不祝儀とは?不祝儀袋のマナーや疑問をすべて解説いたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4.不祝儀袋の包み方やお札の入れ方は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

冠婚葬祭では、包み方やお札の入れ方などにもルールがあります。

しかもこれは、祝儀と不祝儀では逆になっていたりするので、うっかり間違えると冷や汗をかくことになりそうですね。

間違えないように、ここで確認しておきましょう。

 

4.1 お札の向きは?新札は折るの?

お札は肖像のある方を裏側・下にして入れます。

 

<お札を入れる向き>

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

また、新札は、死のために準備していたという解釈となるために四十九日前には使わないこととされています。

新札を使う場合は、真ん中でいったん折り目をつけてから入れるようにします。

端を折るといった方法もあるようですが、遺族側からすると揃えにくく、処理しづらいのではないでしょうか。

また、使用されたお札が良いといっても、破れているなどあまりボロボロではやはり失礼にあたりますので、多少のシワや折り目のあるものを選びましょう。

 

ところで四十九日以降の法事には新札と使用されたお札のどちらを使うと良いのでしょうか。

これについては正解というものはないようです。

正解がないとなると、決めるのは個人個人となりますが、気になるようなら目上の方などに聞いてみるのも一つの方法でしょう。

 

マナーの専門家の方や一般の方の間でも、新札を使っても良い・使用されたお札を使うべきなどと意見は分かれています。

参考に、それぞれの理由を書き出してみますね。

使用されたお札を主張する理由は「葬儀で昔からそういうマナーだから」「その方が無難ではないか」というものが挙げられていました。

新札を主張する理由は「実際新札が多く、そのことで誰かが怒ったりもしなかった」「葬儀のマナーではそうでも、死後日数が経っているから関係ないのでは」「マナーは変化していくものだから」といったものが挙げられていました。

 

4.2 外袋のたたみ方は?

不祝儀袋の中袋は封筒型ですが、外袋は中袋を包む形になっています。

たたむ順番は決まっていて、左→右→下→上の順となります。

これを上→下とすると祝儀袋のやり方になってしまいますので、ご注意ください。

そうしてたたんだあと、水引が別にあればそれを通します。

 

4.3 ふくさの包み方は?

不祝儀袋を包むときの袱紗(ふくさ)は弔事用のものを使います。

弔事用はうぐいす色、緑色、深緑色、灰緑色、グレー、灰青色、紺色、紫色などの色です。

紫は祝儀・不祝儀のどちらでも使用できますので、紫を一つ購入しておくと便利です。

 

袱紗の形には、金封袱紗、爪付き袱紗、台付き袱紗などの種類があり、それぞれ入れるだいたいの金額が決まっています。

金封袱紗は封筒を入れられるようにポケット状になっており、 1~3万円くらいを包むときに使用します。

風呂敷のような形の爪付き袱紗や、切手盆(金封をお渡しするときに乗せるお盆)がついているタイプは3万円以上を包むときに使います。

 

金封袱紗の場合は左開きになるように不祝儀袋を入れます(祝儀では逆)。

爪付き袱紗と切手盆付きタイプはまず、裏返してひし形に広げます(爪は左に来るように)。

不祝儀袋を下図の位置に乗せ、右・下・上・左の順に折って最後は爪で留めてください。

 

<袱紗の包み方>

出典元:https://www.ac-illust.com/

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket