訃報のメール文例集!どう送る?知らないと困る5つの知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

訃報のメールをどうやって誰にどこまで送っていいかわからない・・・または書き方がわからない・・・そういうことってありますよね。

かといって、訃報の性質上送らないわけにもいかず、時間はどんどんと過ぎて行ってしまいます。

 

紙媒体の形で通達するのが正式ですが、迅速性と精確性が強く求められる昨今では、一度にたくさんの人に送れるメールで訃報を送ることも認められるようになってきています。

最近ではメールも一般に深く浸透しており、注意すべき点や配慮をきちんと踏まえていればとても有効な手段となりえます。

 

しっかりと対処をすることで、訃報メールを送るときに自信を持ってどのようなものを送ればいいのかを知ることができます。

このページを読んで是非訃報のメールを送るときの方法や文例などをしっかり把握していただけたらと思います。

 

— この記事の目次 —

1訃報、出すときと受け取るとき、どうすればいい?

2基本的な訃報の知らせ方や順番

3どこまで伝えればいい、訃報を送る範囲と順番

4訃報をメールで出す場合の注意

5訃報の書き方と、押さえるべき事項

6訃報メールの文例

7まとめ

1訃報、出すとき受け取るとき、どうすればいい?

出典元:https://www.pakutaso.com/20111032277post-703.html

 

訃報はいつも突然です。

出す方も受け取る方も戸惑ってしまいがちです。

余計な混乱が起こらないように、以下に対処をまとめていきたいと思います。

 

1-1訃報を出すときの注意点、必要な内容

・いつ、だれが逝去したのか

 

・喪主は誰なのか

 

・通夜、葬儀のスケジュール

 

・葬儀が行われる場所が斎場なら斎場までの地図、自宅なら自宅までの地図、葬儀の形式(仏教か神道かキリスト教式か)

 

・供花やお供物等を辞退する場合はその旨を記載する

 

・家族葬で親族以外の参列を断る場合はその旨を記載する、また、この場合に限っては出来れば葬儀・火葬後にお知らせする

 

ことを忘れないでおきましょう。

 

1-2訃報を受け取った時の注意点

過不足なく簡潔にお悔やみの言葉を述べましょう。

 

できればもちろんすぐに葬儀に参列するなどをした方が良いのですが、遠方ややむを得ない事情などで式に参列できないとき、あるいは訃報がメールで来た時にはひとまず落ち着いてお悔やみのメールを返信しましょう。

 

1-3訃報メールへの返信(お悔やみ)メール文例

件名:【△△銀行〇〇支店 有村より】お悔やみを申し上げます

本文:〇〇物産株式会社 

   営業部 佐藤夏美様

 

このたびはお身内にご不幸があったとお伺いし、本当に驚いております。

ご尊父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

心身共に大変な時期だと思いますがどうかお力落としのないように、くれぐれもご無理をなさいませんよう。

 

本来であれば直接お目にかかりお悔やみを申し上げたいところなのですが、都合により略儀ながらメールにて失礼をいたします。

 

△△銀行〇〇支店 東京都中央区日本橋〇〇ー✕✕

(役職)有村真純

tel:03-0000-0000

mail:※※※@※※※.co.jp

 

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket