訃報の挨拶はどうする?出す時・受けた時の3ケースを文例で徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

8. まとめ

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

訃報に関する挨拶として、訃報の意味や伝え方、訃報を受けての挨拶(お悔みの挨拶)、お悔やみを受けた場合の返礼の挨拶の3つのケースで文例を交えて詳しく説明しました。

また、訃報にまつわる挨拶で気を付けるべきマナーについても説明しました。

 

訃報に関する挨拶で大切なことは、言葉そのものではありません。

喪主や遺族においては、お悔みいただいたことへの感謝の気持ちと故人が生前いただいた厚誼などへの感謝の気持ちが大切です。

参列者においては、故人への哀悼の気持ちと遺族をいたわる気持ちが大切です。

その気持ちが込められていれば、簡潔な言葉だけで気持ちは十分に伝わります。

 

急の訃報に接してなかなか適切な言葉が口から出てくることは難しいものです。

そういう場合には、ここで紹介しました文例を参考にしてみていただければと思います。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket