Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/smaho/osoushiki-blog.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

御仏前に使う不祝儀袋のマナーって何?7つの疑問を徹底解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「お葬式や法事に参列することになったけど香典に使う袋ってどんなのが良いかな?」

「そもそも「御仏前」で良かったっけ?あれ?ひょっとして「御霊前」だっけ?」

大丈夫と思っていてもいざとなると、よくわからないことは誰にでもあります。

 

そこで香典でも最も使う機会のある「御仏前」を取り上げて、詳しく説明します。

御仏前にまつわる疑問や悩み事は以下の7つにまとめることができます。

御仏前と御霊前の違い、御仏前に使うべき不祝儀袋、不祝儀袋のマナー、不祝儀袋に書く内容、中袋の書き方、袋に入れるお金についてのマナー、袱紗の使い方

 

それでは一つ一つ順番に説明していきましょう。

 

— この記事の目次 —

1. 御仏前は御霊前と何が違うの?

2. 御仏前に使う不祝儀袋とはどういう袋?

3. 御仏前に使う不祝儀袋にはどんなマナーがあるの?

4. 御仏前の不祝儀袋には具体的に何をどう書く?

5.御仏前に使う不祝儀袋の中袋の書き方は?

6.御仏前で不祝儀袋に入れるお金にもマナーがある?

7. 御仏前の不祝儀袋を包む袱紗はどう使うもの?

8. まとめ

1. 御仏前は御霊前と何が違うの?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

「御仏前」について、最も多い疑問が「御霊前」との違いに関してです。

通夜や葬儀、あるいは法要で香典を包む際に、「どちらを使用するべきか?」と毎回のように心配になります。

そこで、最初に御仏前と御霊前の違いをハッキリとさせておきましょう。

 

1-1.そもそも御仏前の意味とは?

「御仏前」は「ごぶつぜん」と読みます。

「ご仏前」と書く場合もありますが、「御佛前」という難しい漢字を使う場合もあります。

「仏」や「佛」という漢字が用いられていますように、仏教の儀式でのみ使われる言葉です。

意味はどれも同じですので、以下では「御仏前」として説明します。

 

御仏前の意味は、文字通り仏の前にお供えする「物」になります。

現在では、法要などでお供えするお金を包んだ香典を御仏前とよんでいます。

そして香典の表書きにも御仏前と書きます。

 

では、どうして「御仏前」の使い方が気になるかと言うと「御霊前」という言葉があるためです。

多くの仏教の教義では、人が亡くなると、すぐには仏にはなりません。

そのため仏となるまでは「御仏前」が使えないため「御霊前」を使います。

 

それでは「御仏前」と「御霊前」の違いを、他の言葉も含めて以下に詳しく説明します。

 

1-2.御霊前や他の言葉と御仏前の違いは何か?

結論を先に説明しますと以下のように御仏前と御霊前を使い分けます。

「御仏前」:四十九日の法要から

「御霊前」:四十九日の法要の前まで

ただし、地域によっては四十九日法要に「御霊前」を使用する場合もあるので、親戚の年配者や僧侶に確認をしておくと良いでしょう。

 

ではなぜ御仏前が四十九日の法要からなのでしょうか?

葬儀・告別式を終えると、法要を行います。

法要とは、故人の冥福を祈って供養をするためのものです。

 

この法要により故人の霊が極楽浄土に行くことができるというのが、仏教の多くの宗派の考え方です。

そして七日毎に供養して、七回目の四十九日の法要により「霊」から「仏」になるとされています。

そのため四十九日の法要から「御仏前」を使用するのです。

四十九日の法要は「忌明け」または「満中陰」ともよばれ、この日が忌中の最後となります。

 

ただし、四十九日の法要は必ずしも四十九日目の命日に行われるわけではありません。

お寺や参列者の都合を考慮して、四十九日前の週末や休日に行われることが多いです。

 

法要を行う際は、早めに行うことは良いとされています。

現在では初七日の法要は「繰り上げ初七日」といって葬儀・告別式に続いて行われることが多くなっています。

ただし三十三回忌のような年忌法要を別の年に前倒しするような場合は、事前にお寺や親族と十分相談するようにしましょう。

 

なお、神道やキリスト教では四十九日の法要はありません。

神道では「五十日祭」、キリスト教のカトリックでは「追悼ミサ」、プロテスタントでは「昇天記念日」を行います。

 

参考までに「御仏前」、「御霊前」の他に、表書きに使われる言葉と、使われる儀式やタイミングについて以下に整理しておきます。

「御香典 」:仏教での通夜、告別式

「御花料」: キリスト教での告別式、法要

「玉串料」:神道での告別式、法要

「御布施」:仏教での通夜、葬儀・告別式、法要でのお寺や僧侶への御礼

「御膳料」:仏教での通夜、葬儀・告別式、法要後の会食で僧侶が列席できない時の食事代

「御車代」:お通夜、告別式などでの交通費

「新盆御見舞」: 新盆(亡くなってから最初の御盆)

「御供物料」:法要

「御塔婆料」: 仏教での法要で、卒塔婆を立てる機会

 

1-3.御仏前はいつからいつまで使えるの?

「御仏前」は四十九日の法要の日から使えると説明しましたが、いつまで使えるのでしょうか?

基本的には、仏教での法要が行われる時であれば、いつでも使うことができます。

 

一般的に法要は、四十九日以降は「百ヶ日」を経て、年忌法要となります。

年忌法要とは、年ごとに祥月命日の月またはその命日に営まれる法要です。

「一周忌」、「三回忌」、「七回忌」と行われます。

現実的には参列者の都合に合わせて休みの日などに行われます。

 

「七回忌」以降の法要は、様々な行われ方があります。

一般的には「三十三回忌」を弔い上げ、問切りとして、ひとまずの区切りになります。

 

なお、浄土真宗では、人は亡くなるとすぐに仏になるという教義ですので、四十九日の法要の前であっても「御霊前」は使わずに「御仏前」を使います。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket