一日葬って?流れや費用など気になる7つの疑問を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

3.一日葬が家族葬よりも安くできる理由とは?

会葬者の人数が同じであっても、家族葬より一日葬のほうが、費用は安くすむと言われています。

その理由を考えてみましょう。

3.1.葬儀費用は場合によって違います

2日間のお葬式をひらく場合に比べて会場の使用日数が少なくなる場合には、葬儀費用が安くなることがあります。

しかし、前日から準備が必要だからという理由で、特に安くならない場合もありますので、葬儀社に確認が必要です。

また、祭壇や供花は通夜と同じものを葬儀告別式でも使用するため、一日葬だからといってこれらの費用が安くなるわけではありません。

家族葬とは別に一日葬のプランがしっかりある葬儀社では、半額とまではいかないものの、一日葬の方が安く設定されている場合が多いです。

しかし、祭壇などのランクも下がっていることがあるため、チェックが必要です。

3.2.安くなることが多い実費

一日葬では通夜振る舞いや通夜の返礼品がないため、その分の費用が安くなります。

3.3.要検討!宗教者へのお礼

宗教者のお礼に関しては、読経1回につきいくらと単価が決まっているわけではないので、一日葬だからといってお礼を少なくしてもよいという決まりはありません。

菩提寺がなく、経済的に苦しい場合は葬儀社が僧侶を手配してくれるプランもあります。

その場合は、料金も提示されており、一般葬や家族葬よりも一日葬の方が低料金の場合が多いです。

10万円以下でお願いできるプランもあります。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket