男性用の喪服はスーツでよい?失礼のない喪服の選び方や着こなしは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

男性が喪服を選ぶときにまず迷うポイントは「スーツは喪服の代わりになるのか?」「礼服と喪服は違うのか?」といったところが多いです。

男性は普段の生活でスーツを着る方が多く、いつも着ているスーツやワイシャツ、ネクタイや靴が弔事でも使えるのならそれに越したことはないですよね。

また、スーツはスーツ専門店やデパートの他、ユニクロなどでも取り扱いがあります。喪服を買うにはどこが一番良いのでしょうか。

 

この記事では、礼服・喪服・スーツはどう違うのかや喪服の選び方・相場、小物について、どこで買うのがよいか、レンタル喪服などについてお伝えしていきます。

格好良く、失礼のない喪服の着こなしを身に着けましょう。

 

— この記事の目次 —

1.男性の礼服・喪服・スーツの違いとは?

2.夏や冬の葬儀での男性の喪服は?

3.弔事での男性のワイシャツや小物の注意点は?

4.男性の喪服の選び方や相場は?

5.男性の喪服はどこで買う?

6.男性用喪服のレンタルの仕方は?

7.男性の和装の喪服のマナーは?

8.まとめ

1.男性の礼服・喪服・スーツの違いとは?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

喪服のことを調べると、「礼服」「喪服」「ブラックフォーマル」などさまざまな言葉が使われており、ちょっと分かりにくいですね。

これらは、それぞれどういった意味で、違いはどこにあるのでしょうか。

また、よくある疑問としてビジネス用のスーツを喪服として着ることができるのかどうかについても、見ていきたいと思います。

 

1.1 礼服と喪服は兼用できるの?

礼服とは、「冠婚葬祭で着る服のこと」です。

冠婚葬祭は、「冠・元服(昔行われていた成人になるための儀式)」「婚・結婚式」「葬・お葬式」「祭・法事やお盆(祖先を祀る儀式、正月やひな祭りなどの年中行事も含む)」です。

このなかでも喪服は「葬」「祭」のときに着る服であり、つまり「礼服のカテゴリーの中に喪服が含まれる」ということになります。

 

男性の喪服はモーニングコートや和服、ブラックスーツなどの種類があります(1.3で解説いたします)。

ブラックスーツはブラックフォーマルとも呼ばれます。

男性の場合は特に、ネクタイを白に変えることで、喪服を慶事用の服として着用することができます。

 

1.2 ビジネス用の黒いスーツや、灰・紺のスーツは喪服になる?

ビジネススーツには、黒の目立たないストライプやダークグレー、濃紺などがあります。

そうした、普段着ているビジネス用のスーツは喪服として着ることができるのでしょうか?

マナー上では、通夜にはビジネススーツ、葬儀ではブラックフォーマルを着用するものとされています。

というのも、通夜に急いで駆けつける場合には、きっちりブラックフォーマルを着ていくと「不幸を予期していた」というイメージになってしまうからです。

 

しかし最近では、葬儀は身内で行い、一般の参列者は通夜のみに参列することが多くなりました。

一般参列者にとっては、通夜が故人との最後のお別れの場面となってきたのです。

そのため、一般参列者でも通夜にブラックフォーマルを着る場合がほとんどとなっています。

 

黒のビジネススーツは喪服として代用できそうですが、実はブラックフォーマルとは見た目がだいぶ違います。

まず色の違いですが、ブラックフォーマルは漆黒、ビジネススーツの黒はやや明るめです。

ビジネススーツの黒はポリエステルなどが入っているために少し光を反射するのです。

ブラックフォーマルの生地はウール、ビジネススーツの生地はポリエステル混が多いですね。

 

スタイルはブラックフォーマルがゆったりめ、ビジネススーツは細身です。

弔事では体の線が見えるようなデザインは男女ともに避けられます。

また、ブラックフォーマルにはビジネススーツの裾にある切れ目(ベント)がありません。

以上のような違いがあるため、ビジネススーツは喪服の代用にはならないのです。

 

1.3 正喪服・準喪服・略喪服とは?

喪服は格式の違いで、「正喪服」「準喪服」「略喪服」に分けられます。

正喪服

正喪服は喪主や喪主の配偶者、遺族など故人と近しい血縁の方が着る喪服です。

着用する場面は、葬儀・告別式から一周忌までとなります。

男性の洋装の正喪服は黒のモーニングコートに白いワイシャツ、小物は黒で統一します。

和装の場合は紋付羽織袴です。

 

一般参列者が格式の高い正喪服を着用するのはマナー違反です。

マナー上では故人の三親等までは正喪服を着ることができますが、最近では喪主も正喪服を着ることは少なくなっています。

モーニングコートや紋付羽織袴は弔事よりも、結婚式の新郎や新婦の父親が着用することが多いです。

 

準喪服

準喪服は喪主や遺族・親族、一般参列者などどなたでも着ることのできる喪服です。

これはブラックスーツ(ブラックフォーマル)と呼ばれるもので、1.2でご説明したとおりビジネススーツとは別のものです。

着用する場面は通夜、葬儀・告別式から一周忌までとなります。

和装の準喪服はグレーや濃紺などの色無地の長着で、袴は履いても履かなくても良いとされています。

 

略喪服

略喪服は、仮通夜や三回忌以降の法事に着用する喪服です。

男性ではビジネススーツの黒やダークグレー、濃紺などが略喪服となります。

 

1.2でも解説しましたが、お通夜では一般参列者の方は略喪服でよいとされていました。

しかし、最近ではお通夜のみに参列することが多いため、準喪服(ブラックフォーマル)を着る方が大半です。

和装の略喪服は準喪服と同じく、グレーや濃紺などの色無地の長着で、袴は履いても履かなくても良いとされています。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket