火葬料金の相場は?葬儀費用を安く抑える方法教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

4.火葬に税金ってかかるの?

出典元:https://www.pakutaso.com/20141121322post-4843.html

4-1.火葬料は非課税取引

葬儀に関する費用には葬儀料や戒名料など様々なものがあります。

その中でも埋葬料・火葬料に関しては非課税取引になります。

なので火葬自体には税金はかかりません。

しかし、埋葬料・火葬料以外の項目に関しては課税対象となります。

ちなみに僧侶のお布施や戒名料は不課税となります。

4-2.火葬場使用料補助金

民間の火葬場を利用した場合や、市外の火葬場を利用した場合に、負担の軽減を図る目的で、自治体が火葬場使用料の一部を補助する制度があります。

自治体によって様々な制限や制約はありますが、あなたの住んでいる地域にも利用できる制度があるかもしれないので、自治体のホームページを確認してみてください。

場合によっては、「当該自治体以外の火葬場で火葬した場合に火葬料金が5万円を超えたときに3万円の補助金」などという条例がある自治体もあるので、自治体のホームページを確認してみて、利用できる制度があれば積極的に利用しましょう。

4-3.葬儀費用の確定申告について

確定申告といえば、税務署に前年の所得を報告し、税金の過払いや不足分を調整するというものです。

葬儀にかかる費用は最初にも言いましたが平均で189万円。

なかなか簡単に支払える金額ではないため、葬儀にかかった費用は税金の控除を受けられるのか気になる人は多いと思います。

結論から言うと、葬儀にかかった費用は確定申告しても税金の控除は受けられません。

しかし、まったくチャンスがないわけではありません。

どういうことかというと、確定申告ではなくて、「相続税申告」をすれば、葬儀費用が控除されるんです

相続税とは、個人から財産を譲り受けた人が払う税金のこと。

その相続税から、葬儀費用分の税金を免除するという制度があるんです。

この制度で控除の対象となるのは「葬式をやるにあたり必ず発生するであろう費用」です。

具体的にどんなものが葬儀費用に該当するかというと

・通夜、告別式に際し葬儀会社に支払った費用
・通夜、告別式にかかる飲食費用
・葬儀の際にお手伝いしてもらった人などへの心付け
・お寺などへ支払ったお布施、戒名料、読経料など
・埋葬、火葬、納骨にかかった費用
・遺体の捜索、死体や遺骨の運搬費
・通夜や告別式当日に参列者に渡す会葬御礼費用

などがここでいう葬儀費用に当たります。

一方、香典返戻費用や、墓碑、位牌等の購入費用などは該当しないので注意が必要です。

葬儀費用の控除を申請する場合は、葬儀費用の領収書が必要になるので、必ず葬儀を依頼した業者に発行してもらいましょう

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket