弔問のマナー/服装、持ち物、挨拶の仕方、線香のあげ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

弔問とは、訃報を聞いて遺族のもとを訪ねてお悔やみの言葉を述べることをいいます。

お葬式には参列するけれども通夜前に駆けつけるケースや、所用によりお葬式に参列できなかった時に後日自宅に訪問するケースなどがあります。

通夜の前に弔問に伺うかどうかは、故人との関係性によって変わります。

 

いざ弔問しようとしたときに、どんな服装で行けばいいのか、供物や香典は持って行くのか、どのように挨拶をすればいいのか、線香のあげ方のマナーはどうか等、迷うことが多いのではないでしょうか。

この記事では、服装や持ち物、挨拶の仕方、線香のあげ方など、弔問時のマナーについて徹底的に解説します。

これを読めば、弔問のマナーがわかり、遺族に失礼のない振る舞いができるようになります。

 

大切な人の死によって遺族は大きなショックを受けています。

遺族の気持ちを思いやりながら、お悔やみの気持ちを伝えたいものです。

参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.弔問とは

2.訃報を受けたときの対応の仕方を3つご紹介!

3.弔問のマナー/服装編

4.弔問のマナー/持ち物編

5.弔問のマナー/挨拶・言葉編

6.弔問のマナー/当日の流れ編

7.弔問時のマナー/お線香のあげ方編

8.まとめ

1.弔問とは


出典元:http://ososhiki.bellco.co.jp/manner/

 

弔問について、知っておきたい基本的な内容についてご説明します。

訃報を受けてすぐに弔問するかどうかは、故人との関係性により対応が異なりますので、ご自身の場合に当てはめて考えてみましょう。

 

1-1弔問とは

弔問とは、訃報を聞いて遺族のもとを訪ねて、お悔やみの言葉を述べることをいいます。

広い意味では、お通夜でお悔やみを述べることや、お葬式に参列してお悔やみを述べることなども、弔問と言うことがあります。

 

ここでは、通夜の前や葬儀の後に遺族のもとを訪ねることについて主にご説明します。

大切な人が亡くなった直後ですので、弔問する際は遺族に配慮し、失礼にならないようにマナーを守ることが大切です。

 

1-2弔問する際に事前に確認しておくことは?


出典元:https://kazoku-so.info/sogigonochomon/

 

弔問する際は、事前に以下のことを確認しておきましょう。

・故人の名前、関係

・通夜・葬儀・告別式の日時や場所

・喪主

・故人が信仰している宗教(宗教によって、香典の書き方や持参する供物が異なりますので、きちんと確認しておくようにしましょう)

 

1-3弔問するかどうかは故人との関係性によって異なる

訃報を受けた際にどう対応するかは、故人との関係性によって異なります。

一般的に訃報を受けた後に、すぐに遺族のもとへ弔問するのは、ごく親しい友人であった方か、親しい親族などの近親者の方です。

 

ただし、弔問を遠慮したほうが良い場合もあります。

遺族が弔問を遠慮している場合や、自身が慶事を控えている場合、事故死・急死・変死など、事情がよくわからない場合は、すぐの弔問はしない方がよろしいでしょう。

弔問は、遺族の悲しみに寄り添うためにあります。遺族を悲しませる可能性がある場合は控えましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket