これだけ知れば安心!失礼のない訃報の知らせ方と対応7つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

訃報の知らせを受けて返事をしなければならなかったり、訃報をしらせなければならない場面はいつかは誰にでもあることです。この時、正しい対応や知らせ方が分からずに困ってしまうということはありますよね?また葬儀の準備に追われ心身共に疲労してしまいます。

訃報の知らせは葬儀の準備の一部ですが、送り方を知っていればあせることもありません。今回正しいマナーに乗っ取った失礼のない訃報の知らせ方、返事の仕方を詳しく説明します。

これを知っておけばもしもの場面に直面しても正しく常識的な対応をすることが可能になります。ぜひこのページを読んで訃報の知らせに関する常識を身に付けましょう。またこれから訃報の知らせをする、知らせの返事をするという方もこのページを参考にして失礼のない適切な対応をしましょう。

— この記事の目次 —
1.そもそも訃報とは?
2.訃報を受けたときはどうしたらいいの?遺族に失礼にならないコツ
3.葬儀に行くときに知っておくべきマナー
4.訃報の知らせを受けたけどどうしても出席できない!葬儀に行けないときの対処法
5.訃報を知らせるときの注意すべきポイント3選
6.分かりやすい訃報の知らせを書くコツ!
7.新聞でよく見る訃報の知らせ。そのやり方とは?
まとめ

 

1.そもそも訃報とは?

出典元:https://www.okinawasougi.jp/

1.1.訃報とは何?

訃報の知らせとは誰かがなくなったという知らせのことです。

家族や親族が亡くなったという知らせを電報やメールで受けることがありますよね?これが訃報の知らせです。

1.2.訃報の知らせってどんなことが書いてるの?

訃報の知らせには主に『亡くなった人の名前』『葬式やお通夜の日程と場所』『宗派』『喪主が誰か』などが書いてあります。

訃報の知らせには故人が亡くなられたということに加え、葬儀や通夜に必要な情報が書かれています。

1.3.訃報の知らせの現状 今と昔の違い

訃報の知らせは昔、電報や回覧板、新聞の訃報欄などで連絡が届くことが多かったです。

しかし、現在は電話やメールなど色々な媒体で伝えられることがあります。有名人の訃報をテレビで見るということもよくありますよね。

また昔は葬儀を家で行うのが一般的でしたが、近年は会場を借りて行うことが多いです。そのため第一報では葬儀の詳細が書かれておらず、亡くなったという事実だけを伝える場合もあります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket