お通夜にはなぜ御霊前なの?理由と金額・書き方など7項目を総まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

7. 仏教以外ではお通夜の御霊前に相当するものはどうなっている?

出典元:https://www.ac-illust.com

 

これまで仏教でのお通夜の御霊前について説明してきました。

最後に仏教以外の宗教について、御霊前にあたるものについて説明します。

 

7-1.神道でのお通夜の御霊前に相当するものは?

神道でのお通夜の御霊前に相当するものは以下のようなものです。

 

のし袋

無地の不祝儀用のし袋

水引を使う場合は、白黒、双白、双銀の結び切りまたはあわじ結び

表書き

御霊前でも良いですが、以下の表書きも使われます。

御玉串料(おんたまぐしりょう)

御榊料(おんさかきりょう)

御神饌料(ごしんせんりょう)

御神前料(ごしんせんりょう)

下段に参列者の氏名(フルネーム)

薄墨を使うのが良いとされています。(理由は仏教と同じで悲しみを表現するためです)

 

神道でも御霊前のお返しは仏教の忌明けに相当する頃に送ります。

神道では、五十日祭または三十日祭の頃が忌明けとされます。

 

神道の御霊前のお返しに付けるのしでは、表書きを「志」、「偲び草」、「偲草」とします。

下段には喪主の姓を書きます。

 

7-2.キリスト教ではお通夜の御霊前のようなものはある?

キリスト教でのお通夜の御霊前に相当するものは以下のようなものです。

 

のし袋

十字架のしるしや図柄、ユリの花がエンボスや印刷されたキリスト教用の不祝儀用のし袋、または白い封筒

水引を使う場合は、白黒、双銀の結び切りまたはあわじ結び

表書き

御霊前でも良いですが、以下の表書きも使われます。

御花料(おはなりょう):プロテスタント

 御ミサ料:カトリック

下段に参列者の氏名(フルネーム)

薄墨を使うのが良いとされています。(理由は仏教と同じで悲しみを表現するためです)

 

キリスト教でも御霊前のお返しは仏教の忌明けに相当する頃に送ります。

キリスト教では、カトリックは30日目の追悼ミサ、プロテスタントは1ヶ月目の昇天記念日の頃になります。

 

キリスト教での御霊前のお返しの表書きは「志」、「感謝」などです。

下段には喪主の姓を書きます。

 

7-3.無宗教形式のお通夜では御霊前はどうする?

無宗教形式でのお通夜の御霊前に相当するものは以下のようなものです。

 

のし袋

無地の不祝儀用のし袋

蓮の花や十字架などの宗教に関する図柄のない全くの無地のものとします

表書き

御霊前と書きます。

下段に参列者の氏名(フルネーム)

薄墨で書きます。(理由は仏教と同じで悲しみを表現するためです)

 

無宗教形式での御霊前のお返しは、期日を定めるのが難しいのですがあまり遅くならないように送ります。

目安としては1ヶ月前後です。

 

無宗教形式での御霊前のお返しの表書きは「志」が無難です。

下段には喪主の姓を書きます。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket