花環は弔事と慶事どちらでも贈られる!基礎知識とマナーを徹底解明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5.花環の設置の仕方を教えて!

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

花環を設置するのは業者です。

しかし、花環をどのように並べるのか、順番などを決めるのは業者ではなく、弔事の場合は喪主やご遺族、慶事の場合は受け取る側ですので、設置の仕方をご説明いたします。

 

5.1花環にも上座や下座があるって本当?!

上座は、最も上位の席で、地位の高い人、目上の人やお客様が座る席のことです。

下座は、最も下位の席で、地位の低い人、目下の人やお客様をもてなす側が座る席のことです。

 

会議室や宴会場などでは、基本的に入り口から遠い席が上座で、入り口に近い席が下座になります。

「上座と下座」を気にするのは、自宅にお客様をお招きしたときや、会社の飲み会、タクシーに乗るとき、エレベーターに乗るときなど、自分と上下関係にある人と一緒に行動するときが主な場面だと思いますが、花環を並べるときにも上座や下座があります。

 

弔事の場合、供花や供物は故人と関係の深い順番に、棺に近いところから並べて行きます。

花環は屋外に設置しますので、故人と関係の深い順番に、葬儀会場の玄関に近いところから並べて行きます。

 

先ほどご説明した、会議室や宴会場などでは「地位の高い人やお客様が上座」というのが基本ですので、花環なども地位や会社関係を考えながら並べなければならないと勘違いする人もいるようですが、故人との関係の深さが優先順位となり、基本的には喪主の判断で決めることが多いです。

 

まず、親戚の中で故人と関係が深い順番に並べて、友人、知人、関係者と続きます。

友人、知人、関係者も、故人と関係が深い順番に並べて行きます。

 

すべてを並べ終わってから花環や供花、供物が届いた場合は、故人との関係の深さを考慮してほかのものを並べ直すのも大変ですので、最後のところに足すように届けられた順番に並べて行きます。

 

慶事の場合は、地位の高い人や目上の人が上座になりますので、お店や会場の出入り口に最も近い場所が上座となります。

 

弔事でも慶事でも、花環が対で届いた場合は、両サイドに置いていくことになります。

どう並べれば良いのか迷った時は、花環を設置してくれる業者や、葬儀会場や葬儀社のスタッフなどに相談をすると良いでしょう。

 

花環を並べる時には立ち合い、名前などに間違いがないかを確認しながら、並べる順番の指示をするとトラブルがおこりにくくなります。

 

5.2設置が禁止されている場所もあるの?

弔事の場合、宗教や宗派、地域性や遺族の考えなどで花環を置かない場合もありますが、葬儀会場によっては、外観の問題、近隣の景観規定、設置スペースがない、強風で倒れたら困るなどの理由で花環の設置が禁止されている場合があります。

 

慶事の場合も、外観の問題や近隣の景観規定、設置スペースがない、強風で倒れたら困るなどの理由で花環の設置が禁止されていることがあります。

 

弔事でも慶事でも、花環を贈ろうと考えている人は必ず事前に「花環を設置することが可能かどうか」を確認する必要があります。

 

5.3花環はいつまで設置しておく?

弔事も慶事も、花環は基本的に業者からリースされるものですので、自分たちで勝手に処分をすることはできません。

花環は大きなものですから、設置するのも、回収するのも、業者がすべてやってくれます。

 

ただし、慶事で取り扱っている卓上タイプのような、記念に取っておくことができるものは、基本的に買い取りとなりますので、受け取る側が「もう設置しておかなくても良い」と判断したときに片付けると良いでしょう。

 

弔事の場合、花環の設置期間は当日か翌日までです。

一般的に、葬儀・告別式が終わったらすぐに業者が回収にやってきます。

 

慶事の場合、花環を設置する期間に決まりはありません。

花環の設置期間は当日だけでも良いですし、数日間、一週間、二週間など選ぶことができます。

 

贈り先に「どれくらいの期間設置しておくのか」を確認することができるのなら、その日数で業者に相談をすると対応してくれますのでご安心ください。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket