セレモニーホールとはどんなところ?利用者も就職希望者も必見解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3.セレモニーホールではどんなお葬式をするの?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

「セレモニーホール」とは、1.2.で説明したように、お葬式を執り行う会場であると同時に、葬儀社そのものをさします。

つまり「セレモニーホール」は、葬儀社がお葬式専門に扱う場所ですので、様々なお葬式に対応しています。

様々な設備が揃っている「セレモニーホール」ではどのようなお葬式がおこなえるのでしょうか?

 

3.1.一般的なお葬式

一般家庭のお葬式は、かつてはほとんど自宅などでおこなわれていました。

その代わりとして誕生した施設ですので、一般的なお葬式をすることがメインとなります。

 

一般的なお葬式は、遺体の安置、納棺、お通夜、通夜振る舞い、葬儀・告別式、火葬というのが主な流れです。

「セレモニーホール」でお葬式をする場合、葬儀社が自宅や病院に遺体をお迎えに行き、その後遺体の安置から葬儀・告別式までをすべておこなうことができます。

自宅でお葬式をおこなう際には、近所の方のお手伝いなどで成り立っていた駐車場などの誘導や、食事の用意も葬儀社のスタッフがおこなってくれますし、お坊さんの読経などに関する道具もそろっていますので、自宅でする以上のことが、遺族の手を煩わせることなくおこなうことができます。

 

3.2.家族葬などの小規模なお葬式から大規模な社葬まで

一般的なお葬式以外にも、家族葬などの小規模なお葬式や、社葬などの大規模なお葬式まで「セレモニーホール」ではおこなうことが可能な場合がほとんどです。

 

「セレモニーホール」の会場の大きさや、お葬式をおこなうホールをいくつ所有しているかにもよりますが、家族葬の場合、一般的なお葬式と同じホールでおこなう場合と、家族葬専門の小規模なホールがある場合とがあります。

また、社葬や大規模なお葬式の場合は、一般的なお葬式と同じ会場でおこなう場合もあれば、一般的なお葬式と同じ会場に加えて小ホールなども解放し、プロジェクターなどでお葬式の様子を同時中継する場合もあります。

さらに大きな会場が必要な場合で、「セレモニーホール」の収容人数を明らかに超える場合は、公営のホールや体育館などを借りる場合もあります。

 

3.3.直葬とセレモニーホールの関係

直葬(ちょくそう・じきそう)とは、お通夜や告別式をおこなわず、火葬場で読経をおこない、そのまま火葬をするという最もシンプルなお葬式です。

 

直葬をおこなう場合は、「セレモニーホール」は一見関係ないように思いますが、直葬をおこなう場合も葬儀社に依頼することになりますので、場合によっては「セレモニーホール」を使用することが出てきます。

それは、遺体は死後24時間以内は火葬をおこなうことができませんので、自宅かどこか別の場所で遺体の安置をする必要が出てきます。

自宅に安置できない場合に、「セレモニーホール」で安置をおこなってくれる場合があります。

また、遺体安置の際におこなう枕経や、直葬に集まった親族の食事なども「セレモニーホール」を利用できる場合もあります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket