男性用の喪服はスーツでよい?失礼のない喪服の選び方や着こなしは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2.夏や冬の葬儀での男性の喪服は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

葬儀に参列するときに、気になることの一つとして暑さ・寒さ対策があります。

弔事の場合は過剰に対策をとると、それがマナー違反になりかねません。

ここでは夏と冬の葬儀では、男性はどのような服装をしたらよいのかを見てみたいと思います。

 

2.1 夏でも上着を着るべきなの?

暑い夏でも、ビジネスマンはスーツの上着を着ていますよね。

それがマナーとされているからですが、喪服を着るときもこれが適用されます。

到着するまでは脱いでいてもよいですが、着いたら着用するようにしましょう。

 

半袖のワイシャツを着て良いかどうかについてですが、マナー的にはお勧めできません。

袖から少しシャツが見えているくらいがちょうど良いですので、できれば長袖を着用しましょう。

場所や葬儀の流れによっては屋外で長時間待つときに、葬儀社の方から「上着を脱いでも良い」とアナウンスされるなんてこともなきにしもあらずですので、半袖は控えた方が無難です。

長袖でも、夏用の少し薄手のワイシャツを選ぶとよいですね。

 

夏用の喪服も販売されており、裏地をカット(背抜き)したり、生地を軽くしたりすることで涼しくできています。

生地は多少ポリエステルなどが混じっていますが、加工・染色技術が発達したため、深い黒を表現できつつあるようです。

また最近では葬祭場で葬儀を行うことが多いですが、その場合は冷房が効いていますので暑さで辛く感じることは少ないでしょう。

 

2.2 冬はコートを着てもよい?

寒い冬に喪服の上にコートを着るのは問題ありません。

しかし生地やデザインには若干注意が必要となります。

まず色ですが、黒やダークグレー、濃紺、茶などの地味な色を選びましょう。

 

形はシンプルなステンカラーコートやチェスターコート、トレンチコートなどにします。

しかしトレンチコートの場合は黒だと派手な印象になってしまいますから、黒以外の色にした方がよいでしょう。

 

また、弔事では殺生を感じさせるものは身に着けないというマナーがあります。

毛皮やファー、革などは避けた方がよいですね。

ダッフルコートやモッズコート、ピーコート、ダウンジャケットなどはカジュアルですので止めておきましょう。

 

2.3 オールシーズン対応の喪服でも大丈夫?

オールシーズンの喪服は生地が秋冬仕様で品格を保ち、裏地をカットすることで秋冬物よりは涼しいつくりとなっています。

そのため、秋冬物より夏涼しく冬は寒く、春夏物より夏は暑く冬は暖かいのです。

喪服を何枚も揃えるのが大変であれば、オールシーズンを1枚購入しておくのがよいでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket