冠婚葬祭、それぞれのマナーや服装について簡単にまとめてみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5.冠婚葬祭「葬:葬儀」のマナーが知りたい!

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

5.1訃報の知らせを受けたらどうしよう?

電話などで訃報の知らせを受けたら、まずは「心よりお悔やみ申し上げます」など、お悔やみの言葉を伝えます。

ご遺族は近しい人を亡くした悲しみの中、多くの人に訃報を伝えなければなりませんので、死因を尋ねたり、とりみだして騒いだり、長話をしたりすることは控えましょう。

 

そして、お通夜や葬儀・告別式の日程、宗教・宗派はなんなのか、喪主は誰なのかを確認し、参列できない場合は香典を誰かに預けたり、弔電や供花を手配するなどします。

 

5.2香典の相場や、香典袋の書き方

香典は、故人とあなたの関係によって異なります。

それぞれ見てみましょう。

 

 あなたからみてどういう関係か あなたが20代の場合  あなたが30代の場合 あなたが40代以上の場合
祖父母 1万円 1万円~3万円 3万円~
自分の両親 3万円~10万円 5万円~10万円 10万円~
義理の両親 3万円~10万円 5万円~10万円 10万円~
兄弟・姉妹 3万円~5万円 5万円 5万円~
叔父・叔母 1万円 1万円~2万円 1万円~3万円
その他の親戚 3,000円~1万円 3,000円~2万円 3,000円~3万円
上司 5,000円 5,000円~1万円 1万円
上司の家族 3,000円~5,000円 3,000円~1万円 5,000円~1万円
同僚や部下、後輩 5,000円 5,000円~1万円 1万円~
同僚や部下、後輩の家族 3,000円~5,000円 3,000円~1万円 3,000円~1万円
友人・知人 5,000円 5,000円~1万円 5,000円~1万円
友人・知人の親 3,000円~5,000円 3,000円~1万円 3,000円~1万円
先生や恩師 3,000円~5,000円 3,000円~1万円 3,000円~1万円
隣近所の人 3,000円~5,000円 3,000円~1万円 3,000円~1万円

 

結婚式の御祝儀と同じように、香典にも親族だけのルールなどがありますので事前に確認しておきましょう。

また、香典は1世帯にひとつという考え方なので、夫婦で参列する場合や、子どもも一緒に参列する場合でも、金額は一人分で問題ありません。

 

香典袋の表書きは、宗教・宗派によって異なります。

 

浄土真宗以外の仏式の場合は「御香料」「御霊前」「御香典」など、浄土真宗は「御仏前」「御香料」と書きます。

仏教だけれど、宗派まではわからない・・・という場合は「御香料」と書くと良いでしょう。

 

神式は多くの宗派がありますが、表書きは共通しており「御神前」「御榊料」「御玉串料」と書きます。

 

キリスト教式の場合は「御花料」と書きます。

キリスト教のカトリックでは「御ミサ料」と書くこともあります。

プロテスタントとカトリック、どちらかわからない場合は「御花料」と書くと良いでしょう。

 

宗教がわからない場合は「御霊前」と書くのが一般的です。

「御霊前」は、浄土真宗やキリスト教のプロテスタントでは使うことができませんが、「宗教がわからない場合は御霊前と書く」というのが一般的ですので、ご遺族もそこまで気にすることはないでしょう。

 

5.3葬儀に参列するときに気を付けること

忌み言葉は使わない

「度々(たびたび)」「返す返す」「ますます」「再び」など、不幸を繰り返すことをイメージしてしまう言葉や、「死ぬ」「事故死」「自殺」など、死に対して直接的な言葉は忌み言葉といって、葬儀の場では避けるべき言葉とされています。

 

自分から故人と対面を申し出ない

故人との対面は、ご遺族がすすめたときに限ります。

自分から申し出ることはご遺族への配慮に欠けますので、気を付けてください。

 

時間厳守!

お通夜や葬儀・告別式では、受付などがありますので遅くとも10分前には到着するようにします。

読経中に着席することは避け、諸事情で遅れるときは会場スタッフの指示に従います。

 

通夜ぶるまいは断らない

通夜ぶるまいは故人を供養する目的もあります。

ご遺族から通夜ぶるまいを促されたら、一口だけでも良いので箸をつけるようにします。

しかし、長居をするとご遺族の負担となりますので、頃合いを見て失礼しましょう。

 

香典は新札を用いない

準備期間がある結婚式の御祝儀とは異なり、葬儀は突然のことですので新札は避けます。

 

新札だと「死ぬことを待っていたのではないか?」「死を予感していたのか?」と思われてしまいますので、手元に新札しかない場合でも折り目をつけてから包むようにします。

しかし、あまりに汚れているお札はかえって失礼にあたりますので気をつけましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket