花環は弔事と慶事どちらでも贈られる!基礎知識とマナーを徹底解明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3.慶事の花環ってどういうもの?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

3.1何色でも良いの?

白と黒を基調とした弔事の花環と比べると、慶事の花環は赤やピンク、青、黄色など明るい色を使い、華やかに目立つように仕上げています。

いろいろな色を使うことができますが、縁起の良い紅白をベースにすることが多く、贈り主の名前などを書く布も、白地の布を赤で縁取りしており、花環の足の部分も紅白で彩られています。

 

また、業者によっては特注でオリジナルの花環も取り扱っており、イニシャルや簡単なマーク、ロゴなどをデザインに取り入れることも可能なようです。

 

3.2慶事ならどんなシーンでも贈っていいの?

慶事の花環を目にするのは、お店のオープン記念やリニューアル記念などが多く、お祝いという意味だけではなく、華やかな花環で集客を狙っていることもあるようです。

 

それ以外にも、結婚式や誕生日、発表会や学園祭などさまざまなイベントでも花環を贈ることができます。

お店の外に大きな花環をズラリと並べる場合もあれば、場所を選ばない、室内用に作られた小さな花環もありますし、結婚式の受付にも置けるような卓上タイプの花環もあります。

大型の花環の場合は置く場所が限られますが、卓上タイプの花環であればどこにでも置けますし、記念に取っておくこともできるということで、インパクトのある贈り物として選ぶ人が多いようですよ。

 

卓上タイプのように、記念に取っておけるような花環は買い取りとなりますが、大きな花環は1週間~2週間程度のリースが一般的で、設置期限が過ぎたら業者が回収に来てくれます。

もちろん、設置期限は1日だけ、数日だけという場合も対応してくれる業者がほとんどですので、注文するときに確認しておきましょう。

 

3.3金額の相場が知りたい!

慶事の花環は大きさもさまざまで、色使いも幅が広く、相場もひとことで「この金額!」とはいいきれませんので、タイプ別にいくつかご紹介します。

 

弔事の花環と同じくらいの一般的なサイズの花環は、1基が15,000円~20,000円程度です。

高さ30㎝、幅15㎝ほどの卓上タイプは、1基が3,000円~5,000円程度です。

 

特注のオリジナルの花環は、1基が30,000円程度が相場ですが、デザインだけではなく大きさも要相談となりますので、金額にも幅があります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket