火葬料金の相場は?葬儀費用を安く抑える方法教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

3.居住地以外で火葬はできる?

出典元:http://www.seiten.co.jp/facility/kasou.html

3-.1居住地以外でも火葬は可能

先ほどの東京の23区と八王子市の料金の違いを見ると、住んでいる地域で火葬を行わず、他の地域で火葬を行えばいいんじゃないかと考える人もいると思います。

結論から言うと居住地以外でも火葬を行うことは可能です。

民間の火葬場を利用すれば、居住地外の方の利用でも居住地の方の利用でも火葬の料金は変わりません。

ただ、他の地域で火葬した方が安くなるのじゃないかという理由で他の地域で火葬を行いたいと考えている場合は、少し考え直した方がいいかもしれません。

3-2.居住地以外で火葬を行うデメリット

居住地以外で火葬を行うということは、火葬場までの距離が長くなってしまうということです。
その分余計に移動やご遺体の運搬に費用が掛かってしまいます。

さらに注意しないといけないのが、公営火葬場を利用したいときです。

公営の火葬場は市民の税金で運営されています。
その地域の人たちは税金を支払っているから民間火葬場より比較的安く公営火葬場を利用できるわけです。
ということは当然、税金を支払っていない地域の公営火葬場を利用する場合は、税金を支払っている市民と同じ料金で公営火葬場を利用できるわけがありませんね。

そのため、市外料金が適用されます。
市外料金は民間火葬場の火葬料金より高くなることもあるので、しっかり確認する必要があります。

また、地域外の火葬場で火葬することはできても、市営斎場は使用できないという場合もあります。
この場合居住地域外の公営火葬場を利用するメリットは何もないので、考え直した方が良いでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket