知っておけば安心!訃報の連絡、相手別による方法とその2つの対応法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

突然の家族とのお別れ。元気でいるときは考えもしなかったこと、または考えたくもなかったことですよね。ただし、誰にでもいずれその時はやって来ます。

そして、悲しみに沈む暇もなくお葬式の手配や準備などやるべきことはたくさんあります。その中でもまず最初にやるべきこと、それは親しい人やお世話になった方々へ、家族の死を知らせることです。

しかし、誰に、どのように伝えれば良いのでしょうか。また、急な連絡をもらった周りの人は、どう対応するのがスマートでしょうか。実は、連絡をもらった時にしてはいけないこともあるのです!

ここでは、普段はあまり考えたことはなかったけれども知っておきたい、訃報の連絡方法とその対応法に焦点を絞ってご紹介していきます。

これを読めば、万一の時にも落ち着いて対応をする準備ができるでしょう。突然の有事にも慌てず対応できるよう、ぜひご一読ください。

— この記事の目次 —
1.訃報連絡とは
2.訃報連絡をする5つのグループ
3.訃報連絡 電話でする場合
4.訃報連絡 メールでする場合
5.新聞に訃報掲載する場合
6.訃報連絡をもらった際の対応
7.いざという時のために準備して置くこと
まとめ

 

1.訃報連絡とは

出典元:https://www.pakutaso.com/nature/flower/

はじめに、訃報連絡とは何でしょうか。その名の通り、訃報(フホウ):死去のお知らせ を、親戚や友人や会社の人、またその他関係者の人々に連絡することを言います。

みなさんも新聞や地域広報の小さな欄で見たことがあるかもしれませんね。基本的に内容はとてもシンプルで、誰が亡くなって、いつお葬式があり、喪主の名前やどの人が連絡者であるのかが記載されています。

赤ちゃんが生まれるとみんな周りにその命の喜びを伝えますね。それと同じように、ある一つの命の終わりを伝えることもとても大事なことです。

ただ、誰に伝えれば良いのでしょうか。人は気づかぬうちに多くの人間関係のつながりを持つものです。フェイスブック上などで友達の数を把握することは可能ですが、実生活に置いてどのくらいの人と関係しているのかというのは自分自身でもわかりません。

何十年も会っていなくても、夢などで不意に小学生の頃に仲の良かった同級生が出てきて、あの子どうしてるかな、とふと気になることもあります。自分でも把握するのが難しい交友関係ですから、家族が故人の交友関係にあった人たち全てに死去を伝えるのは到底無理でしょう。ただし、いくつかのカテゴリーに分けて、連絡がわかる人にきちんと連絡しておくことで、いずれ伝い知れることもあります。

それではこれから実際に、いつ、誰に、何を、どのように伝えれば良いのか、詳しくご紹介していきます。

1-1. 訃報連絡をするタイミング

まず、いつ連絡するのが良いかということですが、まずは家族や故人と血縁関係のある親戚には、亡くなって病院や施設から自宅などに安置した後すぐにその死を知らせます。ご自分の会社の上司にはもちらん忌引きなどもあるのでその旨連絡しますが、故人が勤務していた会社や取引先などには、葬儀の日時が決定し次第、お知らせをします。

1-2. 訃報連絡は2段階

訃報連絡は2段階踏むのが良いでしょう。まず、家族や親戚、そして故人が特に親しかった友人がいる場合、その人たちに「亡くなったこと」を簡潔にお知らせします。その時に葬儀の詳細など詳しいことはまた後で連絡することを伝えるようにしましょう。人の死を受け入れるのには時間がかかります。また、突然のことなので予定を立てるのも難しく、悲しみも合わさってパニックになることもあります。なるべくシンプルに故人の死を伝えるのが第一段階です。

その後、葬儀屋さんと相談し、お葬式の日時や場所が決定した後に、もう一度改めてその詳細を伝えます。会社や自治会など、手続きも絡んで連絡が必要な相手には、詳細が決まった後に連絡する方がスムーズに進みます。

1-3. 訃報連絡の手段

訃報連絡は大きく分けて3通りあります。一つは電話で直接伝えること。一つはメールやFAXなどの文章で伝えること。そしてもう一つは新聞や広報、掲示板などで知らせることです。

基本的には電話で連絡することがマナーとして正しく、最も早く確実に伝わる方法と言えます。ただし、幅広い交友関係がある場合や会社など大きな組織になると、一人で電話をかけて回るのは負担が大きすぎますね。一斉連絡ができるメールはそういう時に大変役に立ちます。

後ほどその場合分けと詳しい連絡方法を記載しますが、大まかに分けると、関係が深い人には電話で、会社など大きな組織にはメールやFAXで、さらに連絡先がわからない不特定多数の人にはメディアを利用する、というように場合分けをします。

1-4. 訃報連絡の内容、大事なポイントは5つ!

さて、では、訃報連絡に必ず入れるべき要項です。基本的に5つあります。電話で伝える時はメモに書いて話すようにすれば伝え忘れずにすみますよ。

・亡くなった人のお名前 

・亡くなった日時 

・お通夜・告別式の日時と場所、できれば葬儀の形態(仏式・神式・教会式など)*まだ決まっていない時は後ほど連絡するということを伝える 

・自分の名前と連絡先 (責任者が別の場合はその人のお名前と連絡先)

・その他注意事項がもしあれば(家族葬なのでご近所や会社の方の参列はお断りすることなど)

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket