.com

 

ここでは、お通夜の御霊前に使用するのし袋と表書きをどのようにしたらよいのかについて説明します。

表書きにもマナーがありますので、しっかり確認しておきましょう。

 

3-1.お通夜の御霊前ののし袋はどれを選んだらいい?

使用するのし袋ですが、これは不祝儀用ののし袋を用います。

不祝儀用ののし袋は香典袋とも呼びます。

 

御霊前ののし袋には、宗教によって決まりがあります。

蓮の花がエンボスや印刷されている場合は仏教専用です。

また、キリスト教向けには十字架をデザインしたのし袋があります。

 

お通夜の御霊前ののし袋の水引きは白黒、双銀などの結び切りのものを選びます。

 

なお、包む金額により適切なのし袋を選ぶようにしましょう。

例えば5,000円を包むのに立派なのし袋では不釣り合いです。

のし袋を購入する際には、のし袋のパッケージに「5,000円から10,000円」というように金額目安が記載されていますので確認するようにしましょう。

 

3-2.お通夜の御霊前で使う墨が決まっているのはご存知?

お通夜の御霊前ののし袋の表書きには薄墨を使って書きます。

その理由は、墨が悲しみの涙でにじんでしまった様子を表現しているとか、悲しみの涙が硯に落ちて墨が薄くなったことを表しているからとされています。

薄墨は自分で調整しても構いませんが、のし袋を販売している小売店には薄墨専用の筆ペンも販売されていますので、それを使うのも良いでしょう。

 

しかし最近は、薄墨を使うことが望ましいとはいえあまり拘りは少なくなっています。

むしろはっきりと読みやすい字で書くことの方が重要だと考えられています。

それは、遺族が後に香典返しや喪中のハガキを送る際に芳名帳と香典帳、香典袋を照らし合わせて確認するのですが、墨が薄くて判別できないことがあると負担を強いることになるためです。

 

3-3.お通夜の御霊前に名前を書く場合のマナーとは?

お通夜の御霊前ののし袋の下段には、差し出す側の名前を書きます。

個人の場合もありますし、会社名や連名の場合もあります。

 

名前の書き方は以下のようになります。

個人で御霊前を出す場合:フルネームをバランスよく読みやすく書きます。

代理で御霊前を出す場合:例えば夫の代わりに妻が代理に出す場合は夫のフルネームの左下に「内」を小さく書き添えます。

夫婦で御霊前を出す場合:夫のフルネームだけの場合もありますが、夫婦二人の連名でもかまいません。

会社で御霊前を出す場合:会社名だけということはほとんどありません。社長名を中央に書き、右側に会社名を書き添えます。

役職名を書く場合は氏名の上に、若干小さめの字で書きます。

会社で上司の代理で御霊前を出す場合:上司のフルネームに「〇〇 〇〇代」のように、「代」を小さく書き添えます。

連名で御霊前を出す場合:右側から目上の順、故人との関係の深い順にフルネームで書きます。

人数の多い連名で御霊前を出す場合:中央に代表者のフルネームを書き、その左に他〇名などと書きます。

会社の職場で御霊前を出す場合:「〇〇株式会社 〇〇部(課)一同」のように中央に書きます。

 

なお、表書きには新しい姓で書くことが望ましいですが、故人との関係から旧姓で記載した方が良い場合もあります。

その場合は氏名の左脇に「旧姓 〇〇」と新しい姓よりも小さめの字で書き添えます。

あるいは表書きには新しい姓で氏名を書き、裏面に旧姓を書き添えることでも構いません。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket