男性用の喪服はスーツでよい?失礼のない喪服の選び方や着こなしは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4.男性の喪服の選び方や相場は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

喪服はしょっちゅう買い替えるものではなく、一度購入すると10年くらいは着る方が多いです。

ですから間違いのないように慎重に選びたいものですね。

この章では、喪服を購入する際の相場や選び方を解説していきます。

 

4.1 いくらくらいを買う人が多い?

喪服はだいたい、20,000~50,000円くらいの値段のものを選ぶ方が多いようです。

高い物ですと100,000円以上のものがあり、安いものではネットで8,000円というものまで、かなり幅があります。

オーダーメイドでは200,000円以上になるものもあります。

 

4.2 喪服の値段が違う理由は?

喪服の値段の違いは主に、生地の質の違いや加工・染めの手間の違いが理由です。

生地はウールまたはウールとポリエステルが混じったものがほとんどですが、ウールの割合が多くなるほど高くなります。

ポリエステルが多いと生地が少し光ってしまい、安っぽい黒になりますが、ウールが多いと高級感のある美しい黒になります。

ただ、耐久性に優れているのはポリエステル混ですので、普段使いのスーツはポリエステル混の方が良いのです。

 

また、加工や染めの回数が多く手間をかけることで、やはり黒の美しさが際立ってきます。

高級なものは漆黒と呼ばれる深い黒となるのです。

しかしその分手間がかかっているため値段は高くなります。

 

4.3 男性の喪服はどう選ぶ?

長く着られるものを選ぶ

喪服はゆったりしたデザインで作られており、流行にとらわれるものではありません。

しかし最近では、若い人向けの細身のデザインも増えてきています。

細身もよいですが、喪服は着る機会が少ないですので、10年後も着られるようなものを選びましょう。

 

10年後を考えるとなると体型の変化が気になりますね。

しかしスーツは大きめのサイズを着るとかなり不格好になってしまいます。

アジャスターなどで調節できるものを選び、できればちょうど良いサイズで着用しましょう。

 

体型の変化が不安な場合は、レンタルを利用するのもお勧めです(6章で解説)。

ちょうどいいサイズにしたいなら、オーダーメイドも選択肢に入れましょう。

サイズを微調整するのみのパターンオーダーであれば、20,000~30,000円くらいから手軽にできます。

 

年代によってお勧めのデザインと相場は異なる

ブラックスーツにはダブルとシングルがあり、どちらを着用しても構いません。

しかしダブルは年配で恰幅の良い方が着ることが多いので、若い方だと浮いてしまう可能性があります。

また、スリーピースでもよいですが、その場合ベストも黒とします。

ズボンの裾はシングルを選んでください。

 

最初に1着購入するなら、オールシーズン対応のものを選びましょう。

年代別では、20代なら20,000~30,000円、30代以上であれば40,000~50,000円以上がお勧めです。

男性も年齢を重ねてきたら、特に冠婚葬祭ではしっかりとした仕立ての高級感のある生地の服を着用しましょう。

 

生地の見分け方に注意する

スーツの量販店でも良い生地を使ったものを安く販売していることがあります。

生地の違いはどう見分けたらよいのでしょうか。

ウールが多いのはもちろんですが、指でつまんだときにきめ細かくしっとりとなめらかで、弾力性のあるのが良い生地です。

また、シワになりにくく、復元力が高いという特徴もあります。

 

注意していただきたいのは、「Super表示」という生地の品質基準です。

これは80~250までの数字で繊維の細さを表しており、数字が大きいほど良い生地と言われています。

しかし、例え1%でもSuper120の繊維が入っていれば120の表示ができたり、原料の品質が示されていなかったり、織り方の違いが考慮されていなかったりなど、問題点も指摘されており、良い生地かどうかをこれだけで決めるのは難しいようです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket