不祝儀とは?不祝儀袋のマナーや疑問をすべて解説いたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

7.不祝儀についてのその他の疑問にお答え!

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

それでは最後に、不祝儀についてのその他の疑問にお答えしていきましょう。

不祝儀袋・袱紗の購入できる場所や、袱紗を購入するときの注意点、お香典の郵送の仕方についてお伝えします。

 

7.1 不祝儀袋はどこで買える?

不祝儀袋はコンビニや百均、スーパーやドラッグストア、文具売り場、ネット通販などさまざまなところで買うことができます。

大抵のところでは筆ペンも一緒に置いてありますので、持っていなければ一緒に購入しておきましょう。

百均では店舗によっては、中袋のないタイプなど簡易なものしか置いていないこともあります。

 

7.2 袱紗を購入するときの注意点は?

袱紗は文具コーナーのある大手スーパーやホームセンター、文具店、呉服店、百貨店、スーツの専門店などで購入することができます。

コンビニやドラッグストアでも店舗によっては置いていることもあります。

数珠を持っていない場合はこちらも一緒に購入しましょう。

 

袱紗は百均でも置いていますが、やはり値段なりですので急いでいる場合以外はおすすめしません。

数珠も百均ではおもちゃっぽいものが多いです。

 

袱紗の色は4.3でお伝えしたように、うぐいす色、緑色、深緑色、灰緑色、グレー、灰青色、紺色、紫色で、慶弔のどちらにも使える紫色が便利です。

店によっては、山吹色やグレー、紺色を慶弔両用としているところもあるようです。

種類は金封袱紗、爪付き袱紗、台付き袱紗などですが、お香典が30,000円以下であれば金封袱紗、それ以上なら風呂敷タイプの爪付き袱紗や台付き袱紗となります(30,000円ならどちらを使用しても可)。

 

台付きのものはお渡しするのに便利ですが、かさばりますので、弔事用のバッグに入るかどうかがポイントです。

切手盆がリバーシブルになっていると、祝儀・不祝儀のどちらでも使えるので重宝します。

 

爪付き・台付きなどの風呂敷タイプはシワや折り目がつかないように、ふわっとたたんで保管してください。

ちなみにふわっと畳むことを「ふくさめる」と言い、袱紗はこれが語源となっています。

 

7.3 お香典を郵送するには?

お香典を郵送する場合は、お金を不祝儀袋に入れて現金書留で送ってください。

現金書留の封筒には大きさが2種類ありますので、不祝儀袋のサイズに合わせて選びましょう。

現金書留は郵便局からしか送ることができません。

本局であれば土日祝日や遅い時間でも開いていますので、お近くの本局を調べてみてください。

 

宛先は喪主の自宅となります。

便箋にお悔やみの言葉を書いて入れておきましょう。

お悔やみの言葉は「忌み言葉」を避けるようにします。

 

忌み言葉とは、縁起をかつぎ、結婚や葬儀などで使わない方が良いとされている言葉です。

葬儀などの弔事では、不幸が重なることを連想させる言葉や、直接死を表現する言葉を避けます。

具体的には以下のような言葉となります。

 

重ねる 二重 かさねがさね また 再び たびたび いよいよ 返す返す 追う 続いて 繰り返し ますます 次々

消える 浮かばれない 迷う 死 生きる ご存命中 四 九

 

死や死亡といった言葉は逝去や他界・永眠に、ご存命中はご生前に言い換えます。

また、「大往生」「天寿を全うする」は遺族側のみが使える言葉です。

 

同様の理由(重なる)で、便箋は2枚にならないようにしてください。

送るタイミングは、お香典返しが二度手間にならないよう、葬儀後2~3日から1週間以内には送るとよいでしょう。

葬儀後すぐはあわただしくて迷惑なのではないかと思われがちですが、遺族はお香典の整理をして、お香典返しの手続きを早めに済ませたいものです。

葬儀のあと日にちが経ってから訃報連絡が来て知った場合も、なるべく早く送りましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket