セレモニーホールとはどんなところ?利用者も就職希望者も必見解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2.セレモニーホールの設備は何がある?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

自宅やお寺でのお葬式と違い色々と便利な「セレモニーホール」ですが、では具体的にはどのような設備があるのでしょうか?

あくまでお葬式に特化した会館であるので、荘厳なお葬式をするための会場としての設備、多くの弔問客が便利に訪れることができる設備、利用する遺族が不便なく利用できる設備など、地域などによっても違いはありますが、全国の多くの会館に標準的にある設備について解説していきます。

 

2.1.お葬式を行う荘厳な会場

やはりお葬式を行う会場である「セレモニーホール」ですから、一番肝心なのは、お通夜や告別式というお葬式のメインの儀式を行う会場としての設備です。

 

まずは、収容人数ですが、自宅では多くの方が弔問に訪れても、一度に家に入れる人数は限られています。

しかし「セレモニーホール」なら、100人や200人が一度に入れる会場はざらで、多い場合は500以上が入れる会場もあります。

 

また、会場には祭壇や焼香台などのお葬式をするのに必要な設備一式が揃い、お葬式を荘厳に演出する音響設備、夏や冬も快適にお葬式を行える冷暖房も完備しており、遺族は故人の供養に専念することができます。

もちろんこれらの設備の多くは、自宅でお葬式をおこなう場合は、葬儀社などが持ってこないといけませんので、搬入の手間や設備を置くスペースなどを考えると、その利便性がよくわかると思います。

 

2.2.参列者用の駐車場

自宅でお葬式を行う場合に困ることは、多くの弔問客が車の置き場所に困る駐車場などの問題や、場所がわかりにくいとか公共交通機関から遠くアクセスしにくいといった問題です。

 

多くの「セレモニーホール」はこういった問題を解決しています。

都会であれば、駅に近いなどのアクセスの良さを売りにしていたり、地方であれば広い駐車場を用意しています。

近くに広い駐車場を確保できない場合は、少し離れた場所に駐車場を設け、専用のバスで駐車場と会館をピストン輸送するなどの対応をしています。

 

2.3.宿泊ができるところも

「セレモニーホール」の設備の特徴の一つとして、宿泊ができるところも多くあるということが挙げられます。

お通夜の晩など、自宅と会館を行ったり来たりする必要がなく、またシャワーなども完備しており利用者に不便がないように配慮がされています。

とりあえず泊まれるようにという簡易な宿泊設備の会館から、ホテル顔負けの豪華な宿泊を提供する会館など、宿泊できる「セレモニーホール」でも葬儀社各社で様々な特色を出しています。

 

他にも、受付をするための広いロビースペースや、お坊さんや親族の控室、通夜振る舞いなどができる会場などお葬式に関連することが揃っています。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket