告別式の服装の基本やマナー、ちょっとした疑問を徹底解明します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2.告別式の服装、男性編

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

喪主やご遺族、親族は正喪服か準喪服を着用し、一般参列者は準喪服を着用しますが、最近は、喪主やご遺族、親族でも準喪服を着用することが多いようです。

ここでは、準喪服を着用することを前提にご説明いたします。

 

2.1夏でもジャケットとネクタイが必須って本当?

暑い夏に告別式がある場合、半袖でもいいのかな?と悩む人も多いようですが、夏であっても、ジャケットとネクタイは必須です。

ジャケットとネクタイも含めて、正式な服装になるので脱ぐことはできないのです。

ネクタイは必須ですが、ネクタイピンはマナー違反となりますのでつけてはいけません。

 

ワイシャツも長袖が基本ですが、ジャケットを脱がないので半袖でも問題ないと考える人も増えているようです。

また、最近は夏用の汗を吸収しやすい素材や薄い素材を使った喪服なども販売されていますので、季節によって使い分けると良いですね。

 

告別式の会場が、専門の葬儀場の場合は冷暖房が完備されていることがほとんどで、場合によっては寒すぎるほど冷房が効いていることもあります。

そのため、真夏であっても、葬儀・告別式の最中に汗だくになってしまうようなことはほとんどないでしょう。

 

告別式をご自宅や公民館など、冷暖房が効きづらい環境の場合でも、ジャケットを脱ぐようなことは避けます。

ご遺族や告別式の司会者から「暑いので上着を脱いでも良いです」という案内があれば脱いでも良いのですが、僧侶が読経している時や、お焼香の時、出棺の時にはジャケットを着るのが最低限のマナーとされています。

 

告別式の会場までの道中では、ジャケットを脱いでいても問題ありません。

会場に着く直前にジャケットを着用し、身だしなみを整えてください。

 

2.2白いワイシャツは、模様があっても問題ない?

無地の白いワイシャツが基本ですが、急な訃報でお通夜に駆け付ける場合は、無地でなくても問題ないとされています。

しかし、最近は訃報からお通夜まで数日経過することもあり、そのような場合は無地の白いワイシャツで参列するようにしましょう。

 

葬儀・告別式では、無地の白いワイシャツ以外はマナー違反となります。

遠目にはわからない薄い模様や、ジャケットを着ていれば見えない部分に模様がある場合も、葬儀・告別式で着用するのは避けましょう。

 

2.3男性はバッグを持って行ったらダメなの?

基本的に、男性はバッグを持たずに行きますが、バッグを持って行ったらダメなわけではありません。

数珠や御香典、財布や携帯電話などはジャケットの内ポケットなどに入れて行きましょう。

 

どうしても荷物が多く、バッグを持って行かなくてはならない場合は、光沢がなくシンプルなデザインで、金具が目立たない黒いバッグを選んでください。

また、殺生を連想させるものは告別式にはタブーとされていますので、革製品のバッグは避けましょう。

 

2.4ビジネススーツはなぜダメ?

喪服と、黒いビジネススーツは、見た目だけなら同じ黒です。

しかし、喪服の黒はビジネススーツよりもより黒く見え、光沢感のない生地で作られています。

 

試しに、喪服として販売されているブラックスーツと、普段会社に来ていくビジネススーツを並べて比べてみてください。

生地の違いや、黒さの違いに気づくのではないでしょうか?

 

ビジネススーツはあくまでも「ビジネス」の時に着用するものです。

告別式はビジネスではなく、故人と最後のお別れをする場ですので、ふさわしい装いを心がけましょう。

 

社会人になったら、きちんとした喪服を一式準備しておくといいですね。

一式ですので、袱紗や靴、ハンカチ、数珠などの小物も含めて考えておくと安心ですよ。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket