数珠の使い方を知るには3つの観点と3つのポイントをおさえよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

7. 数珠のブランド「京念珠」

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

最後に数珠と言えば京都が本場ですので、京都の数珠「京念珠」について説明しましょう。

日本全国の数珠の約9割は京都で作られています。

 

7-1.京念珠とは何か

「京念珠」とは、特許庁に商標登録された伝統工芸品の「地域ブランド京念珠」のことです。

京念珠ブランドを示す「京念珠組合」のタグがついているのが京都数珠製造卸協同組合で京念珠と認められた数珠になります。

ですから京念珠を購入する際にはタグを確認することがポイントです。

 

7-2.京念珠の作り方、自作するには

京念珠は一つ一つの珠を通し、房を付け、編み込みまですべて職人の手作りです。

職人の経験が活かされた数珠は丈夫で長持ちすると高く評価されています。

 

最近は観光も体験型となり、京念珠の手作りも体験することができます。

京都市内にある老舗の数珠専門店などでは数珠手作り体験を受け付けているところが多いので、京都観光の際には是非お試しください。

 

7-3.「数珠」、「珠数」、「京念珠」、「念珠」、「念誦」の違いとは

数珠については、様々な漢字や呼び方があります。

「数珠」・「珠数」・「京念珠」・「念珠」・「念誦」はすべて同じものです。

呼び方は異なりますが、基本的に数珠に変わりありません。

 

あえて付け加えるとすると、「数珠」・「珠数」は数を数えることに重きをおいています。

「念珠」・「念誦」は数珠を使用する際に念じることに重きをおいています。

「京念珠」は京都の職人が手作りした数珠で京都数珠製造卸協同組合が認めたものです。

 

7-4.京都にある数珠巡礼って何?

仏教の巡礼と言いますと、八十八か所巡りのように霊場を訪れ納経して御朱印をいただくようなことを意味します。

京都を中心に滋賀・兵庫でおこなわれている「数珠巡礼」とは、社寺を巡り祈願した社寺名の入った数珠玉を集めて数珠にするというものです。

それで作った数珠は夫々の寺社を参拝した証となって、自分用の世界に一つだけの数珠になりますし自分を守るお守りともなります。

 

数珠は本来108個の珠を集めなければなりませんが、108を割った数(27・36・54)でも、とりあえずの数でも数珠にしてもらえます。

時間を取って数珠巡礼をしてみるのも良い体験になるかもしれません。

 

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket