危篤とは?危篤時の対応と連絡方法・お見舞いマナー完全マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

身近な人の危篤の知らせは突然やってきます。

しかし、家族が危篤になったとき、事前の知識がなければ、気が動転してしまって、何をすればいいのかわからず慌ててしまうのではないでしょうか。

 

家族が危篤になったときに、まずやらなければならないことは何か?

また、親しい人の危篤の知らせを受けたときに、どう行動し、どのようなお見舞いの言葉をかけるのが適切か?

急な出来事だと困ってしまうものです。

 

この記事では、そもそも危篤とはどんな状態かを確認した上で、家族が危篤になった場合にするべきことや、危篤の知らせを受けたときのお見舞いマナーについても詳しくご説明します。

マナーを守ってやるべきことをきちんと把握しておけば、いざというときにも落ち着いて対応することができるようになります。

 

危篤の知らせは悲しいことですが、危篤状態にある人にとっても家族にとっても、大切な最期の時間になります。

最期のときを心を込めて見守ることができるよう、しっかりと知識を身に付けていただきたいと思います。

 

— この記事の目次 —

1.そもそも危篤とはどんな状態か?

2.家族が危篤になった場合に最初にするべきこと

3.家族が危篤になったときの連絡範囲と手段

4.注意すべき危篤の知らせ方3つのポイント

5.危篤の連絡を受けたときのお見舞いマナー4つ

6.これだけは気をつけよう!危篤の知らせを受けたときにかける言葉

7.危篤から臨終その後の流れ

8.まとめ

 

1.そもそも危篤とはどんな状態か?


出典元:http://www.osohshiki.jp/

 

ドラマなどで、医師から「ここ数日が山だと思います」と危篤を告げられる場面を目にしたことがあると思います。

しかし、そもそも危篤とはどのような状態のことをいうのでしょうか。

また、危篤と告げられてから実際に亡くなるまでには、どのくらいの時間が残されているものなのでしょうか。

まずは、危篤に関する基本的な知識を身につけていきましょう。

 

 1-1危篤とは「いつ亡くなってもおかしくない」状態

危篤とは、病状が悪化して、いよいよ危ないというときに使う言葉で、いつ亡くなってもおかしくない状態をいいます。

危篤になっても、その後病状が持ち直すこともありますが、基本的には意識が戻ることはなく、快復の見込みがない状態です。

 

1-2危篤の期間には、即日~数ヶ月の幅がある!

危篤になってから亡くなるまでの期間は、人それぞれによって違います。

一般的には、危篤と判断された場合、数時間以内に亡くなることが多いようです。

 

ただし、若い人などは危篤状態が長く続くこともあり、10日以上その状態を保つこともあります。

長い人では危篤が数ヶ月に及ぶケースもあります。

 

意識がなく、快復の見込みは薄いのですが、その人の生命力がどれほどもつのかは医師にもわかりません。

臨終に立ち会いたいという希望がある場合には、2~3日程度は泊まることのできる準備をして病院に駆けつけると良いでしょう。

 

1-3危篤が長引く場合は職場に報告を


出典元:https://kazoku-so.info/

 

身内が危篤になり、長引きそうな場合は、職場に連絡して仕事が滞らないように配慮しておくのがマナーです。

致し方ないこととはいえ、仕事が止まってしまうことは職場の人たちを心配させてしまいます。

 

まず直属の上司に相談をして、場合によっては他の担当者を立てておくなどの対応を取りましょう。

上司とは都度連絡を取って、情報共有をしておくようにします。

 

取引先に対しても事情を説明し、仕事の進行に支障が出ないように手筈を整えておきます。

代理の担当者にわからないことがあったときに、すぐに確認ができるように携帯電話番号を知らせておくと、混乱を防ぐことができます。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket