一日葬って?流れや費用など気になる7つの疑問を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

7.一日葬で気を付けたいマナーや服装は?

7.1.香典辞退は、会葬礼状や事前連絡で

一日葬の場合は、香典はいらないのか?という質問をよく耳にします。

そもそも香典とは、突然の不幸による出費に対する助け合いの精神から始まったもので、一日葬だからいらないという決まりはありません。

基本的には故人の家族が香典を辞退するか否かを決めます。

一日葬を選ぶ方は、どちらかというと香典を辞退される方が多いようです。

香典や供花を辞退する場合の喪主側のマナーとしては、当日よりも事前に代表者を通して辞退する旨を連絡する方がよいでしょう。

香典を辞退する場合には、受付に香典を辞退する旨を書いた看板を立ててわかりやすくし、会葬礼状でもご案内をするとよいでしょう。

香典を渡しに来られた方がいた場合は、香典をお持ちいただいたことへの感謝の気持ちと、辞退する理由を丁寧に伝えるようにしましょう。

ここで気を付けたいことは、香典や供花を辞退する場合でも、会葬礼状と返礼品は必要であるという点です。

会葬礼状と返礼品は、葬儀告別式に来ていただいたことに対するお礼なので、香典や供花辞退に関わらず、準備しておきます。

返礼品は地域や葬儀社により様々ですが一般的には1人あたり1,000~1,500円ほどの金額で、煎茶、ハンカチセット、クオカードなどがあります。

これらのものは葬儀社が用意してくれます。

残った場合は引き取ってもらえることが多いため、見込まれる会葬者数より多めに発注しておくことが無難です。

参列者側のマナーとしては、香典辞退の連絡がない場合は、香典を用意して参列します。

香典辞退の連絡があったときには、故人や遺族の気持ちを尊重しましょう。

ただし、香典を辞退する場合でも、親族からの香典まで断ることはめったにありませんので、親族の葬儀の場合は香典を用意しておいた方が無難です。

その場合、受付では渡さず、受付後に喪主に直接渡すことが多いです。

7.2.香典を受け取ったら、香典返しが必要

香典や供花を受け取った場合には、必ず香典返しをします。

一般的には、仏式は四十九日で忌明けとなりますので、忌明け法要を行い、喪主のあいさつ状を添えて香典返しをします。

品物の金額は、香典の半分程度の額が一般的で、香典の額に応じて3段階程度の品物を用意することが多いようです。

高級茶やブランドタオル、カタログギフトなどが選ばれることが多いです。

ただし、こちらも地域の風習が強く関係する内容ですので、地元の葬儀社に相談するとよいかもしれません。

7.3.香典の相場は?故人との関係を考慮しよう

香典を用意する時に知っておきたいのが、香典の相場です。

香典の相場は、故人との関係性によって変化します。

一般的な相場としては、

①祖父母…10,000円

②親…50,000円、100,000円

③兄弟姉妹…50,000円

④叔父・叔母…10,000円

⑤上記以外の親戚…5,000円、10,000円

⑥職場関係や勤務先社員の家族…5,000円

⑦友人…5,000円

⑧近隣の人…3,000円、5,000円

となっています。

一日葬だからこの相場が変化するかと言えば、一般的にはそんなことはありません。

7.4.意外に多い!?弔電への対応

一日葬では、出席できない会葬者が多い分、弔電が届く場合があります。

弔電を頂いた場合は、後日必ずあいさつ状を送るようにしましょう。

あいさつ状の一例をご紹介します。

========

拝啓

このたびは故○○の葬儀に、ご丁寧に弔電を賜り、誠にありがとうございました。

おかげさまで葬儀告別式は滞りなく済ませることができました。

生前のご厚情に感謝申しあげますとともに、今後も変わらぬご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

本来であれば、お目にかかりお礼を申し上げるべきところですが、取り急ぎ、書面にてお礼かたがたご挨拶を申し上げます。

敬具 平成○○年〇月○日

喪主 ○○〇

========

7.5.一日葬だからカジュアルでもOK?一日葬の服装とは

服装も、一日葬だからといって軽装でよいわけではなく、一般葬となんら違いはありません。

男性の葬儀告別式の正式礼服はモーニングです。

上着と共布のベストを着用し、慶事用の白襟はとります。

モーニングがない場合はブラックスーツを着用します。

ワイシャツは必ず白色を着用し、黒のネクタイで、ネクタイピンはつけません。

黒靴下、黒靴を着用し、結婚指輪以外のアクセサリーは外します。

女性は黒のワンピース、アンサンブル、スーツを着用します。

肌をあまり見せないのが原則で、夏場も五分袖まであるものが望ましいです。

黒いストッキング、黒靴を着用し、アクセサリーは結婚指輪と白黒の真珠の一連ネックレス、イヤーリング程度にします。

真珠のネックレスを二連にすると、「重なる」というイメージを連想させるため、葬儀には厳禁です。

メークも薄めにし、カラフルなネイルも避けます。

殺生を連想させる毛皮のコートや光沢のあるものを身に着けないようにします。

鞄も布製の黒色無地のものがよいです。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket