花祭壇は今や主流?人気の理由から弔事の花贈りマナーも教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

葬儀で使われる祭壇には長い歴史があり、『白木祭壇』が代表的な祭壇として選ばれていました。

ですが、最近では「故人が好きだった花で送ってあげたい」「綺麗な花を沢山使って華やかにしたい」など、本人らしさやオリジナリティを求めて、『花祭壇』を選ばれる方も増えているといいます。

 

そこで今回は、人気のある『花祭壇』にスポットを当て、人気の理由から価格やデザインなど『花祭壇』がわかる内容と、また、祭壇に飾る花だけでなく、お供えやお悔やみの花など葬儀に関わる『花』についても調べてみました。

 

『花祭壇』を知りたいだけでなく、「こんな葬儀をしてみたい」「弔事の花贈りのマナーを知りたい」そんな方も必見です!

ぜひ、これからの参考になさってください。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀で用いられる祭壇について知ろう

2.宗教別で見る祭壇の種類

3.花祭壇についてもっと詳しく知りたい!

4.花祭壇についての疑問に答えます

5.自宅葬で花祭壇を作るとき

6.祭壇に飾られた花たちは・・・葬儀の後はどうなるの?

7.お供えやお悔やみの花について知っておこう

8.この記事に関するまとめ

1.葬儀で用いられる祭壇について知ろう

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

葬儀で用いられる祭壇にはどのような意味があるか、ご存知でしょうか?

また、祭壇にはいくつかの種類があり、時代の流れとともに人気の祭壇にも変化が表れているのもご存知でしょうか?

ここでは、葬儀で用いられる祭壇とはなにか、そして、祭壇の種類についてお話しようと思います。

 

1-1.祭壇とはなにか、また祭壇の意味とは

祭壇とは、『葬儀壇(葬儀壇)』とも呼ばれ、故人の供養のために遺影や供物などを飾る壇のことです。

昔のお葬式に使われていた飾りが、その原型だと言われています。

 

元々は、小机に仏具や供物などを置いた簡素なものでした。

そして、徐々に2段3段と高さが増していき、戦後になると次第に大きくなり、現在のような立派な祭壇が葬儀に用いられるようになりました。

 

1-2.祭壇の種類とは

昔は、葬儀の際の祭壇の形はだいたい決まっていました。

ですが現在では、宗派にとらわれない葬儀を求める人や自分らしい葬儀がしたいという人が増えてきたために、さまざまな形の祭壇が増えています。

では、一体どのような祭壇があるのでしょうか?

 

①白木祭壇

昔から伝統的に使われている白木でできた祭壇で、代表的な祭壇といわれていました。

ひな壇のように段を組み、その上に写真台や位牌台などを配置します。

 

日本では元々、白木で作った輿(こし)に棺を入れて火葬場や埋葬地まで葬列を組み故人を見送る野辺送りという習慣がありました。

この野辺送りが原型になって生み出されたものだといわれており、野辺送りで使われていた輿が形を変えて白木祭壇になったといわれています。

 

白木祭壇は、天然木材の白木で組み立てられており、その風格から仏教式の葬儀を代表する祭壇としてよく使われていました。

仏教の要素を入れたものなので、宗教色が強いものになってしまう傾向があるようです。

きちんとした葬儀を行いたい人には人気ですが、オリジナリティを求める人は別の形を求めることも多いようです。

 

宗教や宗派によって、祭壇や供物、飾る花の種類まで違ってくるようです。

白木祭壇の費用は20~100万円程度といわれており、壇の大きさや材質デザインによっても変わってきます。

 

②花祭壇

花祭壇は、壇を花で飾る、花に囲まれた祭壇になります。

生花だけで祭壇を作り、その中に遺影や位牌を配置します。

 

四季折々の花を使って華やかにしたり、故人の好きだった花や思い出の花を使ったり、オリジナリティ豊かな祭壇を作ることができるので、今人気が高まっている祭壇です。

 

また、宗教色を感じさせないアレンジをすることができるので、宗教にこだわらない人に多く受け入れられています。

そして、家族葬など小規模な葬儀にも花祭壇を用いるケースが増えています。

 

以前は、花で祭壇を作ることはとても費用がかかりましたが、葬儀社や生花店の企業努力などで抑えた費用で花祭壇が作れるようになったことも、人気の一つになっているようです。

 

1-3.新しい種類の祭壇

葬儀で用いられる祭壇は白木祭壇と花祭壇以外だけでなく、最近ではオリジナルの祭壇など新しい種類の祭壇も出てきています。

宗教色を感じさせない祭壇や故人の好きだったものや仕事にちなんだものをイメージした祭壇など、形式にこだわらないオリジナルの祭壇の人気も出ているようです。

 

実際どのような祭壇があるのか、いくつかあげてみます。

 

• 折衷祭壇

白木と生花のどちらも取り入れる祭壇のこと。

白木祭壇に生花を足すことで、より華やかな印象の祭壇にすることができる。

 

• 遺影写真や棺を囲む祭壇

遺影写真や棺を囲うように生花を飾る祭壇。

自宅や少人数での葬儀をする方が選ばれることが多い。

立派な祭壇より、花をいっぱい飾ってあげたいという方や亡くなった方を近くに感じてお別れをしたいといった場合にオススメとされている。

 

• キャンドル祭壇

無宗教葬でよく見かける祭壇であるが、祭壇にキャンドルを添えることで幻想的な印象になる。

祭壇に組み込まれたキャンドルに献灯したり、献灯したキャンドルを水に浮かべるなど、キャンドルを活用した式にすることもできる。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket