合同葬を行う意味とは?社会人として知っておきたいメリットとマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

企業に就職すると企業の社長や役員などといった重要なポストについている方が亡くなったときに社葬や合同葬に参列する機会もあるでしょう。

上司や取引先の方がいる中でマナー違反をしてしまうことは社会人として避けたいですよね。

 

そして、遺族は当事者となります。

個人で行う葬儀であれば好きに執り行えますが、合同葬では内容など会社と遺族双方が納得する必要がありますし、大規模になる分労力を使います。

 

それなのに、遺族は知識がないことで自分たちの意見が言えずに会社側に言われるがまま決まってしまったなどということはあってはいけないことです。

大切な家族とお別れをする機会ですから、必要最低限の知識は持ち合わせておきましょう。

 

— この記事の目次 —

1.合同葬で執り行う葬儀とその意味

2.合同葬の流れ

3.気になる合同葬の4つのメリットとは?

4.合同葬にはデメリットも!

5.一般葬とは大きく違う!気になる合同葬の費用とは

6.知らないと恥ずかしい合同葬のマナー

7.知っておきたい合同葬のお役立ち知識

8.まだまだある!合同葬の細かい疑問4選

まとめ

1.合同葬で執り行う葬儀とその意味

出典元:http://www.irasutoya.com/

 

合同葬がなぜ執り行われるのか、どのような意味があるかはご存知ですか?

遺族と会社が合同で執り行う葬儀という認識くらいしかないという方が多いのではないでしょうか。

 

ここでは、合同葬にはどのような意味があって執り行われるのかやどういった場合に合同葬が執り行われるのかなどについて詳しく説明していきます。

 

1-1.一般的に会社と遺族が合同で行う葬儀

社長など会社の重要人物が逝去された場合、その会社だけでなく社会的にも大きな影響を及ぼす恐れがあり、その訃報は社会的にも知らせる必要があります。

このような場合、個人的に遺族が葬儀を執り行うだけでは不十分であることから、合同葬が執り行われるのです。

 

また、合同葬が執り行われるのは、会社の重要人物が逝去された場合だけではありません。

合同葬は、正しくは2つ以上の家族や団体などが合同で執り行う葬儀です。

ですから、グループ会社の重要人物が逝去した場合に親会社と子会社が合同葬を執り行うこともあれば、多数の死者が出た大きな事故などがあった場合に遺族らとその事故を起こした原因となった会社とで合同葬を執り行うこともあるのです。

 

もちろん個人と個人が合同葬を執り行う場合もあります。

 

1-2.合同葬を執り行う意味

合同葬が執り行われる理由は様々ですが、やはり状況としてに多いのは会社の重要人物が逝去した場合に遺族と会社が施主となって執り行われる合同葬です。

このような場合でも、遺族は個人的に葬儀を執り行う方法と社葬を執り行う方法、合同葬を執り行う方法と3つの選択肢から選択をすることができます。

 

では、どのような場合に合同葬を執り行う意味があるのでしょうか。

まず、個人的に葬儀を執り行う場合ですが、先述のとおり逝去したことを社会的にも知らせる必要があることから葬儀は基本的にかなり大規模なものとなります。

そこまで大規模な葬儀を個人で執り行うのは肉体的負担、精神的負担、金銭的負担どれもが大きすぎてあまり現実的ではありません。

 

個人的には身内だけの小規模な葬儀を執り行い、別途お別れ会を開催するという方法もあります。

しかし、これでは2回葬儀を執り行うと同じことで肉体的負担、精神的負担、金銭的負担これらは軽減できません。

場合によっては更に負担が増える可能性もあります。

 

また、社葬を執り行うという選択肢もありますが、通常は個人で葬儀を執り行った後に会社が施主となって社葬を執り行うことになります。

これもまた結果的に葬儀を2回執り行うことになるのです。

 

もちろん葬儀は遺族と親族、ごく親しい友人だけでという意向があれば個人的に葬儀+社葬ということになりますが、葬儀は1回で良いということであれば、合同葬を執り行うのが良いでしょう。

 

1-3.宗教は故人に合わせるのが基本

合同葬を執り行う場合、施主となる遺族と会社でどのような内容にするかを話し合いの上決めなければなりませんが、遺族側から要望がなければ会社側としては金銭的負担と手間が少ない無宗教葬で葬儀を執り行いたいと考えることが多いようです。

しかし、合同葬の場合は基本的に故人の宗教に合わせるものなので、故人の宗教と要望は会社側にはっきり伝えるようにしましょう。

 

特に菩提寺がある場合、何も主張せずに無宗教葬を執り行ってしまうとお墓への納骨を断れてしまったり、改めて宗教儀礼や戒名をつけてもらわなければならなかったりする可能性が高いので注意してくださいね。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket