男性用の喪服はスーツでよい?失礼のない喪服の選び方や着こなしは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

7.男性の和装の喪服のマナーは?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

最近では和装をする方が少なくなり、着ると目立ってしまいますね。

しかし葬儀にきちんとした服装をするのは、故人や遺族に礼を尽くすことです。

決して目立つために着物を着ているわけではなく、和装はマナーにかなったことなのです。

この章では、男性の弔事での和装についてお伝えいたします。

 

7.1 和装での格式の違いは?

1.3でお伝えしたように、和装の準喪服と略喪服の境はほとんどありませんので、正喪服についての解説と、準喪服・略喪服まとめての解説といたします。

 

正喪服

和装の正喪服は黒の羽二重、染め抜き五つ紋付で、袴は仙台平または博多平となります。

長襦袢と半襟は白またはグレー、羽織紐は黒か白で、平打ちまたは丸組みです。

足袋は白(地域によっては黒)、草履は畳表付で鼻緒が黒となります。

夏の生地は絽となります。

 

準喪服・略喪服

色無地の一つまたは三つ紋付の長着に羽織を合わせるか、紋のない長着で紋付の羽織を合わせます。

長着の色は紺、濃い鼠など地味な物にしましょう。

 

袴は仙台平で半襟・長襦袢は白かグレー、足袋は白(地域によっては黒)、草履は畳表付きで鼻緒は黒です。

準喪服・略喪服では袴は履いても履かなくてもどちらでも良いとされています。

 

袴紐の結び方は、冠婚葬祭では十文字結びとなります。

 

7.2 男性の和装レンタルの相場は?

着物をレンタルする場合は、一式着付け込みで20,000円くらいが相場です。

葬儀社に着付けとともに依頼するのが確実です。

また、貸衣装店・呉服店でも着付けとレンタルを取り扱っているところがあります。

 

7.3 仕立てるならリサイクル品がよい?

反物から仕立てる場合、1000,000円くらいからとなります。

呉服店や百貨店、ネットなどで取り扱いがあります。

また、リサイクル品を利用するともっと安く手に入りますし、サイズがない場合は大きめのものを仕立て直すという方法もあります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket