男性用の喪服はスーツでよい?失礼のない喪服の選び方や着こなしは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3.弔事での男性のワイシャツや小物の注意点は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

次に、ワイシャツやその他の小物についてもマナーを見ていきましょう。

ちょっと細かく感じるかもしれませんが、そんなに難しくはありません。

腕時計などはうっかり忘れやすいので、頭に入れておきましょう。

 

3.1 ワイシャツの色・襟・カフスは?

まずワイシャツから見ていきましょう。

ワイシャツの色は白です。

黒やグレーは普段は地味な色とされていますが、ワイシャツの場合は派手な雰囲気を醸し出してしまいますので、白一択にしましょう。

 

白であってもストライプなど柄が入っているものは避けます。

生地はブロード素材のものを選んでください。

ブロードは自然な光沢があり、織目の細かい上品な生地です。

 

ブロードの中でも、綿または綿とポリエステルの混紡などを選ぶとよいでしょう。

シワ加工や麻、光沢の強すぎる生地などはカジュアルになってしまいますので、着用しない方がよいでしょう。

襟はレギュラーカラーまたはワイドカラーがお勧めです。

その他開きが大きな襟や、ボタンダウンなどはフォーマルな席には向きません。

 

カフスはシングル・ダブルのどちらでも大丈夫です。

しかしダブルカフスの場合は、カフスボタンは黒で、金属の部分は銀のものを選びましょう。

 

3.2 ネクタイは無地でないとダメ?

弔事でのネクタイは黒無地で光沢のないものにします。

柄は織り柄でもない方がよいでしょう。

 

ネクタイピンは光を反射しますので、つけないのがマナーです。

葬儀ではスーツの上着を脱ぐことはまずないので、ネクタイピンがなくても問題ありません。

つける場合は表に出ないように、小剣(ネクタイの細い方)とワイシャツのみ挟みましょう。

 

ネクタイの結び目は、プレーンノット(シンプルノットまたはシングルノットとも呼ばれる)がよいでしょう。

襟がワイドカラーの場合はプレーンノットより少し結び目の大きくなるセミウインザーノットがお勧めです。

また、結び目の下のくぼみ(ディンプル)は弔事では作らないのが基本です。

 

ネクタイは喪服と同時に購入することが多いと思います。

もしない場合は100均やキヨスクなどで購入しましょう。

コンビニは置いていないところもあります。

また、葬祭場で貸し出したり購入できたりすることもありますので、問い合わせてみましょう。

 

3.3 靴の色・形はどれがよい?

男性の葬儀の靴は革靴で、色は黒です。

葬儀では殺生を連想させるものは避けるのがマナーですが、靴やバッグ、ベルトなどは基本的に革や合成皮革で作られているため、着用してもよいことになっています。

 

形はストレートチップで内羽根のものを選びます。

ストレートチップとは、つま先に一本線が入っているようなデザインの靴です。

内羽根とは、紐を通す部分がV字にしか開かないものを言います。

 

<ストレートチップで内羽根の靴>

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

見た目がだいぶ地味ですが、葬儀社の方は大抵この靴を履いています。

他にはつま先に切り替えのないプレーントゥで内羽根のものもOKです。

外羽根のものやウイングチップ、Uチップ、ローファーなどは履かない方が良いですね。

革でもアニマル柄やスエード素材、金具のついたもの、エナメルは華やかな印象となるため、避けるべきです。

 

3.4 その他の小物のマナーは?

靴下も黒無地を履きましょう。

ワンポイントが入っているものや柄物はNGですし、白も履かない方が良いです。

ハンカチは、本来は白でしたが、最近は黒でも良いとされるようになりました。

ハンカチの素材は特に気にしなくても大丈夫です。

 

数珠は仏式の弔事には必ず必要な物ですので、購入しておきましょう。

数珠には男性用と女性用があります(一部兼用を販売しているところもあります)。

男性用の方が珠のサイズが大きく、色は黒や茶色などです。

 

数珠には108珠ある本式数珠と、短い略式数珠があります。

本式数珠は仏教の八宗(真言宗・天台宗・浄土宗・浄土真宗本願寺派・浄土真宗大谷派・日蓮宗・臨済宗・曹洞宗)ごとに決められた形のものがあります。

信仰の深い方は本式数珠を使いますが、家の宗派というだけであれば、略式数珠で十分です。

 

数珠は紳士服専門店やデパート、ホームセンター、コンビニなどに置いてありますし、ネットで購入もできます。

100均にもありますが、ちょっと安っぽいかもしれません。

数珠は使い終わったら購入したときの箱に入れて保管しましょう。

喪服のポケットなどに入れっぱなしにしておくと、房に変な癖がついてしまいます。

 

お香典やお布施を持って行く場合は、袱紗(ふくさ)に入れましょう。

袱紗は慶弔で色が違いますが、紫はどちらにも使えますので、1枚持っておくと便利です。

袱紗には爪でひっかけて留める風呂敷タイプ、金封の形の金封タイプ、お布施を渡すときのお盆のついた台付きタイプなどがありますので、使いやすいものを選びましょう。

袱紗も、数珠と同じようなところで販売されています。

 

葬儀では、男性は鞄を持ち歩くことは少ないです。

袱紗は長財布と一緒に内ポケットに入れ、曲がらないようにします。

 

バッグを持つのであれば、セカンドバッグで、大きなアタッシュケースは使いません。

色は黒ですが、黒でもエナメルやクロコダイルなど華やかさのあるものは避けましょう。

金属部分は装飾性のない銀色のものなら大丈夫です。

 

腕時計も派手なものは控える方が良いでしょう。

ベルト部分は銀色の金属製か黒の革ベルトで、文字盤は白、針はオーソドックスな三針のものがフォーマル向けです。

金属でも金色や、Gショックなどカジュアルな物はつけられません。

マナーに合うものを持っていない場合、葬儀用に腕時計を購入するというのももったいないですから、腕時計はつけずにスマホで時間を確認すると良いでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket