弔問とはなにか?いまさら聞けない事実が確実に見つかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

弔問って なんだか知っていますか?

「そんな当たり前のこと知っています!」と答える方はもちろんいらっしゃると思います。

しかし、意外と、「弔問って なんだっけ?」と意味や読み方にも疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

 

しかも、弔問に実際に行くとなったら、「マナーやお供え物・・・」とわからないこともたくさんありますよね。

 

けれど、この弔問もポイントを押さえておけば、心配なし。

事実、弔問における疑問は、ある程度決まっているからです。

 

そこで、この記事では弔問のマナーやお供え物、その他の弔問時に知っておきたい知識を紹介していこうと思います。

この記事を読んだ後には、「弔問は怖くない!」という大人の余裕が生まれているのではないでしょうか?

 

— この記事の目次 —

1.そもそも弔問ってなに?

2.弔問辞の服装はこれがベスト!

3.弔問時の意外に深い線香のこと

4.弔問はタイミングが大事!

5.ハズせない!弔問のお供え物はなにを持っていく?

6.想いを伝えるのは結局言葉、お悔やみの言葉は?

7.欠かせない香典のマナーって?

8.弔問の疑問を集めました!

9.まとめ

1.そもそも弔問ってなに?

出典元:https://www.bing.com/images/search?

 

ここでは、弔問について解説する上での前段階とも言える、そもそも弔問とはなんであるのか?に触れていこうと思います。

決して欠かせない知識あり、豆知識ありの内容ですよ。

 

1.1.知らないとまずい!?弔問の読み方

さて、まずこの熟語「弔問」はなんと読むでしょうか?

「うーん……」とうなっている方に正解を発表します。

弔う(とむらう)に問う(とう)と書いて、「チョウモン」と読みます。

 

意外と、聞き覚えのある言葉ではないでしょうか?

 

1.2.弔問とは?

弔問とは、故人(亡くなった方)の遺族の元を訪ね、お悔やみの言葉を述べることを言います。

訃報を受けたら、出来るだけ早く駆け付けることが原則なのですが、通夜の前に弔問をすることは近親者やごく親しい友人に限られます。

そのため、深い付き合いではないのであれば、通夜か葬儀、または葬儀後三日以降~四十九日の間に弔問すると良いでしょう。

 

そして反対に、近親者などの親密な関係であるならば、遺族は葬儀の準備などで忙しいでしょうから、手伝う、という場合もあります。

 

1.3.弔問前の確認事項はこれだ!

自分の知っている方、特に親しい方の訃報であれば、驚いたり悲しみが押し寄せてきたりするかもしれません。

しかし、取り乱して、死去した際の状況を根掘り葉掘り聞くのは非常識なことです。

ここでは、落ち着いて、弔問前には知っておくべきである次の事柄を聞いておきましょう。

 

○故人の名前・関係

必ずしも、故人と自分が面識があるわけではありません。

例えば、義母の弟や友人の家族関係、取引先の会長などであれば、知らない場合もありますよね。

そこで、「電話の相手の○○さんの義母の弟である△△さん」のように、はっきりと誰であるのかを把握しておく必要があるのです。

 

○通夜・葬儀・告別式の場所や日時

実際に、通夜・葬儀・告別式で弔問する場合でも必要な情報ですし、もし、それらの日に弔問できないのであれば、弔電を送る場合にも重要になってきます。

 

○喪主

葬儀等の中心となる方ですから、こちらも知っておいたほうが良いでしょう。

 

○故人が信仰している宗教

仏式やキリスト教式、神式などによって、香典の表書きやお供え物で贈ってよいものが異なるので、出来れば確認しておきましょう。

 

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket