不祝儀とは?不祝儀袋のマナーや疑問をすべて解説いたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2.不祝儀袋の書き方は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

では次に不祝儀袋の書き方を見ていきましょう。

どのような書き方が正しいのか、詳しく解説いたします。

 

2.1 筆文字でないとだめ?薄墨のマナーとは?

不祝儀袋は筆または筆ペンを使うのが正式とされています。

また、四十九日前には薄墨を使うというマナーがあります。

 

なぜ薄墨かというと、墨をする暇もなかったとか、涙で墨が薄れてしまったことを表すためだからだそうです。

四十九日以降の法事の場合は、死後ある程度日が経っており、日程もあらかじめ決まっているため、黒い墨を用います。

 

現代は筆ペンもありますので、墨をすること自体少ないのですが、薄墨でないといけないでしょうか?

実際のところは、薄墨でなくても特に問題はありません。

というのも市販の不祝儀袋は黒で表書きが印刷されており、もし薄墨が守るべきマナーなら、印刷も薄墨になっているはずだからです。

 

もし薄墨が良ければ金封を販売しているコーナーなどに薄墨の筆ペンも販売していますので、それを使うとよいでしょう。

ところで、市販の封筒は黒い文字だから逆に黒で書かないとバランスが悪くておかしい、といった意見もあるようです。

しかし四十九日前の遺族は、書いてある文字が薄墨か黒かといったところを気にする余裕はまずないですから、そこまでは考えなくてもよいでしょう。

 

筆や筆ペン以外の筆記用具を使用するのはどうでしょうか。

これについては、中袋はどうしても筆で書けなければボールペンでも良いとされています。

 

外袋は表書きが筆文字で印刷されていますので、ボールペンではさすがに見た目があまり良くないです。

ボールペンではなく太めのサインペンで書きましょう。

 

2.2 不祝儀袋の金額で使う漢数字とは?

不祝儀袋に金額を書くときは、漢数字の旧字体を使用します。

漢数字は線を引くだけで改ざんできてしまうため、それを防止するためです。

一→壱 二→弐 三→参 五→伍 十→拾 千→仟、阡 万→萬 円→圓

 

他の数字は通常使っている漢字を使用します。

しかし四・六・八などの偶数は避けられることが多いです(二万円は例外)。

また、四・九は死・苦を連想させるので使われません。

 

不祝儀袋には、金額を書く欄が横書きになっているものがありますが、その場合は算用数字で記入してもOKです。

金額の前には「金参萬圓」などのように「金」をつけます。

なお、圓のあとに「也」をつけるかどうかは意見が分かれており、正解は特にないようです。

 

2.3 外袋・中袋の書き方は?

外袋は水引の下の真ん中に、フルネームで名前を書きます。

こちらを連名や会社で包む場合の書き方は、次の3章でお伝えいたします。

 

まず中袋がない場合の書き方です。

外袋の裏に住所・電話番号・金額を書く欄がありますので、そこに記入します。

欄が横向きであれば算用数字でよく、「円」・「圓」のどちらでも構いません。

 

お香典返しのときに必要になりますので、住所だけでなく郵便番号も記入しましょう。

電話番号も書いてあれば親切です。

もし書く欄がなければ左下に縦書きで書いてください。

 

<中袋なしの場合の裏面>

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

中袋がある場合は、表に金額、裏に住所・氏名を記入してください。

「也」はつけてもつけなくてもどちらでも良いです。

 

<中袋おもて>

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

<中袋うら>

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

また、中袋は糊で貼る必要はなく、〆も要りません。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket