安城市総合斎苑(愛知県)の地図・アクセス、料金など詳しくご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2.安城市総合斎苑 利用の3つのメリット


出典元:http://www.sougiya.biz/

 

安城市総合斎苑は公営施設であり、火葬場併設の総合斎場です。

ここでは、公営ならではの施設利用のメリットについてご紹介します。

葬儀場を選ぶ際の情報として知っておくと役に立ちます。

 

2-1公営のため式場利用料が安価!


出典元:http://mikawa-sion.jp/

 

安城市民のための公営施設のため、民間の斎場と比べて経済的な価格で葬儀を執り行うことができます。

広大な敷地と、充実した施設内容でありながらも、リーズナブルな価格設定となっています。

 

特に故人が安城市民であれば火葬料金は無料で、式場や待合室、霊安室の利用も経済的です。

各施設の具体的な利用料金については、項目5で詳しくご紹介しています。

 

2-2併設の火葬場があるため移動の手間なし


出典元:https://www.ac-illust.com/

 

葬儀の全てを同じ敷地内で行うことができます。

一般的には、葬儀場と火葬場は離れたところにあるため、葬儀が終わったら移動のためにハイヤーやマイクロバス、霊柩車などを借りる必要があります。

 

安城市総合斎苑は火葬場が同じ建物内にあるため、徒歩で移動することができ、マイクロバスやタクシーなどの車両代がかからないとうメリットがあります。

費用が抑えられるだけでなく、移動の時間も短縮することができ、肉体的な疲労が軽減されます。

 

また、全てのセレモニーを同じ建物内で執り行うことができるため、天候がすぐれないときにも進行が滞ることはありません。

施設はバリアフリーに対応しているので、高齢の方や体が不自由な方であっても安心してご利用いただけます。

また、安城市総合斎苑には霊安室がありますので、病院から直接搬送することができる上、通夜まで安置できますので大変便利です。

 

2-3待合室への飲食物の持ち込み自由!

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

民間の斎場では、飲食物の持ち込みが禁止されているケースが多くあります。

安城市総合斎苑は、その点、待合室や控室への飲食物の持ち込みが自由となっています。

 

葬儀や収骨を待っている間に何か食べたり飲んだりしますので、自分たちで用意できると、費用が安く抑えられるメリットがあります。

館内には売店もありますので、足りない分は現地で調達することも可能です。

ゴミは斎苑で処理してくれませんので、各自で持ち帰るようにしましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket