告別式の作法基本マニュアル!参列の基準やお香典・服装・挨拶は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6.お焼香の正しい作法とは?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

告別式では、参列者が一人ずつお焼香を行うのが一般的です。

お焼香は特に難しくはありませんが、親族などの前でやるので、ちょっと緊張するものですよね。

気持ちを少し楽にするためにも、事前にやり方をチェックしておきましょう。

 

6.1 基本のお焼香のやり方は?

最初に基本のお焼香のやり方をご説明いたします。

①数珠は式の最中からあらかじめ左手にかけておきます。

②自分の順番になったら(席順でだいたい分かります)、祭壇に向かいます。

③ご遺族に一礼し、焼香台に着いたら祭壇に向かって合掌または一礼します。

④右手の親指、人差し指、中指で焼香をつまみ、額に近づけます(「押しいただく」という動作)。

⑤炭に焼香をくべます。

⑥祭壇に向かって合掌・一礼します。

⑦遺族に一礼してから自分の席に戻り、着席します。

 

6.2 会場の違いによるお焼香のスタイルは?

お焼香のやり方は会場によって、「立礼焼香」「座礼焼香」「回し焼香」に分かれます。

立礼焼香は6.1でご説明したやり方で、葬祭場ではこの形式が一番多いです。

 

座礼焼香は寺院など畳敷きの会場で、正座をしている場合に行われます。

基本は立礼焼香と同じですが、立ち上がらずに膝でにじる動きで移動します。

親指を立てて身体を支え、他の指は握りこんでください。

祭壇が遠いときや、ひざの調子の悪い方などは中腰で移動しても大丈夫です。

 

もう一つ立礼と違うのは焼香台の前に座布団があることです。

ご遺族や祭壇に一礼してから座布団に乗り、お焼香が終わったら一旦座布団から下り、祭壇とご遺族に一礼して戻りましょう。

 

回し焼香は会場が狭いときに、香炉を順番に回していく形式です。

自分のところに香炉が回ってきたら会釈して両手で受け取り、自分の前に置きます。

祭壇に向かって合掌し、お焼香が終わったらもう一度合掌して、両手で次の方に香炉を回してください。

 

6.3 お焼香のやり方は宗派で変わる?

お焼香のやり方は宗派によって違いますが、自分の宗派のやり方で大丈夫です。

宗派が分からない場合は基本のやり方で構いません。

 

お焼香の回数は1~3回ですが、参列者が多い場合などは1回でもよいとされています。

また、おしいただく動作をする宗派としない宗派があります。

 

真言宗 3回、おしいただく

天台宗 回数・動作共に特に決まりはないものの、1回または3回行うことが多い

臨済宗 1回、おしいただくかどうかは自由

曹洞宗 2回、1回目のみおしいただく

日蓮宗 1回、おしいただく ※導師は3回

日蓮正宗 1回または3回、おしいただく

浄土真宗本願寺派 1回、おしいただかない

浄土真宗大谷派 2回、おしいただかない

浄土宗 1回または3回、おしいただく

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket