Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/smaho/osoushiki-blog.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/smaho/osoushiki-blog.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 285

告別式の作法基本マニュアル!参列の基準やお香典・服装・挨拶は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4.告別式の作法にかなう服装とは?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

告別式に参列するときには、失礼のない服装を心がけなければなりませんね。

この章では告別式の際の服装や持ち物、身だしなみについてお伝えいたします。

 

4.1 男性は仕事の服装でよい?

男性は仕事でもスーツを着用していますが、告別式では仕事のときのダークスーツではなくブラックスーツ(喪服)となります。

シングルでもダブルでも大丈夫です。

ワイシャツは白無地のブロード素材のもので、レギュラーまたはワイドカラー、シングルまたはダブルカフス(カフスボタンは黒で留め金は銀)とします。

 

ネクタイは黒無地で締めたときにディンプル(結び目の下のくぼみ)は作らないようにし、ネクタイピンはつけません。

靴下・ベルトも黒無地を選び、時計は派手な色や形は避けましょう。

靴も黒で、ストレートチップの内羽根のものか、プレーントゥのものを選びます。

 

<ストレートチップで内羽根の靴>

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

全体として黒の無地が基本で、エナメルやクロコの型押しなど光る素材や特殊な素材は避けてください。

 

4.2 女性の喪服やそれに合う小物は?

女性の喪服は黒のワンピースやアンサンブル、フォーマルスーツが基本です。

肌の露出が少ないデザインを選び、胸元は大きく開かないものを、スカートの丈は正座したときに膝が隠れる長さのあるものを選びましょう。

パンツスーツは若干カジュアルなイメージがあるため避けた方が無難ですが、高齢者の方や足の悪い方などであれば着用しても問題ありません。

靴は黒のプレーンなパンプスで、ヒールは3~5cmくらい、ストッキングは黒の透明なものとします。

 

バッグは黒の布製のものが正式で、フォーマル売り場でよく見るような小ぶりなハンドバッグが良いでしょう。

派手なデザインや金具が目立つものは避けます。

革または合成皮革でも構いません。

 

持ち物が入りきらない場合は、黒のナイロンなどのトートバッグ(B5~A4サイズ)を持ちましょう。

靴・バッグともに、光る素材や特殊な素材は避けましょう。

 

アクセサリーは真珠の一重のネックレスや結婚指輪はつけて良いとされています。

メイクは控えめにし、ネイルは落とすか、ベージュなどの地味な色を上から塗ります。

髪型は、まとめられる長さがあれば耳の下の位置で後ろで1つにまとめ、短い場合はお辞儀をしたときに髪が落ちてこないように黒いピンで留めてください。

ヘアアクセサリーも装飾性の低いものを選びますが、ゴムのみというのは失礼ですので避けましょう。

 

4.3 防寒具は身に着けてよい?半袖はダメ?

冬の寒い時期は、コートを身に着けてよいですが、屋内では脱いでください。

色は黒や濃紺、ダークグレー、ベージュなどで、形は男性ならチェスターコート、女性ならオーバーコートやステンカラーコート、ノーカラーコートなどが良いでしょう。

 

ファーは取りはずしておくのが無難です。

会場内では脱いでしまいますので、トレンチコートやダッフルコート、ダウンコートなどでも特に問題ないとされています。

タイツやブーツは基本は履きませんが、寒冷地などでは履くのが一般的な場合もあります。

 

また、夏の暑い時期でも五分袖~長袖を着用するのがマナーとなっています。

男性ならジャケットは基本脱ぎませんので、ワイシャツは五分袖より短めでも構いません。

女性も喪服として販売されているフォーマルなものは、袖の長さは五分袖~長袖が一般的です。

男性のスーツは夏用のものが販売されています。

 

4.4 数珠の選び方や持ち方は?

数珠は告別式ではほとんどの方が持っていますので、持って行くことをお勧めします。

数珠には108珠ある本式と、短い略式があり、特に信心深い方でなければ略式数珠を選ぶと良いでしょう。

本式は宗派ごとに違いますので、専門店で購入するのがよいですね。

 

数珠の選び方としては、まず男性用・女性用がありますので、どちらかを選びます(兼用が販売されているところもあります)。

あとは価格や色、デザインで決めますが、使える色が決められている地域もありますので確認してみてください。

 

略式数珠の合掌するときの持ち方は片手に通すやり方と、両手に通すやり方がありますが、どちらでもOKです。

 

<左手に通して合掌する>

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

<合掌して両手にかける>

出典元:https://www.ac-illust.com/

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket