不祝儀とは?不祝儀袋のマナーや疑問をすべて解説いたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3.複数人や会社で包む場合の書き方は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

次に、複数人や会社で包む場合にはどのように書くかをお伝えします。

特に夫婦でお香典を出すときには、注意することが他より多くあるので気をつけましょう。

 

3.1 夫婦で包むときの書き方は?

夫婦で包む場合は、基本的には夫の名前を書きます。

特に、親戚の弔事などでは夫の名前だけにすることが多いです。

というのも、弔事は個人ではなく、家単位での付き合いとなるため一人の名前で良いのです。

なぜ夫の名前かというと、夫をたてるという慣習が残っているからです。

 

しかし夫婦ともに縁の深かった友人や、夫婦で参列する場合には連名でも良いでしょう。

夫婦連名ではまず夫の名前をフルネームで書き、その隣に妻の下の名前のみを書くのが一般的です。

地域によっては夫婦連名はマナー違反とされることもありますので、その地域に詳しい方に確認した方がよいでしょう。

また、夫婦で別々の不祝儀袋にすると、夫婦仲を勘ぐられたりなどすることもあるようです。

 

夫の会社関係の葬儀などに、妻が代理で参列する場合には夫のフルネームを書いてから、左下に小さく「内」と書いておきます。

なぜこんな書き方をするのかというと、遺族が後で芳名帳や香典帳と突き合わせて、「誰が実際に参列してくださったのか」「どの家、または誰の名義でお香典をいただいたのか」ということを知るためです。

芳名帳や香典帳にも、同じく夫のフルネームを書き、小さく「内」と記入します。

 

3.2 連名で書く場合はどうする?

連名で書く場合には、不祝儀袋の表面に書くのは3名までです。

名前を書く順番は目上の方(上司や年配の方など)から、右→左となります。

 

4名以上になる場合は、代表者のフルネームを書き、左隣に他一同(外一同)と書いてください。

そして中袋に別紙を入れ、そこに全員の住所と氏名、それぞれが入れた金額を書きましょう。

 

3.3 会社関係での不祝儀袋のマナーとは?

会社からお香典を出す場合は、会社名をまず書き、その隣に役職名+フルネームを書きます。

役職名が長いときには役職名の次の行にフルネームを書いてください。

上司の代わりに参列したときは、会社名を書き、その隣に上司の役職名+上司の名前を書いたあと、その下の方に小さく「代」と書きます。

 

部や課などでまとめてお香典をお包みする場合は、会社名の隣に〇〇部(課)一同と書いてください。

そして中袋に、お香典を出した方の氏名、入れた金額を書いた別紙を入れます。

故人が取引先の方の場合は、会社名と代表取締役社長名を書きます。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket