火葬時間と待ち時間の過ごし方は?火葬における7つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

日本では、亡くなると火葬することが一般的です。

しかし、火葬にどのくらいの時間がかかるのか、待ち時間はどのようにして過ごすのか、火葬場や火葬の基本的な流れなどについては、あまり知らない人が多いのではないでしょうか。

いざ葬儀を行うことになった場合に、火葬場でどのように過ごしていいのかわからず困ってしまうこともあるでしょう。

 

ここでは、大人や子供の火葬時間、待ち時間の過ごし方について詳しくご説明します。

また、火葬のマナーや基本的な流れ、火葬場についても合わせてご紹介します。

火葬時間や待ち時間の過ごし方など、基本的な内容を知っておくことで、落ち着いて故人を見送ることができるようになります。

 

火葬に立ち会う場合も、マナーを守って遺族や故人に失礼のないようにしたいものです。

火葬時間を始めとする7つのポイントを理解し、大切な故人を心を込めて見送っていただきたいと思います。

 

— この記事の目次 —

1.火葬の手続きにはこんなものがある

2.火葬時間はどのくらいかかるもの?火葬時間にまつわる4つの疑問

3.火葬の待ち時間はどう過ごす?

4.火葬の基本的な流れ5ステップをご紹介!

5.出棺・火葬に立ち会うときに気をつけるべきマナー3つ

6.骨上げとは?

7.火葬場について知っておくべき3つのこと

8.まとめ

1.火葬の手続きにはこんなものがある


出典元:http://ososhiki.bellco.co.jp/

 

火葬するためには、許可が必要です。まず死亡届を提出して火葬許可証をもらいましょう。

さらに死後24時間経っていないと、火葬できないルールになっています。

 

 1-1火葬の意味とは

火葬とは、遺体を焼却して荼毘にふすことをいいます。

現在の日本では、火葬率は99.9%と、ほぼ火葬が占めています。

 

ただし、「土葬してはならない」と法律で決まっているわけではありません。

ヨーロッパやアメリカなどでは、現代も土葬という埋葬方法が主流ですが、日本では、衛生面や土葬する土地の確保が難しいなどの理由で、制限をかけている自治体がたくさんあります。

 

火葬は、もともとは仏教とともに日本に伝わってきたと言われています。

インドでは昔から火葬が一般的な埋葬法であり、仏陀も火葬によって埋葬されたことから、日本では徳の高い人の埋葬法として受け入れられたようです。

 

明治時代までは火葬の普及率はそれほど高くありませんでした。

しかし戦後、日本が発展していく中で、少ない土地を有効活用することができ、かつ、衛生面の問題を解消できる方法として、火葬が急速に普及していったようです。

 

1-2死亡届から火葬許可証の発行まで


出典元:http://iquo.me/

 

火葬するためには、火葬許可証という書類が必要です。

死亡届を提出するとき、火葬許可申請書を一緒に窓口に提出します。

 

すると、この火葬許可申請書と引き換えるかたちで、火葬許可証が発行してもらえます。

一部の地域では、死亡届を提出すると火葬許可証が発行される場合もあるため、火葬許可申請書が必要のないところもあるようです。

 


出典元:http://iquo.me/

 

死亡届はA3用紙で、死亡診断書と一体になっています。

病院に死亡診断書を書いてもらい、死亡届の必要事項を記入して、市町村役所の戸籍を扱う窓口に提出します。

葬儀社によっては、これらの手続きを代行してくれるところがありますので、相談しながら行いましょう。

 

死亡届は亡くなってから7日以内に提出する必要があります。

死亡届は、故人の住所地の役所ではなく、死亡地か故人の本籍地、または届出人の本籍地の役所に提出します。

火葬する際には、火葬許可証を火葬場の管理事務所に提出します。

 

1-3死後24時間は火葬できない?

墓地・埋葬等に関する法律で、「死後24時間以内は火葬してはならない」と決められています。

これは、「蘇生する可能性がある」というのが大きな理由です。

 

以前は、死亡判断の技術が浅く、仮死状態の人を死亡と診断してしまうケースがありました。

ごく稀ではありますが、火葬中に蘇生するという事故が起こることがあったようです。

現代では、死亡判断の技術が向上しており、間違えることはなくなったものの、法律上は今も死後24時間以内に火葬することはできなくなっています。

 

許可を得ずに火葬してしまった場合は、法律違反になると同時に、死体遺棄・死体損壊罪に問われる可能性がありますので注意してください。

一般的には、通夜、葬儀・告別式を行えば24時間は経過してしまいますので、一般の人が意識することはほとんどないでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket