安西市総合斎苑(愛知県)とは?気になるアクセス・料金・利用手続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3.利用手続きと注意点をおさらい!


出典元:https://www.ac-illust.com/

 

安西市総合斎苑を利用するときの手続き方法をご説明します。

また、利用にあたっては注意すべき点がいくつかあります。

火葬場の職員に対する心づけについてと、棺に入れる副葬品についてはルールがありますので、当日慌てることのないよう、あらかじめ知っておきましょう。

 

3-1葬儀社を通すか、または直接申込み


出典元:https://last-cleaning.com/funeral-service-procedure2-1700

 

葬儀社に依頼して、葬儀社が安西市総合斎苑に申し込みをする方法か、または葬儀社を通さずに直接個人で申し込む方法があります。

 

<葬儀社が予約する場合>

業者用の予約システムを導入していますので24時間いつでも葬儀社(安西市総合斎苑の登録業者)を通じて予約することができます。

なお、利用のためには、事前の登録が必要です。

 

<個人で申込みする場合>

まずは直接電話で申し込みをします。予約の受付時間は、午前9時から午後5時までです。

その後、安西市役所の窓口で死亡届を提出して、死体火葬許可証を受け取ります。

 

利用日の前日17時までに、安西市総合斎苑の窓口で使用申請の手続を行います。

死体火葬許可証を持参してください。手続きの受付は、午前9時から午後5 時までです。

 

使用料を納めた後に使用許可書と領収書を渡してくれますので、当日まで保管しておきます。

利用当日は、死体火葬許可証、使用許可書、領収書を持参していきます。

 

3-2職員への心づけは禁止


出典元:https://www.photo-ac.com/

 

一般的には火葬場の職員には、正規の使用料とは別に3,000円~10,000円程度の心づけを渡すことが多いです。

しかし愛西市総合斎苑は、公共施設です。

職員は公務員に準じますので、心づけは一切禁止されています。渡さないように注意してください。

 

3-3副葬品について


出典元:https://www.aeonlife.jp/mosyu/

 

納棺の際には、故人の思い出の品など、種々の副葬品を棺の中に入れることがありますが、物によっては危険な場合があります。

例えば、火葬中に爆発が起こる可能性のあるものや、火葬炉の破損につながるもの、遺体を損傷させる危険性のあるものがあります。

最悪の場合は、火葬の執行に支障をきたすことがあります。

 

また、危険物ではないものの、燃えにくいものもあります。

副葬品の中でも入れてはいけないものを次の通り列挙しますので、ルールを守るようにしてください。

ペースメーカーを装着している遺体は、事前に必ず葬儀社に相談して、係員に申し出るようにしてください。

 

<入れてはいけないもの>

危険物 スプレー缶、ライターなどの爆発の恐れがあるもの、アルコール類など
金属製品、プラスチック製品、ゴム製品、ガラス繊維製品など、遺体を損傷したり、火葬炉の破損につながるもの 腕時計、指輪、眼鏡、缶、おもちゃ、人形、

杖、ゴルフ用品、釣竿、ビン類、ボールなど

分厚い紙類や革製品、大きな果物など燃えにくいもの、衣類など 書籍、革靴、かばん、りんご、みかん、スイカ、メロン、多量の着物、毛布など
<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket