告別式に参列する時のマナーは大丈夫?参列する前に確認しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3.告別式の基本的な流れとマナー~焼香~

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

焼香とは、仏様や故人に向けて香を焚いて拝むことです。

 

告別式では、細かくした香を香炉に落として焚き、心身の穢れを取り除いて正常な心でお参りをするための作法です。

一般的に、左手に数珠をかけ。右手で焼香をします。

 

僧侶が焼香を済ませた後、僧侶か司会者の指示で、喪主から順番に焼香をします。

焼香の最中は僧侶が読経を行います。

 

喪主の次にご遺族、近親者、一般参列者と続きます。

このとき、司会者や葬儀場スタッフなどが焼香の順番や並ぶ列を指示してくれる場合がほとんどなので、指示に従いましょう。

 

3.1焼香には3つのタイプがある

焼香には「立礼焼香」「座礼焼香」「廻し(回し)焼香」の3つのタイプがあります。

ひとつずつご紹介します。

「立礼焼香」

主に、椅子席の会場で用いられる形式で、立って行います。

手順は次の通りです。

 

・焼香台の2、3歩手前で立ち止まり、まず僧侶に一礼します。

・次にご遺族に一礼します。

・焼香台の前に進み、遺影に合掌して一礼します。

・焼香をし、合掌します。

・遺影に一礼します。

・遺影の方を向いたまま2、3歩下がり、ご遺族に一礼します。

・元の席に着席するか、葬儀場スタッフの指示に従って退場します。

 

「座礼焼香」

主に、畳敷きの会場で用いられる形式で、座って行います。

手順は次の通りです。

 

・自分の次の人に会釈をし、祭壇近くへ中腰で進みます。

・正座をしてご遺族と僧侶に両手をついて一礼します。

・焼香台の前に座布団がありますので、座布団の前で両手を使って膝立ちし、にじり寄って正座します。

・遺影に合掌し、一礼します。

・ポケットなどにしまっていた数珠を取り出し、左手にかけます。

・焼香をし、合掌します。

・遺影に一礼します。

・数珠をポケットなどにしまいます。

・両手を使って膝立ちし、遺影の方を向いたまま後ろ(または横)に下がります。

・ご遺族と僧侶に両手をついて一礼します。

・中腰のまま、自分の席に戻ります。

 

「廻し(回し)焼香」

主に、会場が狭い場合に用いられる形式で、座ったまま焼香炉を順番に隣へ回しながら行います。

焼香炉はお盆などに乗せて回ってきます。

手順は次の通りです。

 

・隣の人から焼香炉が回ってきたら軽く会釈して受け取ります。

・自分の膝の前に置き、遺影に一礼します。(椅子席の場合は膝の上に置きます)

・焼香をし、合掌します。

・遺影に一礼します。

・お盆を両手で持って隣の人に回します。

 

3.2宗派によって焼香の仕方が違う?

焼香の基本的な仕方は次の通りです。

 

・左手に数珠を持ち、右手の親指と人差し指、中指の三本を使います。

・右手で抹香(香木を砕いた細かい木片)を少量つまみます。

・手のひらが上になるように手を返し、おしいただきます。

(おしいただくとは、額の高さまで持ち上げることです)

・右手を焼香炉の少し上に移動し、指をこすりながら落とします。

・おしいただくかどうか、焼香を何度行うかが、宗派によって異なります。

 

宗派ごとの回数は次の通りです。

 

天台宗・・・特に決まりはありません。

浄土宗・・・特に決まりはありません。

真言宗・・・3回。3回ともおしいただきます。

臨済宗・・・おしいただかずに1回。

曹洞宗・・・2回。1回目はおしいただき、2回目はおしいただかない。

日蓮宗・・・おしいただかずに1回または3回。

浄土真宗本願寺派・・・おしいただかずに1回。

浄土真宗大谷派・・・おしいただかずに2回。

 

宗派ごとに回数が異なりますが、回数はそれほど重要視されていません。

 

相手の宗派が分からない場合は、自分が信仰している宗派の回数でも問題ありませんし、自分が信仰する宗教が無い場合は1回でも構いませんし、前の人のまねをしても大丈夫です。

 

参列者が多くて焼香に時間がかかりそうな場合や、時間調整が必要な場合などは、僧侶や司会者から回数の指示がありますので、その時は指示に従います。

 

3.3神式、キリスト教式にも焼香ってあるの?

焼香は、仏式の告別式で行われるもので、神式やキリスト教式では行いません。

神式では「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」、キリスト教式では「献花」が行われますので、それぞれご紹介します。

 

「玉串奉奠」

玉串とは、榊の枝葉のことで、結婚式や厄払いなどの神事でも用いられます。

玉串がない場合は、神前で二礼二拍手一礼します。

 

玉串がある場合の玉串奉奠の手順は次の通りです。

玉串がない場合も、ある場合も、二拍手の際は音をたてないように手をあわせるようにします。

 

・神官に一礼します。

・神官または係員から玉串を受け取ります。この時、右手で玉串の根元を軽くつまみ、左手で葉を支えるように持ちます。

・神官とご遺族に一礼します。

・玉串を胸の高さに持ちながら玉串を捧げる台の前に進み、2、3歩手前で一礼します。

・肘を張るように腕を胸の高さまで上げ、両手で玉串を顔の前に掲げます。

・なおって、玉串を捧げる台の前まで進みます。

・玉串の葉先が祭壇を向き、根本が自分に向くように持ちます。

・左手を玉串に沿わせながら根元に持ち替えます。

・右手を玉串に沿わせながら葉先に持ち替えます。

・玉串を右回りに半回転させ、根本が祭壇に向くようにします。

・玉串を捧げる台に両手で静かに置きます。

・正面を向いたまま一歩下がり、二礼二拍手一礼します。

・神官とご遺族に一礼し、自分の席に戻ります。

 

「献花」

香や玉串の代わりに、祭壇に白い菊やカーネーションを捧げます。

献花の手順は次の通りです。

 

・祭壇へ進み、花が右手、根本が左手にくるように、係員から花を受け取ります。(このとき、右手は手のひらが上向きで花を支えるように、左手は手のひらが下向きで茎を持つように受け取ります)

・神父または牧師に一礼し、ご遺族に一礼します。

・祭壇に一礼します。

・花を右回りに半回転させ、根本が祭壇に向くようにします。

・左手の甲が下に向くよう持ち替え、右手で茎を支えるようにして献花台に置きます。

・祭壇に一礼します。

・神父または牧師とご遺族に一礼し、自分の席に戻ります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket