忌明けまでの7つの法要の詳細と忌明け前後にやるべきこと総チェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

忌明けに四十九日の法要をするということは、多くの人が知っています。

そして忌明けをもって喪中から通常の生活に戻ると理解しています。

しかし忌明けってそれだけなのでしょうか?

 

人が亡くなるとお通夜、火葬、葬儀、告別式、埋葬とあわただしく儀式をこなしていかねばなりません。

その後忌明けまでの間に忌日の法要があるといいますが、これはどういう法要なのでしょうか?

そもそも四十九日の法要とはどういう法要なのでしょうか?

わかっているようで、少し曖昧になりがちです。

 

そこで忌明けについて本来の意味から説明します。

次いで忌明けとなる四十九日の法要までを詳細に説明します。

 

さらに忌明けまでにやるべきこと、忌明けにやるべきこと、忌明け後にやるべきことの3つに分けて夫々詳しくチェックします。

最後に忌明けにまつわる3つの言い伝えの真偽を解き明かしますので、これは必見です!

 

— この記事の目次 —

1. 忌明けの本当の意味とは

2. 忌明けまでの6つの忌日法要とは何か?

3. 忌明けの法要を総まとめ

4. 忌明けまでに必要な位牌についての大切なこと3点

5. 忌明けに必要なこと3点をチェック!

6. 忌明け後には何をする?

7. 忌明けに関する3つの気になる項目をチェック!

8. まとめ

1. 忌明けの本当の意味とは

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

忌明けとは、何気なく使っていますが実際のところ言葉の意味について、曖昧なところがありませんか?

そこで、最初に忌明けについておさらいしておきましょう。

 

1-1.忌明けという言葉が生まれた背景とは

「忌明け」(きあけ)または(いみあけ)は、人が亡くなってから続いていた遺族が家につつしみこもる期間(忌服期間)が明けることです。

この忌服期間は仏教の場合は四十九日間になり「中陰」といいます。

 

仏教で、忌服期間が四十九日となった背景はハッキリとわかっています。

仏教発祥の地であるインドでは、輪廻の思想により人が亡くなってから四十九日目に、次に生まれ変わるのが六道のどの世界か決まると考えられていました。

それまでは遺族は故人が天道の世界に生まれ変わることを祈るのですが、その期間が明けるので忌明けという言葉になったのです。

ちなみに六道とは、天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道のことです。

 

1-2.忌明けは満中陰って、どういう意味なの?

人が亡くなってから四十九日目が「満中陰」(まんちゅういん)とも呼ばれ、忌明けの日とされています。

満中陰とは、文字通り中陰の四十九日間が満ちる、つまり臨終の日から四十九日間となったことを意味しています。

 

満中陰では満中陰法要とか忌明け法要とよぶ法要をとりおこない、それまでの忌服期間に一区切りをつける大切な日となります。

 

1-3.忌日の法要とはどういうものか

「忌日」(きび)の法要とは、「中陰の七仏事」ともいい四十九日まで七日毎に行う法要のことです。

 

中陰の期間中に閻魔大王を含む七人の王による審判があり故人の生前の罪が裁かれます。

罪が重いと地獄に落ちることになりますが、遺族が法要を行ってお経の声が審判をする王に届くと罪が赦されると考えられています。

そのために七日毎に法要をおこなうとされています。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket