告別式の受付を頼まれたら?心構えや服装、受け答えなど徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6.告別式の受付を依頼されたときの相応しい服装とは?


出典元:http://da-inn.com/otsuya-kokubetsushiki-53629/

 

告別式の受付は、参列者を最初に出迎える場所です。

遺族の一員としてお迎えするためにも、どんな服装にしておけばいいのでしょうか。

受付係としての相応しい服装のマナーについて知っておきましょう。

 

6-1受付係としての服装の鉄則はコレ!

告別式には、子供からお年寄りまで幅広い年齢層の人が参列します。

幅広い考えを持つ人が参加することを考えると、受付係の服装は、「喪主や遺族より目立たないこと」「派手にならないこと」「清潔であること」そして、「どの参列者にも不快感を与えないこと」が大切です。

 

告別式ですので、喪服を着用します。

受付係はできるだけ控え目な身なりをするのが好ましく、シンプルで小さなパールのネックレスやイヤリングであればOKですが、それ以外のアクセサリーを着ける必要はありません。

髪型も金髪や派手な茶髪などのスタイルは避け、女性はお辞儀をしたときに髪が邪魔にならないように髪留めやゴムなどを使って、お団子にするなど、ひとつにまとめておくと清潔感が出ます。

 

お化粧も控えめにし、慎み深い印象を作りましょう。

もし自分の身なりが大丈夫なのか心配になったときには、一段目立たない様に整え直した方が安心です。

 

また、受付係は香典を受け取ったり、返礼品を手渡したりと、手元を見られる機会が多いです。

派手なマニキュアは避けた方がよいですし、爪が伸びすぎていたり、汚れや手荒れ、ささくれがあったりすることは案外目立つものです。

爪を綺麗に整えた上で保湿クリームを塗り、手元に清潔感が出るように気をつけましょう。

 

6-2男性の場合


出典元:http://da-inn.com/otsuya-kokubetsushiki-53629/

 

ブラックスーツに白ワイシャツ、ネクタイや靴下などの小物は黒とします。

靴は黒で、エナメル素材のものや金具などの光る飾りの付いたものは不可です。

「ストレートチップ」「プレーントゥ」といった種類の靴が好ましいと言われています。

 

ネクタイピンはつける必要はありません。

カフスボタンも、受付係の場合はないほうが無難です。

どうしてもつける場合は、黒か白の色のもので、派手にならないように気をつけましょう。

 

6-3女性の場合

ワンピースやアンサンブル、パンツスーツなどのブラックフォーマルが基本です。

胸元が大きく開いたデザインや、ノースリーブなど肌の露出が多いものは避けます。

 

ストッキング・靴・バッグは黒とし、その他の小物類も基本的には黒にするようにしましょう。

喪中の殺生は禁物という仏教の教えがあるため、ワニ革やヘビ革などの素材は避けます。

また、黒であっても網タイツや、厚手のタイツなどはカジュアルになるためNGです。

 

靴やバッグはエナメル素材のものや光る飾りの付いたものは不可です。

バッグについては黒の布製のものが推奨されていますが、現代ではシンプルなデザインであれば、光沢のない革製や合皮のバッグでも構いません。

受付ではずっと立ちっぱなしになることが多いので、長時間立っていても足が痛くならないヒールの低めの靴が好ましいです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket