お香典とは?意味や金額相場、書き方や渡し方など詳しく解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お香典とは、お葬式の時に故人の霊前に供える金品のことです。

そこには故人だけでなく、大事な方を失ったご遺族への思いも込められています。

 

そのような重要な役割を持つため、お香典を包むときには、気持ちを表すためや不幸を避けるためのルールがあります。

この記事では、お香典とはどういった意味や由来を持つものなのかを詳しく紐解き、それを踏まえて、相場や書き方・包み方、渡し方や送り方などのマナーについてお伝えしていこうと思います。

 

— この記事の目次 —

1.お香典の意味や由来は?

2.お香典はいくら包めばよい?

3.お香典袋を選ぶときのルールとは?

4.香典袋の名前や裏面、中袋の書き方は?

5.お香典の筆記具やお札、包み方のマナーとは?

6.お香典の渡し方や郵送の仕方は?

7.その他のお香典に関するマナーは?

8.まとめ

1.お香典の意味や由来は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

お葬式のときにお香典を包むのは知っていても、お香典の本来の意味や由来をご存知の方は少ないかもしれませんね。

はじめに、お香典がどういった意味を持ち、どのような由来があるのかを見てみましょう。

 

1.1 「香典」の本来の意味は?

「香典」の「香」の字は、お香(お線香)のことで、「典」は霊前のお供え物のことです。

お香(香木)を霊前に供えるというのが本来のお香典の意味なのです。

 

お香は古来よりお葬式の際に使用されていました。

お香は、遺体の腐敗の臭いや虫を防ぐほか、場を清浄にする役割があるとされるためです。

 

また、仏教的には良い香りは死者のための食物であり、またお香の煙のように仏教の教えが広まるさまをあらわし、供養の気持ちを故人に伝えるという意味合いを持つと言われています。

 

1.2 お香典の由来って?

お香典は仏陀の葬儀の際に、弟子達が香木を持ち寄ったことが起源とされています。

古代インドでは香木を積み重ね火葬にし、供養していました。

 

日本では奈良時代に仏教や香木が伝わっていますが、お香典のはじまりとしてはお墓に樒(しきみ)を供えたことからではないかと言われています。

樒とは、仏前や墓前に供える植物で、お香のような良い香りをもち、天竺に咲く花の代用として使われていました。

近年でも故人の近くに置く一本花として使われます。

関西ではお葬式の際に門前に飾られることもあります。

 

また、室町時代には武士がお香典を出したとの記録が残っていますが、香木やお香を送ったわけではなく金銭で送ったようです。

 

1.3 お香典は昔は食料が多かった?

武士などの身分ではお香典として金銭を包んでいたようですが、農村部ではお米などの食料を持ち寄っていました。

現代でも通夜ぶるまいや精進落としなど、お葬式で会食が行われますが、お香典は、そのときの飲食分を参列者が提供することでもありました。

こうした会食には、故人の生前の罪を軽くするお布施としての意味合いがあったのです。

故人と近い関係の参列者が米や麦などを一俵、それに加えて酒樽を送ったりする習慣もありました。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket