火葬の料金を徹底調査!費用を抑えるための3つの必読ポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

火葬をするにあたり、やることはわかっていても料金が一体いくらかかるのかは想像できない人がほとんどです。

現在の日本では、人が亡くなったら火葬しないと弔うことができませんから火葬することは必須となっています。

お金がないからやめておくということはできません。

 

そこで火葬に関する料金について徹底調査します。

そして火葬の料金をなるべく低く抑えるための3つのポイントについて説明します。

 

もう一つ、お葬式に関する費用を抑えるという観点から直葬についても説明します。

さらに大切なペットを火葬する際に必要となる料金についても紹介します。

 

— この記事の目次 —

1.火葬についておさらいします

2.火葬の料金は何で違う?

3.火葬の料金の相場を徹底調査

4.火葬の料金を抑えるポイント①

5.火葬の料金を抑えるポイント②

6.火葬の料金を抑えるポイント③

7.ペットの火葬の料金の相場を調査

8.まとめ

1.火葬についておさらいします

出典元:http://www.irasutoya.com/

 

そもそもですが、最初に火葬することについて理解をしておきたいと思います。

お墓かどこかに埋葬することで済むなら、その方が手間なく容易にできそうな気がするからです。

 

1ー1.火葬って、そもそもどうすること?

火葬とは、遺体を火で焼いて骨にすることです。

その遺骨を埋めたり、お寺などに安置することで弔います。

 

火葬そのものは縄文時代の遺跡の発掘により、太古の時代からおこなわれてきていることがわかっています。

火葬に付されていたのは身分の高い人だけだったようですが、鎌倉仏教で特に浄土真宗が火葬を推奨したこともあり、庶民の間でも火葬が広まりました。

 

現在では、火葬されている割合が実に99.96%もあります。

つまり何らかの特別な事情がない限りは火葬にされることになります。

 

1ー2.火葬とそれ以外の方法

日本では火葬以外の方法としては土葬と風葬がおこなわれてきました。

 

土葬は、遺体を棺か甕にいれて土に埋めるものです。

時間がかかりますが、やがては遺体すべてが土に還ります。

 

風葬は、遺体を地上に放置するものです。

鎌倉時代ころまでは、庶民はごく普通に風葬されていました。

 

1ー3.火葬はしなければいけないの?

現在では風葬は法律的に認められていません。

遺体遺棄にあたる犯罪になってしまいます。

 

火葬にしても土葬にしても、所轄の役所に火葬申請書や埋葬申請書を提出して許可証を交付してもらう必要があります。

土葬については、衛生上の問題もあり条例で禁止されている地域が多いです。

そもそも土葬できるだけの埋葬用の土地が無いというのが実態です。

 

結果的に火葬許可申請をして、火葬後に遺骨を埋葬する以外の選択肢を選ぶことができない状態です。

そのことが火葬率99.96%という数字になって現れているのです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket