訃報のメール文例集!どう送る?知らないと困る5つの知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6訃報メールの文例

出典元:http://www.ashinari.com/2012/02/26-358302.php

訃報メールには固定された書式はないのですが、伝えておくべき事項と守るべきマナーは存在します。

ですので、以下にいくつかの文例を上げていきたいと思います。

 

6-1家族の死亡を会社に連絡する場合の注意点と文例

自分の家族が亡くなった場合、会社を休むことになります。

この場合、業務に支障が出ないように早めに連絡をすることにしましょう。

電話での連絡が可能な時間帯であれば、取り急ぎ家族が亡くなった旨を電話で連絡するのも手です。

 

Eメールで家族の死亡を会社に連絡する場合、その連絡を受けた会社は、電報の手配や通夜・葬儀などへの出席の準備を始めます。

ですので、以下の情報を連絡するように心がけてください。

 

・死亡日時

・死亡した者の氏名・享年

・続柄

・死因(若すぎることやプライバシー保護に関わるなどの問題がある場合は、記載を避ける)

・通夜の日時、住所

・葬儀・告別式の日時・住所(斎場なら斎場までの地図と住所と連絡先)

・喪主の氏名

・喪主の連絡先(電話、住所、携帯電話、emailなど)

 

この連絡については喪主の氏名や斎場などの場所、細かな日時などを早く正確に伝える必要があるためメールで送ることが一般的です(またはFAXにて)

 

件名:【死亡届け】

 

平成〇年〇月〇日

 

営業部業務部一課長田中一郎殿

 

父が病気療養中の処、薬石効なく他界いたしましたので以下ご報告申し上げます。

 

死亡日時:平成〇〇年〇月〇日〇時〇〇分

死亡者氏名: 年齢 〇〇〇〇(振り仮名) 享年88歳

続柄:父

死因:〇〇〇〇のため(ただし、プライバシー保護の観点からや、享年が若すぎる場合、死因は書かないことがあります)

通夜:平成〇〇年〇月〇日(木)午後六時より

葬儀告別式:平成〇〇年〇月〇日(土)午後一時より午後二時まで

場所:〇〇斎場(住所、電話番号など忘れずに記載)

仏式:浄土真宗

喪主:〇〇〇〇(長男)(訃報を出した人と喪主が同一人物であるとは限らないため、喪主の氏名は必ず記載する必要があります。 また出席者が斎場に弔電や花束などを手配する際に喪主の氏名が必要となるためです)

備考:就業規則第〇条により〇月〇日から〇月〇日までの七日間慶弔休暇(慶弔休暇は義務付けがされている制度ではないので、申請の際には確認をすることが必要です)を申請させていただきます。

 

連絡先:営業部業務部〇〇〇〇までお願いいたします。

 

電話番号:自宅 00-000-0000

     携帯 000-0000-0000

     メールアドレス〇〇✕✕@email.co.jp

 

自宅住所:東京都〇〇区〇〇123-45

 

また、正式な死亡届に関しては通常、社会保険関係の届け出等を考慮して会社によってそれぞれに定められた書式がありますので、会社の規則または担当者の指示に従って早めに提出をしましょう。

 

6-2社員・役員の家族の死亡を社内に連絡する場合の注意点と文例

以前には社員の家族が亡くなられた場合には会社内の掲示板などでお知らせする場合も多かったのですが、今は勤務形態が複雑化したこともあり、メールを使ってお知らせすることも多くなってきました。

 

社員の中には通夜や葬儀や告別式に参列されたい方もいらっしゃいますので、業務の支障にならないように、家族から連絡があったら極力早めに会社に連絡を入れましょう。

 

通夜・葬儀・告別式の時間帯によっては、勤務終了後にかなり急いで斎場などにむかわなければならない場合や、忙しい業務の合間を縫って葬儀や告別式に参加することになる場合などが発生すると思われます。

 

そのため、斎場の場所がすぐわかるように斎場の住所や地図、連絡先などを忘れずに添付・記載するなどの配慮をして、参列したい方々がスムーズに斎場に到着できるようにしておきましょう。

 

記載すべき事項は6-1の事項とほぼ同じですが、細かな表現などに差異が出てきます。

気をつけましょう。

 

以下は文例となります。

件名:【訃報】

 

社員各位

 

営業部業務課〇〇〇〇殿のご尊父◇◇◇◇殿は、〇〇〇〇のため、〇月〇日〇時〇分に享年〇〇歳にて永眠なさいました。

 

通夜・葬儀及び告別式は下記により執り行われますので、故人のご冥福をお祈りし、謹んでここにお知らせ申し上げます。

 

・通夜 平成〇〇年〇月〇日午後〇時〇分より 〇〇県〇〇市〇〇町8-7のご自宅にて

 

(案内図を添付しましょう)

 

・葬儀・告別式 平成〇〇年〇月〇日 午後〇時〇分から午後〇時〇分まで 〇〇県〇〇市〇〇町6-5の〇〇斎場にて

 

(案内図を添付しましょう)

 

・喪主 妻 〇〇〇〇様

 

・備考:葬儀は(仏式/神式/キリスト教式/無宗教形式)にて執り行われます。

 

〇〇部〇〇課 〇〇〇〇

メールアドレス〇〇◇◇@email.co.jp

内線 〇〇〇〇ー〇〇〇〇

(社内で定められた署名をつけるのを忘れないようにしましょう)

 

6-3社員・役員の死亡を社内に連絡する場合の注意点と文例

会社の社員や役員が亡くなった時には、通常家族側から会社に連絡が入ります。

 

その際に聞いておくべき事項は、死亡日時・死因・通夜の日時・住所、葬儀・告別式の日時・住所(通夜の場所と葬儀、告別式の場所については地図や連絡先も忘れずに記載しておくと、誘導がスムーズに進みます)喪主の氏名、連絡先などです。

 

以下は文例です。

 

件名:【訃報】

 

社員各位

 

〇〇部〇〇課 佐藤一郎殿は〇〇〇〇のため、平成〇〇年〇月〇日〇時〇分、享年〇〇歳にて永眠なされました。

 

通夜及び葬儀・告別式は下記の日程により執り行われますので、故人のご冥福を心よりお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます。

 

・通夜 平成〇〇年〇月〇日午後〇時〇分より

〇〇県〇〇市〇〇町7-8のご自宅にて

 

(案内図を添付しましょう)

 

・葬儀・告別式 平成〇〇年午後〇月〇日〇時〇分から午後〇時〇分まで

〇〇県〇〇市〇〇町6-5の〇〇斎場にて

 

(案内図を添付しましょう)

 

・喪主 妻 〇〇〇〇様

・備考 葬儀は(仏式/神式/キリスト教式/無宗教形式)にて執り行われます。

 

6-4家族の死亡を関係者に連絡する場合の注意点と文例

家族が亡くなった場合、親戚、故人の勤務先、故人の同僚、故人の友人、近隣の方々、菩提寺などに連絡を取りましょう。

故人の友人や同僚については家族が必ずしも連絡先を全員把握しているとは限りません。

ですので、親しいご友人に連絡をする際に、「お手数ですが、関係者の方々へのご連絡をお願いいたします。皆様になにとぞよろしくお伝えください」という文面を添えると良いでしょう。

以下は文例となります。

 

件名:【訃報】

 

〇〇〇〇様

 

父 〇〇〇〇儀 長らく病気療養中のところ、薬石効なく平成〇〇年〇月〇日〇時〇分に逝去いたしました。

ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでお知らせ申し上げます。

 

通夜及び告別式は下記の通り(仏式/神式/キリスト教式/無宗教形式)にて執り行います。

 

・通夜 平成〇〇年〇月〇日 午後〇時より

〇〇県〇〇市〇〇町8-7の自宅にて

 

(案内図を添付しましょう)

 

・葬儀・告別式:平成〇〇年〇月〇日午後〇時〇分から午後〇時〇分まで

〇〇県〇〇市〇〇町6-5の〇〇斎場にて

 

(案内図を添付しましょう)

 

・喪主 妻 〇〇〇〇

 

尚、甚だ勝手ながらご供物は故人の遺志により謹んでご辞退申し上げます。

 

名前:〇〇〇〇

メールアドレス:〇〇〇〇@email.co.jp

住所:〇〇県〇〇市〇〇町〇ー〇

TEL:〇〇ー〇〇〇ー〇〇〇〇

FAX:〇〇ー〇〇〇ー〇〇〇〇

 

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket