キリスト教の法事とは?流れと服装・香典など5項目を詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3. キリスト教カトリックの法事の流れとは?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

ここではカトリックの法事として「追悼ミサ」と「死者の日(万霊節・オールソウルズデイ)」の2つの儀式について具体的な内容を説明します。

キリスト教徒の人口比からすると、日本人でも参列する可能性が最も高いキリスト教の儀式といえます。

 

3-1.「追悼ミサ」とは?

ミサとは、キリストの死と復活を記念した儀式の一種で、古くはラテン語で行われていたものです。

現代のカトリックで行われる「追悼ミサ」は、故人の昇天日に合わせて行う儀式です。

ちなみに昇天日とはキリスト教で使う言葉で、命日のことを指す言葉です。

 

特に1年目の命日にあたる追悼ミサは、故人の昇天日として「死者記念のミサ」ということもあります。

これは仏教でいう一周忌と同じタイミングになります。

 

3-2.追悼ミサは何時どこでやるの?

カトリックの追悼ミサは一般的に以下の期日に行われます。

故人の死後三日目、七日目、三十日目(現在では三度行われることは少なく三十日目の一回だけが多いです)

故人の死後一年目(死者記念のミサ)

 

一年目以降の追悼ミサについては特に決まりはありません。

遺族の意向や教会の考え方により毎年行う場合もあれば、十年目や二十年目の大きな節目に盛大に追悼ミサを行うこともあります。

 

カトリックの追悼ミサは教会で行われます。

遺族が教会に親族や故人の生前親交のあった友人・知人を招いて行われます。

 

3-3.追悼ミサとはどんな流れの儀式?

追悼ミサの儀式の内容として以下のような流れとなります。

なお、追悼ミサの司会進行は神父が行います。

聖歌の斉唱

祈祷

聖書の朗読

 

追悼ミサの儀式の後は、教会の別室か自宅や貸し切り会場などで、お茶会という形で思い出話をして故人を偲ぶのが一般的です。

お茶会ではサンドイッチなどの軽食を振舞うこともあり、追悼ミサの参列者への労いの意味も込められています。

 

一年目の追悼ミサ(死者記念のミサ)は、最も盛大におこなわれることが多く、招待する人数も多くなります。

 

3-4.「死者の日(万霊節・オールソウルズデイ)」は法事にあたる?

カトリックでは、毎年11月2日を万霊節(オールソウルズデイ)といい「死者の日」と定めています。

この日には教会で、全ての死者のための特別なミサが行われます。

 

死者の日がキリスト教の法事にあたるかどうかは微妙なところです。

仏教でのお彼岸のもつ意味合いに似ています。

 

死者の日には墓地の掃除をしたり花を捧げたりします。

こちらも、どことなく日本のお彼岸に似た風習であるのが不思議です。

 

ちなみに死者の日の前日は万聖節です。

万聖節とは諸聖人の祝日(All Saints’ Day)のことで、毎年11月1日を全ての聖人と殉教者を記念する日と定めています。

 

日本では毎年11月3日が文化の日で祝日のため、お墓参りを11月3日に行われることもあります。

カトリックでは、11月3日であっても問題はないとされているようです。

 

3-5.「聖母の被昇天」って何のこと?

直接法事とは言えませんが、カトリックの信徒にとって独特な日として「聖母の被昇天(せいぼのひしょうてん)」があります。

毎年8月15日で、この日は日本ではお盆の期間中であることからキリスト教徒もこの日にお墓参りをすることが多いです。

 

聖母の被昇天とは、聖書にはないカトリック教会の言葉です。

聖母マリアが人生の終わりに肉体と霊魂を伴って天国にあがったという出来事があった8月15日を記念するものです。

日本では8月15日は終戦記念日なので、聖母の被昇天がテレビや新聞などのメディアで取り沙汰されることはほとんどありません。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket