自宅で行う葬儀「自宅葬」のメリットや費用、マナーまで徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

7.おさえておきたい自宅葬のマナー

出典元:https://www.photo-ac.com/

もろもろの確認もでき、実際に自宅葬を行う、と決めたら、周りの方に配慮し、失礼のないように執り行いたいですよね。

ここでは、守るべきマナーについてご説明いたします。

7.1 近隣への配慮

棺や参列者が出入りすることになりますので、事前にご近所の方にはご挨拶しておくことがマナー上、望ましいです。人の出入りや話し声による騒音やお焼香のにおいもあるため、場合によっては今後のご近所付き合いに影響があることもありえます。必ず前もってお伝えしておきましょう。

ご近所付き合いがある場合には、お手伝いを名乗り出てくださる方もいるかと思います。近親者のみで行いたい場合には、きちんと丁重にお断りしておくことも必要になってきます。

7.2 知人、関係者への配慮

故人の会社の方々、知人、友人など関係する方で故人とのつながりを大切にしてくれていた方は少なからずいらっしゃるはずです。

「なぜ教えてくれなかったのだ」というお叱りを後から受けないためにも、近親者のみで行う場合、その旨を事前に伝えておきましょう。お伝えすると、香典をいただく場合もあると思います。もし、そのような煩わしさを避けたいという場合には、やはりその旨も合わせてお伝えしておくとよいでしょう。一人から受け取ってしまってから、ほかの方からの申し出をお断りするとトラブルになりかねません。

また、親族の方々の中には近親者のみで行うことへの抵抗がある方がいらっしゃる可能性もあります。事前にきちんとご説明しておくことが重要です。

さらには、参列できなかった友人、知人の方々が後日弔問に訪れることも通常の葬儀に比べ増えます。その対応が必要なことも認識しておくとよいでしょう。

7.3 服装について

こちらは会葬者の方が気にされる点ではありますが、服装については通常の葬儀と同様、男性はダークスーツに黒のネクタイ、女性は黒もしくは黒に近い色のスーツ、、黒の靴、ストッキングであればよいとされています。

ただし、しかし、火葬場に出向く場合、宗教者が来られる場合はきちんと喪服を着る事が必要になります。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket