男性用の喪服はスーツでよい?失礼のない喪服の選び方や着こなしは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6.男性用喪服のレンタルの仕方は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

喪服は購入する以外に、レンタルを利用するという方法もあります。

ここでは、日本全国で利用しやすい、ネットのレンタルについて解説いたします。

 

6.1 サイズはどこに合わせる?

ネットのレンタルで借りる場合、ぴったりのサイズを選べるのかどうか不安ですよね。

サイズはどこを測ればよいのでしょうか?

まず必要なのは身長とウエスト、バストのサイズがどれくらいかです。

 

この三点が分かれば、おおよそぴったりの喪服を選ぶことができます。

ウエストはおへその位置、バストは胸当たりで一番太くなっているところを測ってください。

 

男性は体型別で以下のように区分けされています。

J体型=バストとウェストの差が20cm

JY体型=バストとウェストの差が18cm

Y体型=バストとウェストの差が16cm

YA体型=バストとウェストの差が14cm

A体型=バストとウェストの差が12cm

AB体型=バストとウェストの差が10cm

B体型=バストとウェストの差が8cm

BB体型=バストとウェストの差が6cm

BE体型=バストとウェストの差が4cm

E体型=バストとウェストの差が0

 

J~YAはやせ型、Aが標準、AB~BBがゆとり体型、BE~Eが大きいサイズ、ほかにキングサイズのK体型やDX体型もあります。

これらを参考にして、ジャストサイズの喪服を選びましょう。

 

店によっては、これよりもっと細かく選べるところもあります。

発送後の返品・交換はできないことが多いので、サイズは丁寧に確認しましょう。

また、ジャケットとパンツを別のサイズで借りられたり、裾上げに対応していたりする店もあります。

 

6.2 レンタルの相場はいくらくらい?

男性用の喪服をレンタルした場合、三泊四日で設定されているのが一般的です。

相場はスーツ・ネクタイ・ベルトの3点セットでは5,000~7,000円くらい、それにワイシャツ、鞄、靴を加えると6,000〜10,000円くらいが平均的な相場となります。

数珠や袱紗を500円くらいで借りることもできます。

 

また、500円支払うことで、汚れたり破損したりしたときに保障を受けるサービスもあります。

レンタルの期間を延長するときは、1日当たり1,000円くらい支払う形となっているのが一般的です。

 

6.3 レンタルを利用するときの流れは?

レンタルを利用するときの流れは以下の通りです。

①サイトでレンタルしたい喪服を選び、注文します。

②注文確認メールが届いたら、支払いを済ませます。

③商品が届きます。

④利用を終えたら、着払いで返却します。

⑤返却確認メールが届きます。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket